オンライン英会話の選び方

ビジネス英語を学べるオンライン英会話を比較

2017/06/13

ビジネス英語とは?

ビジネス英語とは?
外資系の企業で働きたいと考えている方にとってビジネス英語は必要です。

ビジネス英語とはその名の通りビジネスの現場で頻出する英語のことを指し、日常英会話とは登場するボキャブラリーやフレーズが異なります。

同じ英語という点では一緒ですが、日常英会話の延長線上にあると考えるのが分かりやすいのではないでしょうか。

難しいイメージがあって避けている方は多いものの、今からでも十分にマスターできます。

  • 駅前の英会話教室でビジネス英語専門のクラスへと入会する
  • オンライン英会話で専門のカリキュラムを受講する
  • 市販されているテキストや参考書で独学する
  • スピークナチュラルやヒアリングマラソンなどの英会話教材を使う

これらの方法でビジネス英語は学習でき、自分にピッタリのやり方を探すのが一番です。

 

ビジネス英語を学ぶことで得られるメリットは?

以下では、ビジネス英語を何かしらの形で学ぶことにより、どんなメリットを得られるのか幾つか挙げてみました。

  • アジア人やネイティブなど世界中の人とコミュニケーションが取れる
  • 日常会話を学ぶよりも英語のスキルが確実にアップする
  • 難しい表現やフレーズも使いこなせるようになる
  • ビジネスパーソンとして認められやすくなるのでキャリアアップに繋がる

趣味としてではなく、スキルアップやキャリアアップが目的で学習している方がほとんどです。

独学で身につけるのはそれなりに難しいとしても、オンライン英会話で専門的な知識を持つ講師と受講すれば効率良く学べます。

 

ビジネス英語を学べるオンライン英会話スクール3選!比較の参考にしよう

ビジネス英語を学べるオンライン英会話スクール3選!比較の参考にしよう

このページでは、ビジネス英語を学べるオンライン英会話スクールを3つご紹介しています。

そもそも、ビジネス英語の勉強をするに当たってオンライン英会話が適している理由を幾つか挙げてみました。

  • スクールによっては専門の教材やカリキュラムが用意されている
  • 開講時間が長いので忙しいビジネスマンでもマイペースで受講できる
  • スマホがあればレッスンを受けられるので自宅でも外出中でもOK

基本的にどのスクールでも講師に依頼すれば日常英会話以外のレッスンも受けられます。

しかし、スキルアップのためには専門の教材やコースが用意されていた方が良いので、オンライン英会話の選び方で迷っている方は一度比較してみてください。

 

ビジネス英語に特化したBizmates(ビズメイツ)

ビジネス英語に特化したBizmates(ビズメイツ)

Bizmates(ビズメイツ)はビジネス英語に特化した珍しいタイプのオンライン英会話です。

公式サイトのトップページを見てみるとスーツを着用した女性が主体となっており、いかにもビジネス英語を学ぶのに適したスクールといった雰囲気が出ています。

以下ではBizmates(ビズメイツ)の特徴についてまとめてみました。

  • 単純にビジネス英語を学ぶのではなく、ビジネスパートナーとして信頼関係を築けるようなコミュニケーションスキルを学べる
  • 実際にビジネスの現場で活躍していた講師が在籍している
  • ビジネス英語に焦点を当てた実践的なオリジナル教材が用意されている
  • 着実にスキルアップ可能な「Bizmates Program」が採用されている
  • 細かいレベルやランクの設定で自分にピッタリの学習が可能

日本人の生徒がしっかりとビジネスシーンで役立つ英語を学べるようなシステム設計がなされています。

もちろん、中級者以上の生徒はもちろんのこと初心者でも入会して構いません。

最初は中学英語で学んだ文法を復習しながらゆっくりと前に進んでいくので、どのレベルの生徒にもBizmates(ビズメイツ)はおすすめです。

 

>>> Bizmates(ビズメイツ)の詳細はこちら

 

24時間体制で学べるベストティーチャー(Best Teacher)

24時間体制で学べるベストティーチャー(Best Teacher)

ベストティーチャー(Best Teacher)では、ビジネスのシチュエーションに沿ったレッスンが受けられます。

  • 会社の説明をしてみよう
  • サービスの説明をしてみよう
  • 自分の部署の仕事を説明してみよう
  • 自分の上司について説明してみよう
  • 電話を保留にしてみよう
  • 電話でアポイントをとってみよう
  • 部下に仕事を手伝ってくれたことを感謝しよう
  • 会議で全員の意見を求めてみよう

これらのシチュエーションが数多く用意されており、ライティングレッスンとスカイプレッスンを組み合わせて受講していくのが特徴です。

ライティングレッスンでは自分で考えるスキルが養われますし、講師と1対1で受けるスカイプレッスンではスピーキング力を高められるでしょう。

それに、ベストティーチャー(Best Teacher)は24時間体制で受けられるオンライン英会話なので、毎日の仕事で忙しいビジネスマンにもピッタリです。

 

>>> ベストティーチャー(Best Teacher)の詳細はこちら

 

ネイティブ講師と受講できるバーチャル英会話教室

ネイティブ講師と受講できるバーチャル英会話教室

  • フィリピン人講師とのレッスンは少し不安
  • ネイティブ講師とビジネス英語を学習したい

こういった生徒にはバーチャル英会話教室が適しています。

バーチャル英会話教室にはネイティブ講師とバイリンガル講師しか在籍しておらず、日常英会話とビジネス英会話の2種類のカリキュラムから選択可能です。

電話や出張、交渉やプレゼンといったシチュエーションを想定してレッスンを行い、国際舞台で活躍できる会話力を目指していきます。

  • 予約不要なので好きな時間に入室して受講できる
  • グループレッスンなので1対1とは違った授業になる
  • アバターを使うので顔出しの必要性がないので安心

上記の特徴を持つオンライン英会話で、「ビジネス英語×ネイティブ講師」という組み合わせのバーチャル英会話教室へと入会してみてください。

 

>>> バーチャル英会話教室の詳細はこちら

 

ビジネス英語にはどんな特徴があるの?

以下ではオンライン英会話や英会話教材など、初めてビジネス英語を学ぼうとしている方のために、どんな特徴があるのかまとめてみました。

一般的な日常会話とは少々異なるので、簡単な違いについて把握しておいてください。

 

丁寧な表現が使われることが多い

ビジネス英語は日常会話と比べて、「~ですね」「~して下さいませんか?」「~して頂けますか?」といったように丁寧な表現が使われる傾向があります。

スラングはよほどのことがない限り聞かないですし、日本語と同じように初対面の人とやり取りするに当たって敬語を使わなければなりません。

1つの日本語訳に対してどのように使い分ければ良いのか見ていきましょう。

 

日本語 敬語表現 日常的な表現
はい Yes. Uh-huh.
承知しました I understand. I've got it.
ありがとうございます I really appreciate it. Thanks.
すみません My apologies. Sorry.
そう思います I agree with you. I think so, too.
信じられない I can’t believe it. Unbelievable.
本当ですか? Seriously? Really?

 

「英語は日本語とは違って敬語がない」という思い込みは間違っています。

上記のように敬語表現は意外と多いですし、フランクすぎる話し方で「常識がないのかな?」と思われやすいので注意すべきです。

 

専門用語が頻出する

ビジネス英語では専門用語が頻出します。

基本的な単語は高校レベルでも問題はないものの、以下のシチュエーションでは専門用語が登場しやすいのです。

  • ディスカッションやディベート
  • 電話応対
  • メールでの対応
  • プレゼンテーション
  • 商談
  • 海外出張と海外赴任
  • アテンド(接待)
  • ネゴシエーション(交渉)
  • 履歴書と面接

これらの中で使われる単語は難しく、「どんな意味なの?」と理解できないケースは少なくありません。

そのため、ビジネス英語を学ぶに当たってボキャブラリー力を付けなければならず、知らない単語を積極的に覚える姿勢が必要となります。

 

ブロークンイングリッシュが大事

意外だと思うかもしれませんが、ビジネス英語は日常会話と比べてブロークンイングリッシュが大事です。

対話でもメールでもビジネスの世界ではある程度のスピードが求められます。

  1. 相手の英語を聞き取ってから日本語へと頭の中で訳す
  2. 日本語から回答を導き出す
  3. その日本語を英語へと頭の中で変換する
  4. 相手へと伝える

このような和文英訳や英文和訳をしているとレスポンスが遅くなり、仕事に支障を来たしやすいのでビジネス英語では正しい英語よりもブロークンイングリッシュで自分の意志を早く伝える練習をしなければなりません。

「英語⇒日本語」という考え方を捨て、英語脳を鍛えてコミュニケーションにおけるレスポンスを早めれば少しずつ上達するはずです。

-オンライン英会話の選び方