講師へのリクエスト機能が用意されたオンライン英会話

オンライン英会話のレッスンで講師にリクエストを送るメリットはこれだ!

リクエスト

オンライン英会話の中には、担当の講師にリクエストを送ることができるスクールがあります。

事前にリクエストを送り、その指示に従ってレッスンを提供してくれる仕組みですね。

以下では、オンライン英会話のレッスンで講師にリクエストを送るメリットを幾つか挙げてみました。

  • 「今日はどの教材やテキストを使って学習しますか?」「今から教材をダウンロードします」など、レッスン中の先生とのやり取りに時間が取られない(時間の節約に繋がる)
  • あらかじめ使う題材やトピックが決まっていれば、効率良く予習ができる
  • 英語でEメールを送る練習になる(ビジネスシーンでのスキルアップに繋がる)
  • 事前にコミュニケーションを取ることで担当の講師とより良い関係を築ける

リクエストの送り方には十分に注意が必要で、あれもこれもと要望が多すぎると講師は大変です。

それでも、「○○○をして欲しい」と担当の先生に伝えていれば、オンライン英会話の効果を最大限に活かせるのは間違いないでしょう。

オンライン英会話は自分の使い方で英語力が伸びるのかどうか決まると言っても過言ではありませんので、リクエスト機能は最大限に活用すべきですよ。

 

講師へのリクエスト機能が用意されたオンライン英会話3選!

このページでは、講師へのリクエスト機能が用意されたオンライン英会話を3つ紹介しています。

どのスクールでも、レッスン前に担当の講師に自分の要望を伝えられるわけではありません。

リクエスト機能が用意されているのかどうかはオンライン英会話の選び方で押さえておきたいポイントですので、一度目を通しておきましょう。

 

レアジョブ

レアジョブ

大手のオンライン英会話のレアジョブでは、レッスンリクエスト機能が用意されています。

初めてオンライン英会話を受講する生徒でも、レアジョブのリクエスト機能の使い方は次のようにとても簡単です。

  1. メールアドレスとパスワードを入力してマイページにログインする
  2. 担当の講師や時間帯を選んでレッスンの予約をする
  3. レッスン予約確認画面にレッスンリクエストを行う画面が表示される
  4. 希望のレッスンや授業の進め方を自由に入力して送信する

あらかじめ自分の要望を担当の講師に伝えていれば、効率良く英語の学習を進められるのは間違いありません。

レアジョブのレッスンリクエスト(自由記入欄)は半角200文字以内と制限がありますが、自分の希望や要望を伝える量としては十分ですね。

命令形になると相手の講師に失礼ですので、「Nice to meet you.」「our first lesson together」など、なるべくフレンドリーな雰囲気で伝えてみてください。

 

参考 レアジョブの公式サイトはこちら

 

レアジョブの強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
レアジョブは日本を代表とするオンライン英会話です。レッスン料金が安かったり受講生へのサポートに気を配っていたりと、様々な強みやメリットがありますよ。ここではレアジョブの口コミや評判の情報をまとめていますので、入会する前の参考にしてみてください。

 

リップルキッズパーク

リップルキッズパーク

リップルキッズパークは、3歳から高校生までの子供に焦点を当てたオンライン英会話です。

現在では小学校から英語の授業が始まりましたので、小さなうちから子供にオンライン英会話のレッスンを受けさせている親御さんはたくさんいます。

リップルキッズパークは他のスクールと違い、次のようにレッスンのカスタマイズ機能を用意しているのが特徴です。

  • お子さんのレベルを9段階で分析して最適なレッスンを提供している
  • 先生に細かい要望を伝えるリクエスト機能で効率良く伸ばしたい部分を鍛えられる
  • 事務局の仲介ではなく、担当の講師とメールやチャットで直接やり取りできる

もちろん、子供が自分で担当の先生にリクエストすることはできませんので、親御さんが代わりに行う形になります。

小さな子供へのレッスンに慣れたフィリピン人講師が数多く在籍していますので、一度リップルキッズパークで無料体験を受けてみましょう。

 

参考 リップルキッズパークの公式サイトはこちら

 

リップルキッズパークの評判
リップルキッズパークの詳細情報 開校日 2009年11月 無料体験 1回 入会金 0円 教材料金 市販教材は別途で費用が発生 レッスン料金 おてがる

 

KEYEYE(キーアイ)

KEYEYE(キーアイ)

KEYEYE(キーアイ)は、格安の料金でレッスンを受講できるオンライン英会話として評判です。

しかも、ただ1レッスン当たりの料金を安くするだけではなく、KEYEYE(キーアイ)は次のように先生へのリクエスト内容をお好きな形で決めることができますよ。

  • レッスンはじめの雑談(十分な時間を割いてほしいor手短にしてほしい)
  • 先生の話すスピード(ゆっくり喋ってほしいorテンポ良く喋ってほしい)
  • 発言割合(先生中心に発言してほしいor自分がたくさん発言したい)
  • 間違いの指摘方法(チャットボックスでor口頭で)

レッスン中に使う教材やテキストの種類だけではなく、細かい部分まで指定できるのが魅力的です。

英語のリスニング力やスピーキング力を効率良く伸ばしたいのであれば、KEYEYE(キーアイ)のリクエスト機能を上手く活用してみてください。

 

まとめ

以上のように、オンライン英会話のレッスンはただ受けるのではなく、リクエスト機能を使うと効果はアップします。

ただ英会話のレッスンを受けていても、自然と英語がペラペラになることはありません。

生徒の学習方法によって効果は変わりますので、レッスンリクエスト機能が用意されたオンライン英会話スクールを選んでみましょう。

コメント