入会前にレベルチェックが受けられるオンライン英会話3選!

オンライン英会話の入会前のレベルチェックを有効活用しよう

オンライン英会話の入会前のレベルチェックを有効活用しよう

たまに入会する前にレベルチェックが用意されたオンライン英会話がありますか、何か意味があるんですか?

 

自分の今の英語力を把握したりおすすめの教材を推奨したりしてくれるから、レベルチェックはかなり大事だよ。

オンライン英会話の中には、入会前の無料体験の段階でレベルチェックを受けられるスクールがあります。

その名の通り自分の英語力を測定してくれるサービスで、レベルチェックにどのようなメリットがあるのかまとめてみました。

  • レッスンを受ける前に自分にどの程度の英語力が備わっているのか把握できる
  • グループレッスンを受ける場合に最適なクラスを確かめられる
  • 結果を元にしておすすめのカリキュラムや教材を教えてくれる
  • 今後のオンライン英会話を使った英語学習法の方向性を把握できる
  • レッスンの受講から数ヵ月後にどの程度上達したのか把握できる

オンライン英会話のレッスンはただ漫然と英語を話したり聞いたりするだけではなく、自分にピッタリのカリキュラムやテキストで学ばないと大きな効果は期待できません。

そのサポートをしてくれるのがオンライン英会話スクールで用意されているレベルチェックですね。

レベルチェックの方法はTOEICやTOEFLのようにスコアが表示されたりランクが決まったりと、スクールによって違いがあります。

どちらにしても今後の英語学習に役立つのは間違いありませんので、入会前の無料体験でレベルチェックを積極的に有効活用してみましょう。

 

レベルチェックが可能なオンライン英会話スクール3選!

このページでは、レベルチェックが可能なオンライン英会話スクールを3つ紹介しています。

「レベルチェックを行っていればどこでもよい」というわけではなく、次の点を意識して入会するスクールを選ぶべきです。

  • レベルチェックや無料体験の有効期限が特に設定されていない
  • 有料会員でも受講可能なレベル判定テストがある
  • 自分の英語学習の目的に合うカリキュラムや教材が用意されている
  • 在籍している講師の数が多くてレッスンの予約が簡単

3つともおすすめのオンライン英会話ですので、自分なりに比較して気に入ったところに加入して英語の学習を進めてみてください。

 

レアジョブ

レアジョブ

大手のオンライン英会話のレアジョブではレベルチェックを受けられますか?

 

うん、簡単なテストを受けた後に10段階のレベルで自分の英語力を評価してくれるよ。

最大手のオンライン英会話スクールと言われているレアジョブでは、2015年の4月から英語力を診断できるレベルチェックのサービスが始まりました。

語学のコミュニケーションスキルを示す国際標準規格のCEFR(Common European Framework of Reference for Languages)をベースにしたCEFR-Jで、次のように10段階のレベルが設定されています。

  • LEVEL1~3のBeginner(初級)
  • LEVEL4~5のHigh-Beginner(初級)
  • LEVEL6~7のIntermediate(中級)
  • LEVEL8~9のHigh-Intermediate(中級)
  • LEVEL10のAdvanced(上級)

今の自分の英語力を把握すると共に、初回の無料体験の際におすすめのカリキュラムを紹介してくれるのです。

以下ではレアジョブのレベルチェックの細かい内容についてまとめてみました。

  • お互いに自己紹介する「introudction」
  • 質疑応答の「assessment check」
  • 教材を使った学習の「lesson proper」
  • 生徒のレベルを評価する「performance evaluation」

25分間でこの4つをこなし、理解力や文法、発音などがグラフ上で分かりやすく表記される仕組みです。

レアジョブではレベルチェック以外にも有料の独自のスピーキングテストが用意されていますので、自分にどの程度の話すスキルが備わっているのか知りたい方は合わせて利用してみてください。

 

参考 レアジョブの公式サイトはこちら

 

レアジョブの強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
レアジョブは日本を代表とするオンライン英会話です。レッスン料金が安かったり受講生へのサポートに気を配っていたりと、様々な強みやメリットがありますよ。ここではレアジョブの口コミや評判の情報をまとめていますので、入会する前の参考にしてみてください。

 

イングリッシュベル

イングリッシュベル

イングリッシュベルは、日本で初めてカランメソッドを改良したDMEメソッドを取り入れたオンライン英会話です。

DMEメソッドは通常のフリートークとは違い、次の4つの特徴がありますよ。

  • 高速のスピードで行われる英会話で英語脳を鍛える
  • ボキャブラリーやフレーズのスキルをアップできる
  • 現代風のセンテンスや表現を学べる
  • グラマー部分に焦点を当てながら英語を学ぶ

イングリッシュベルでは今までに蓄積されたノウハウに従い、独自のビジュアルエイドやティーチングスタイルでDMEメソッドのレッスンを提供してくれます。

※オンライン英会話で実施されているDMEメソッドの効果やメリットは、下記のページでもまとめました。

 

DMEメソッドが受けられるオンライン英会話3選!
直接教授法の中でも、DMEメソッドは比較的新しい方法です。スピード感のある対話形式のレッスンをこなしながら、英語の文法知識や反射力を鍛えていきます。DMEメソッドはオンライン英会話で受講できますので、どのスクールに入会すべきなのか参考にしてみてください。

 

イングリッシュベルはDMEメソッドだけではなく、初回にレベルチェックテストをしてくれるのが魅力的です。

どのような流れでレベルチェックテストが進むのか見ていきましょう。

  1. 最初に自己紹介をしてお互いのことを把握する
  2. 先生から複数の質問や写真描写に関する問いかけがある
  3. 生徒は完全な文章(コンプリートセンテンス)で答える
  4. 分からなくても入会かどうか決めるテストではないので問題ない

25分間のレッスンが終わると、登録のメールアドレスに「Speaking力」「Listening力」「Grammar力」が10段階評価でメールで送られてきます。

先生からのコメントやアドバイスもありますので、イングリッシュベルを利用する際は忘れずに受講してください。

 

参考 イングリッシュベルの公式サイトはこちら

 

イングリッシュベルの強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
イングリッシュベルは、DMEメソッドを受けられる珍しいオンライン英会話です。限られたスクールでのみ受講できる直接教授法を採用しているのは、イングリッシュベルの強みやメリットですね。ここでは受講生の口コミや評判の情報も紹介していきます。

 

ECCオンライン英会話

ECCオンラインレッスン

ECCオンライン英会話でも、自分の英語力を知る手段としてレベル診断テストが用意されています。

初回の診断テストは、自分に適したレベルの教材やテキストを使って効率良く学ぶために必須です。

ECCオンライン英会話のレベルチェックは、次のような英文を聞いて適切な選択肢を選ぶ形式のリスニングテストなので難しくありません。

  • 初心者は短い会話をベースにした問題
  • 上級者は長い英文や会話文を使った問題

レベルチェックで自分の英語力を把握すれば、今後の英語学習の方向性が見えてきますよ。

ECCオンライン英会話は50年以上に渡って英語教育の分野を研究していますので、確かな実績を持つスクールに入会したい方におすすめです。

 

入会前のレベルチェックを活かすのが大事!

入会前のレベルチェック

オンライン英会話のレベルチェックを受ける上で何か押さえておくポイントはありますか?

 

テストはリラックスして受けてOKだけど、結果を見て今後の英語学習にどう活かすのか考えるのが大事だよ!

オンライン英会話の入会前のレベルチェックは、受けて終わりではなく次に活かさないと意味がありません。

今の自分の英語力を把握するのは重要ですが、「これからどんなレッスンや学習をすれば良いのか?」「どの短所を克服すべきなのか?」といった点を考えるべきですね。

具体的にどんな風にレベルチェックを活用すれば良いのか目安をまとめてみました。

  1. オンライン英会話のレベルチェックを受けてみて発音の項目が悪かった
  2. 毎回のレッスンでは発音矯正に焦点を当てて学習していこうと考えた
  3. 英語の正しい発音やイントネーションを手に入れることができた
  4. 現地の人とコミュニケーションが取れて以前よりも海外旅行が楽しくなった

オンライン英会話スクールによってはレベルチェックが終わった後にリスニング力やレスポンス力など詳しい数値が出ますので、自分の結果にしっかりと目を通しておきましょう。

 

まとめ

自分の英語力は中々見えてこない要素ですので、レベルチェックが用意されたオンライン英会話がおすすめです。

「レアジョブ」「イングリッシュベル」「ECCオンライン英会話」といったスクールでは、初回にレベルを診断するテストが受けられますよ。

自分の得意分野と苦手分野を確認し、これからどのような方法で英語の勉強を進めていけば良いのか考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました