【弁護士におすすめ!】法律英語を学べるオンライン英会話3選!

弁護士がオンライン英会話で英語を学ぶ3つのメリット!

弁護士

オンライン英会話って基本的に日常会話を学ぶ場所ですよね?

そうだけど弁護士や検察官が法律英語を学習することもできるよ。

近年では日常英会話ではなく、ビジネス英語を学ぶ目的でオンライン英会話を利用する方が増えました。

法律関係の職種の弁護士にも、オンライン英会話スクールの利用がおすすめ!

オンライン英会話で英語を学習することにより、上記の3つのメリットがありますよ。

なぜ弁護士はオンライン英会話で英語を勉強した方が良いのか、詳しい理由について見ていきましょう。

 

英語ができる顧問弁護士は英文契約書を作成できる!

弁護士の人って英語ができた方が良いのですか?

英語のスキルを持つ顧問弁護士は英文契約書を作成できるのがメリットだね。

弁護士が英文契約書を作成する4つのメリット!
  • 国際売買取引が行えるのでビジネスの幅が大きく広がる
  • 国際法務に関する実績と感覚を契約書に反映させられる
  • 法的なアドバイスをしてトラブルの解決ができる
  • 相談者が英語しか話せない外国人でも迅速に取引できる

英語ができる顧問弁護士が英文契約書を作成するに当たり、上記の4つのメリットがあります。

日本人同士のトラブルが引き起こされた場合は、話し合いで和解を目指すのが一般的です。

一方で国際取引は国によって文化や法制度が違うため、契約書の内容が欠かせません。

もしオンライン英会話を利用して英語力を高めていれば、英文契約書を作成できる弁護士になって仕事の幅が広がります。

他の弁護士との差別化にも繋がりますので、オンライン英会話で少しずつスキルアップを目指すのは選択肢の一つですね。

 

より多くの顧客やクライアントを確保して年収をアップできる!

クライアント

英文契約書を作成できる弁護士は、当然のように多くの顧客やクライアントを確保できます。

そうすれば仕事の量が増えますので、オンライン英会話で英語力を高めると年収がアップしやすいのが大きなメリット!

また、オンライン英会話で英語が話せる弁護士になれば、外資系法律事務所への就職や転職の道も目指せます。

※転職希望者におすすめのオンライン英会話はこちら!

転職希望者におすすめのオンライン英会話3選!
オンライン英会話の中には、転職希望者に向いているスクールがあります。英語力を上げて自分のアピールポイントが増えれば、転職活動を有利に進められるわけです。どのオンライン英会話が転職希望者に向いているのかいくつか見ていきましょう。

以下では、外資系法律事務所と日系5大法律事務所の年収の違いについてまとめてみました。

勤務年数 外資系法律事務所 日系5大法律事務所
1年目 1,100万円~1,500万円 1,000万円~1,200万円
3年目 1,200万円~1,700万円 1,300万円~1,500万円
5年目 1,500万円~2,000万円 1,500万円~2,000万円

弁護士は元々の年収がたかい職業ですが、今まで以上に稼ぎたいのであれば英語スキルを磨くべきです。

 

自分の空いた時間を見つけて英語の学習ができる!

僕には関係のない話ですが、弁護士の人は英語の学習時間を確保するのが難しそうですね。

確かに通学型の英会話教室に通う時間はないかも。だけどオンライン英会話なら好きなタイミングでレッスンを受けられるよ。

日々の仕事で忙しい弁護士にオンライン英会話が向いているのは、自分の空いた時間を見つけて好きなタイミングでレッスンを受講できるからです。

現在では早朝から深夜まで、24時間に渡ってレッスンを受けられるオンライン英会話スクールが増えています。

1レッスンの時間は25分間がメインですので、スキマ時間に英語を勉強するのは難しくありません。

通学型の英会話教室に通うよりも、オンライン英会話を使った英語学習の方が遥かにハードルが低いですよ。

※オンライン英会話と通学型の英会話教室の比較についてはこちら!

オンライン英会話と通学型の英会話教室を6つの項目で徹底比較!
このページでは、オンライン英会話と通学型の英会話教室を比較しています。どちらも講師から英語を教わることができますが、メリットとデメリットに大きな違いがあります。どちらを受講して英語を学習するのが良いのか迷っている方は、是非一度参考にしてみてください。

毎日英語の学習ができない人向けのオンライン英会話もありますので、自分に向いているスクールに入会して法律英語を学びましょう。

 

【弁護士におすすめ!】法律英語を学べるオンライン英会話スクール3選!

スクール名 mytutor
mytutor(マイチューター)
English Live
English Live
vipabc
vipabc
料金体系 月額制 月額制 月額制・回数制
月額料金 5,980円~ 8,100円~ 14,250円~
特徴 一流のトレーナーと法律英語を担任制で学べる マンツーマンとグループの2種類のレッスンを組み合わせる 20分野別の教材を使って専門的な英語を学習できる
講師の質 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆
教材の質 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆
総合評価 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆

上記の3つのオンライン英会話では法律英語を学べますので、弁護士や検察官におすすめのスクール!

自分の職業に合わせた英語を学び、普段の仕事に役立てることができます。

日常英会話と法律英語は出てくる単語やフレーズが大きく異なりますので、どのオンライン英会話で学べるのかチェックしておいてください。

 

mytutor(マイチューター)

マイチューター

法律英語の学習で一番におすすめのオンライン英会話はどこですか?

ビジネス英語や資格試験対策に特化しているmytutor(マイチューター)だね。

オンライン英会話のmytutor(マイチューター)は、専門職の即戦力を養うためにビジネス英語や資格試験対策に特化しています。

職業別プログラムが用意されたオンライン英会話ですので、法律や法務の英語を学びたい弁護士にmytutor(マイチューター)はピッタリ!

以下では、mytutor(マイチューター)で用意されているカリキュラムの「Legal Professionals(法律専門家)」の特徴についてまとめてみました。

Legal Professionals(法律専門家)の特徴
受講対象者 「弁護士」「司法書士」「法律コンサルタント」
担当インストラクター 「Amy(エイミー)先生」「Pam(パム)先生」「Jelly(ジェリー)先生」
学ぶ内容 英語を使って法律についてコミュニケーションを円滑に行う
ユニット 「Setting up a business」「Protecting intellectual property」「Mergers and acquisitions」「Risk management and insolvency」

ビジネス環境の中で法律に関する専門家が自信を持って活動できるように、Legal Professionals(法律専門家)のカリキュラムは設計されています。

ビジネス経験豊富なインストラクターと学べるのもmytutor(マイチューター)の魅力ですので、法律英語を学べるオンライン英会話をお探しの方は一度入会してみてください。

 

参考 mytutor(マイチューター)の公式サイトはこちら

 

【口コミや評判はどう?】mytutor(マイチューター)のメリット・デメリットを全解説!
mytutor(マイチューター)は、資格試験の対策レッスンに力を入れているのが大きなメリットです。TOEICやTOEFLのスコアを上げたい人に向いているオンライン英会話だと言って良いでしょう。ここでは、mytutor(マイチューター)の口コミや評判の情報を紹介していますので、どんなスクールなのか参考にしてみてください。

 

English Live(イングリッシュライブ)

イングリッシュライブ

English Live(イングリッシュライブ)はマンツーマンレッスンだけではなく、グループレッスンも合わせて実施されている珍しいオンライン英会話です。

他のスクールとは違い、English Live(イングリッシュライブ)は法律英語を学べる専門のカリキュラムやコースが用意されていますよ。

日常英会話とは異なる英単語やフレーズを学習していきますので、英語力を高めたい弁護士や法律コンサルタントにおすすめです。

English Live(イングリッシュライブ)の法律業界のコースを修了すると、次の高度なスキルや専門英語をマスターできます。

  • 事例報告書を書く
  • 雇用契約に修正を加える
  • 法律業界における国際的なビジネスやキャリアについて検討する

インタラクティブなテキストで法律英語の知識を習得できますので、まずはEnglish Live(イングリッシュライブ)で1週間の無料体験を受けてみましょう。

 

参考 EnglishLive(イングリッシュライブ)の公式サイトはこちら

 

EnglishLive(イングリッシュライブ)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
EnglishLive(イングリッシュライブ)は、ネイティブ講師と受講できるオンライン英会話です。世界中の講師と一緒に、プライベートレッスンやグループレッスンを受けられます。入会しようか迷っている方はEnglishLive(イングリッシュライブ)の口コミや評判の情報をチェックしておきましょう。

 

オンライン英会話vipabc

vipabc

オンライン英会話vipabcって聞いたことがありませんが、有名なスクールなんですか?

20分野別教材の採用やレベルアップ保証など、他のオンライン英会話とは違った取り組みをしているよ。

法律や政治と深く関連する英語を学びたい方は、オンライン英会話vipabcに入会してみましょう。

オンライン英会話vipabcはアメリカのシリコンバレー発のスクールで、高品質な講師やカリキュラムで英語力を高められます。

オンライン英会話vipabcで用意されている20分野別教材の中には「政治・法律」のコースがありますので、お仕事でこの分野と関係する方にとって貴重な授業を受けられるわけです。

ここでは、他のスクールにはないオンライン英会話vipabcの魅力をいくつか挙げていきます。

クオリティの高さではトップクラスのオンライン英会話ですので、vipabcで法律英語の学習をスタートしてみてください。

 

参考 vipabcの公式サイトはこちら

 

vipabcの強みやメリット!口コミの評判はどう?
vipabcは一般的なフィリピン系スクールとは違う高品質なオンライン英会話です。資格を持つプロの講師を採用したり、独自のマッチングシステムを取り入れたりと差別化を図っています。ここではvipabcの口コミや評判を紹介していますので、入会前の参考にしてみてください。

 

法律英語で登場するボキャブラリーやフレーズ

法律英語

やっぱり法律英語って日常英会話よりも難しいですか?

慣れない単語やフレーズが出てくるから難易度は高いね。

これからオンライン英会話で法律英語を学ぶ弁護士のために、日常英会話とは違うボキャブラリーやフレーズをいくつか紹介していきます。

日本語 英語
被告人 accused man/woman
政府はABC会社に対して裁判を起こしました。 The government filed a lawsuit against ABC corporation.
私は無罪を主張します。 I plead not guilty.
会社は裁判を示談にしました。 The company settled the lawsuit.
弁護士は法廷ではcounselと呼ばれることがあります。 An attorney can be addressed as a counsel in court.
彼は着服の嫌疑をかけられました。 He was charged with embezzlement.
彼は選挙違反で起訴されたが、まんまと逃げおおせた。 He was prosecuted for election fraud but got away with it.

オンライン英会話でリスニングやスピーキングを交えたレッスンを長期間に渡って受けていれば、少しずつ頭に入ってくるでしょう。

 

まとめ

以上のように、弁護士におすすめの法律英語を学べるオンライン英会話についてまとめました。

ビジネスで使えるレベルの法律英語をマスターすれば、英文契約書を作成できたり顧客を獲得できたりと良いことばかりですよ。

オンライン英会話は自分の好きなタイミングでレッスンを受けられますので、mytutor(マイチューター)やEnglish Live(イングリッシュライブ)を利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました