外資系の企業に勤めている人におすすめのオンライン英会話3選!

外資系企業では高い英語力が必要なの?

外資系企業では高い英語力が必要なの?

外資系企業に転職したいと考えていますが、やっぱり英語力は必要ですか?

企業やポジションで求められる英語力が変わるけど、大事な要素なのは間違いないね。

外資系企業に就職したり転職したりするに当たり、高い英語力が必要なのかどうか疑問を抱えている方は少なくありません。

「絶対に英語力が必要」というわけではなく、次のように企業によって違いがありますね。

  • 日本法人の多くは社内でのコミュニケーションは日本語で行う
  • 各国にある支店や事業部とやり取りする場合は英語を使う

つまり、海外の支店や子会社で働く人とコミュニケーションを図るには、それなりの英語力が必須です。

入社してからではなく、採用の段階で求職者に対して英語力を求める外資系企業も当然のように多いので注意しないといけません。

もちろん、就職や転職で重視される項目も、以下のように会社で違いがあります。

  • TOEIC○○○点以上とある程度の英語レベルを求職者に求めている
  • 英語力ではなく個々の能力やキャリアを重視している

どちらにしても日常会話レベルの英語力は外資系企業で求められますので、入社する前も入社してからも自身の英語スキルを高める努力を始めた方が良いでしょう。

 

外資系企業に勤めている人にオンライン英会話がおすすめの理由3つ!

普段の業務で活かすために、外資系企業に就職してからも英語の学習が大事だとわかりました。

英語の学習方法はたくさんあるけど、オンライン英会話の利用がおすすめだよ。

外資系企業に勤めている人にオンライン英会話がおすすめの理由3つ!
  • ビジネス英語やTOEIC対策専門のカリキュラムがある
  • ビジネス経験が豊富な外国人の実体験を聞くことができる
  • 早朝から深夜まで自分の好きなタイミングで受講できる

数多くの英語学習法の中でも、外資系企業に勤めている方には上記の3つの理由でオンライン英会話の利用がおすすめ!

専門のコースやカリキュラムが用意されたオンライン英会話を選べば、ビジネスシーンで役立つ英語を徹底的に学習できますよ。

※ビジネス英語を学べるオンライン英会話スクールはこちら!

ビジネス英語を学べるオンライン英会話を徹底比較!おすすめのスクールは?
このページでは、ビジネス英語の学習ができるオンライン英会話を徹底比較しています。どのオンライン英会話でも、ビジネスシーンに特化した英語を学べるのが特徴ですね。「どのスクールがおすすめなの?」と迷っている方は、是非一度参考にしてみてください。

既に外資系企業に勤めている方は、「グローバルな企業」「少人数でビジネスを回している」といった理由で、忙しい日々を送っているのではないでしょうか。

その合間をぬって英会話教室に通うのは現実的ではありませんが、オンライン英会話は早朝から深夜まで自分の好きな時間帯にレッスンを受けられます。

現在では24時間レッスンを受けられるオンライン英会話もありますので、普段の仕事で忙しい外資系企業に勤めている方にピッタリの英語学習サービスなのです。

 

外資系の企業に勤めている人におすすめのオンライン英会話スクール3選!

スクール名 ベストティーチャー
ベストティーチャー
Bizmates
Bizmates
NativeCamp
NativeCamp
料金体系 月額制 月額制 月額制
月額料金 12,000円~ 11,000円~ 6,480円~
特徴 SkypeレッスンとWritingレッスンが無制限のスクール! ビジネス英語対策に特化したオンライン英会話! レッスンの回数が無制限のオンライン英会話!
講師の質 ★★★★★ ★★★★★ ★★★☆☆
教材の質 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆
総合評価 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆

上記の3つのオンライン英会話は、外資系の企業に勤めている人や外資系企業に転職したい方におすすめのスクール!

外資系の企業では、「メール」「資料作成」「電話会議」といったシチュエーションで英語を使いますので、その学習ができるオンライン英会話に入会するのがポイントですよ。

スクールの選び方が間違っていると満足のいく効果が得られないため、どのオンライン英会話に入会すれば良いのか外資系企業に勤務している方は参考にしてみてください。

 

ベストティーチャー(Best Teacher)

ベストティーチャー(Best Teacher)

外資系企業に転職する予定の方や既に働いているビジネスマンには、数多くのオンライン英会話の中でもベストティーチャー(Best Teacher)がおすすめです。

ベストティーチャー(Best Teacher)はビジネス英語の学習に特化したスクールで、20代から30代の社会人を中心に入会する方が増えました。

ビジネス英語に特化している以外にも、ベストティーチャー(Best Teacher)が外資系企業を目指す人にピッタリの理由は次のようにたくさんあります。

  • ビジネスシーンで欠かせない必須のライティング添削コースがレッスンの料金の中に入っている
  • 多国籍の講師陣を揃えていて多種多様な英語と触れ合うことができる
  • 「初級」「中級」「上級」と個人のレベルに合わせたカリキュラムを選択できる
  • 英文の添削指導で効率良くライティング力を磨くことができる

ライティングレッスンとスカイプレッスンの2つを組み合わせて、ビジネスマンの英語力を養うトレーニングが実施されているのがベストティーチャー(Best Teacher)の魅力です。

ライティング対策ができるオンライン英会話は限られていますので、ベストティーチャー(Best Teacher)は貴重なスクールと言っても過言ではありません。

ベストティーチャー(Best Teacher)でのレッスンの流れは無料体験で確認できますので、外資系企業に勤めている方は一度試してみてください。

 

参考 ベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトはこちら

 

ベストティーチャー(Best Teacher)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
ベストティーチャー(Best Teacher)は、英語の4技能をバランス良く鍛えられるオンライン英会話です。ライティング対策にも力を入れているのがメリットですね。実際にレッスンを受けた受講生がどのような口コミの評判を残しているのか見ていきましょう。

 

Bizmates(ビズメイツ)

Bizmates(ビズメイツ)

Bizmates(ビズメイツ)は、ビジネス特化型の珍しいオンライン英会話です。

オンライン英会話に対して、「初心者が英語の学習をスタートする目的で利用する」「日常英会話を中心に学んでいく」というイメージを持っている方はいませんか?

しかし、Bizmates(ビズメイツ)はある程度の知識を持った中級者~上級者の方が更なるレベルアップでビジネス英語を学ぶ目的のスクールとして向いていますよ。

ここでは、Bizmates(ビズメイツ)が外資系企業に勤めているビジネスマンに向いている理由をまとめてみました。

  • 厳しい面接に合格したビジネス経験者のみを講師(トレーナー)として採用している
  • 個人の目的に合わせて、「Bizmates Program」「Other Programs」「Assist Lesson」と3つのレッスンプランから自由に選択できる
  • 1レッスン当たり290円~と特化型のスクールの中でも続けやすい料金設定になっている
  • オンラインレッスンと自己学習を組み合わせてレベルアップを図るBizmatesラーニング・メソッドが採用されている

ある程度の英語知識を持っていても、仕事で英語が使えるようになるまでには長い時間がかかります。

Bizmates(ビズメイツ)は毎日レッスンを受けても1ヵ月11,000円と安く、長期間に渡って受講していても金銭的な負担は一切ありませんので、毎日の生活の中に取り入れてみましょう。

 

参考 Bizmates(ビズメイツ)の公式サイトはこちら

 

【口コミや評判はどう?】Bizmates(ビズメイツ)のメリット・デメリットを全解説!
オンライン英会話でビジネス英語対策を始めたいならBizmates(ビズメイツ)がおすすめです。Bizmates(ビズメイツ)は格安の料金で、高品質な講師と英語の学習ができますよ。口コミでどのような評判を獲得しているのか、無料体験の前に目を通しておいてください。

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)

NativeCamp(ネイティブキャンプ)

NativeCamp(ネイティブキャンプ)は初心者向けのオンライン英会話というイメージがありますが…。

TOEIC対策やビジネス英語のカリキュラムも用意されているから、外資系企業に勤めている方にもおすすめのスクールだよ!

NativeCamp(ネイティブキャンプ)が外資系企業に勤めている人やこれから外資系企業を目指す人に向いているのは、TOEIC対策のコースやカリキュラムが取り入れられているからです。

※オンライン英会話がTOEIC対策に向いている点についてはこちら!

オンライン英会話でTOEIC対策を始める4つのメリットとおすすめのスクール5選!
TOEIC(トーイック)で高得点を取りたいなら、オンライン英会話がおすすめです。専門のテキストやカリキュラムが用意されたスクールは増えていますよ。ここではTOEIC対策におすすめのオンライン英会話を4つ紹介していますので、「どこが良いの?」と悩んでいる方は参考にしてみてください。

英語を使った会議で外国人と打ち合わせをしたりディスカッションをしたりするには、最低でもTOEIC800点以上は取得しないといけません。

TOEICのスコアを採用の基準としている企業も増えていますので、オンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)で用意されているTOEIC対策のカリキュラムが役立ちますよ。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のTOEIC対策のカリキュラム!
TOEIC600点対策コース TOEICで600点のスコアを目指す
TOEIC800点対策コース TOEICで800点のスコアを目指す
TOEICパート別対策コース TOEICの公式問題集で集中的に学習する

試験対策とは言っても外国人講師とコミュニケーションを取りながら授業が進むため、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のレッスンは楽しく学べる内容になっています。

それに、NativeCamp(ネイティブキャンプ)は1ヵ月のレッスン回数が無制限のオンライン英会話ですので、短期間でスキルアップを目指しているビジネスマンも入会してみてください。

 

参考 NativeCamp(ネイティブキャンプ)の公式サイトはこちら

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
NativeCamp(ネイティブキャンプ)は、レッスン無制限のオンライン英会話です。何回受講しても月額5,950円というメリットに惹かれて、入会する方は増えました。ここではNativeCamp(ネイティブキャンプ)の口コミや評判も紹介していますので、無料トライアルを受ける前に要チェックです。

 

外資系企業への転職で押さえておきたい3つのポイント!

外資系企業への転職のコツ

外資系企業に転職するために何をすれば良いのか知りたいです!

英語力以外にもプログラミングスキルを学んだり外資系企業の情報収集をしたりするのが大事だね!

外資系企業への転職で押さえておきたい3つのポイント!
  • 外資系企業について情報収集をする(国内企業とは文化や働き方が違う)
  • スペシャリストとしてアピールできるプログラミングスキルなどを学ぶ
  • 個人の転職をサポートしてくれる転職エージェントに相談する

外資系企業への転職を目指しているのであれば、英語力を高める以外にも上記の3つは押さえておきたいポイントです。

オンライン英会話でレッスンを受けるのはとても大事ですが、英語力に加えて他のスキルもしっかりとアピールしないといけません。

「大分英語力が高くなったから大丈夫でしょ?」と安心するのではなく、更に自分のスキルを磨いて魅力的な人材になる努力をすべきですね。

 

まとめ

以上のように、外資系企業への就職や転職を目指す方や既に外資系企業で働いている方には、自分の好きなタイミングで英語を勉強できるオンライン英会話をおすすめします。

ベストティーチャー(Best Teacher)やBizmates(ビズメイツ)など、ビジネス特化型のスクールに入会していれば間違いはありません。

自分の目的に合うオンライン英会話に入会して、今よりも英語力を高める努力をしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました