オンライン英会話.COM

【2018年版】オンライン英会話の比較・ランキング

オンライン英会話の選び方

外資系の企業に勤めている人におすすめのオンライン英会話3選

外資系企業では高い英語力が必要なの?

外資系企業では高い英語力が必要なの?

外資系企業に就職したり転職したりするに当たり、高い英語力が必要なのかどうか疑問を抱えている方は少なくありません。

「絶対に英語力が必要」というわけではなく、次のように企業によって違いがありますね。

  • 日本法人の多くは社内でのコミュニケーションは日本語となる
  • 各国にある支店や事業部とやり取りする場合は英語が必要となる

つまり、海外の支店や子会社で働く人とコミュニケーションを図るには、それなりの英語力が必須です。

入社してからではなく、採用の段階で求職者に対して英語力を求める外資系企業も当然のように多いので注意しないといけません。

もちろん、就職や転職で重視される項目も、以下のように会社で違いがあります。

  • TOEIC○○○点以上とある程度の英語レベルを求職者に求めている
  • 英語力ではなく個々の能力やキャリアを重視している

どちらにしても日常会話レベルの英語力は外資系企業で求められますので、入社する前も入社してからも自身の英語スキルを高める努力を始めた方が良いでしょう。

 

外資系の企業に勤めている人におすすめのオンライン英会話スクール3選!

このページでは、外資系の企業に勤めている人や外資系企業に転職したい方におすすめのオンライン英会話スクールを3つ紹介しています。

外資系の企業では、「メール」「資料作成」「電話会議」といったシチュエーションで英語を使いますので、その学習が可能なオンライン英会話に入会するのがポイントですよ。

スクールの選び方が間違っていると満足のいく効果が得られないため、どのオンライン英会話に入会すれば良いのか参考にしてみてください。

 

ベストティーチャー(Best Teacher)

ベストティーチャー(Best Teacher)

外資系企業に転職する予定の方や既に働いているビジネスマンには、数多くのオンライン英会話の中でもベストティーチャー(Best Teacher)がおすすめです。

ベストティーチャー(Best Teacher)はビジネス英語の学習に特化したスクールで、20代から30代の社会人を中心に入会する方が増えていますね。

ビジネス英会話は日常英会話と比べて使用する単語やフレーズが限定されるため、専用のカリキュラムやコースが用意されているのかどうかが最も重要だと言えるでしょう。

ビジネス英語に特化している以外にも、以下ではベストティーチャー(Best Teacher)が外資系企業を目指す人にピッタリの理由をまとめてみました。

  • ビジネスシーンで欠かせない必須のライティング添削コースがレッスンの料金の中に入っている
  • 多国籍の講師陣を揃えていて多種多様な英語と触れ合うことができる
  • 「初級」「中級」「上級」と個人のレベルに合わせたカリキュラムを選択できる
  • 英文の添削指導で効率良くライティング力を磨くことができる

ビジネスマンの英語力を養うトレーニングが実施されているのが魅力的です。

ベストティーチャー(Best Teacher)ではどんな流れでレッスンが進むのか無料体験で確認できますので、外資系企業に勤めている方は一度試してみてください。

 

参考 ベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトはこちら

 

ベストティーチャー(Best Teacher)の評判

 

Bizmates(ビズメイツ)

Bizmates(ビズメイツ)

Bizmates(ビズメイツ)は、ビジネス特化型の珍しいオンライン英会話です。

オンライン英会話に対して、「初心者が英語の学習をスタートする目的で利用する」「日常英会話を中心に学んでいく」というイメージを持っている方はいませんか?

しかし、Bizmates(ビズメイツ)はある程度知識を持った中級者~上級者の方が更なるレベルアップでビジネス英語を学ぶ目的のスクールとして向いていますよ。

ここでは、Bizmates(ビズメイツ)が外資系企業に勤めているビジネスマンに向いている理由を幾つか挙げてみました。

  • 厳しい面接に合格したビジネス経験者のみを講師(トレーナー)として採用している
  • 個人の目的に合わせて、「Bizmates Program」「Other Programs」「Assist Lesson」と3つのレッスンプランから自由に選択できる
  • 1レッスン当たり290円~と特化型のスクールの中でも続けやすい料金設定となっている
  • オンラインレッスンと自己学習を組み合わせてレベルアップを図るBizmatesラーニング・メソッドが採用されている

ある程度の英語知識を持っていても、仕事で英語が使えるようになるまでには長い時間がかかります。

Bizmates(ビズメイツ)であれば長期間に渡って受講していても金銭的な負担は一切ないので、毎日の生活の中に取り入れてみましょう。

 

参考 Bizmates(ビズメイツ)の公式サイトはこちら

 

Bizmates(ビズメイツ)の評判

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)

NativeCamp(ネイティブキャンプ)

NativeCamp(ネイティブキャンプ)が外資系企業に勤めている人やこれから外資系企業を目指す人に向いているのは、TOEIC対策のコースやカリキュラムが取り入れられているからです。

英語を使った会議で外国人と打ち合わせをしたりディスカッションをしたりするには、最低でもTOEIC800点以上は取得しないといけません。

TOEICのスコアを採用の基準としている企業も増えていますので、オンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)が役立ちますね。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)で用意されているのは次の3つのコースです。

  • 600点のスコアを目指す「TOEIC600点対策コース」
  • 800点のスコアを目指す「TOEIC800点対策コース」
  • 公式問題集で集中的に学習する「TOEICパート別対策コース」

試験対策とは言っても外国人講師とコミュニケーションを取りながらレッスンが進むため、楽しく学べる内容となっています。

それに、NativeCamp(ネイティブキャンプ)は1ヵ月のレッスン回数が無制限のオンライン英会話ですので、短期間でスキルアップを目指しているビジネスマンも入会してみてください。

 

参考 NativeCamp(ネイティブキャンプ)の公式サイトはこちら

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の評判

 

-オンライン英会話の選び方