オンライン英会話.COM

【2017年版】オンライン英会話の比較・ランキング

オンライン英会話のQ&A

危険性の高いオンライン英会話の特徴!安全なスクールは?

危険性の高いオンライン英会話の特徴をチェック!

危険性の高いオンライン英会話の特徴をチェック!

オンライン英会話はインターネットを使って英語を学習できるサービスで、現在では小さな子供から高齢者まで幅広い年代の人が利用するようになりました。

基本的には日本の企業が運営していますので安全性は高いものの、スクールの中には少なからず危険なところがあります。

  • 快適にオンライン英会話を利用して英語を学習したい
  • 信頼できるスクールで少しでも長く勉強したい

上記のように考えている生徒は、危険性の高いオンライン英会話の特徴をチェックしておきましょう。

 

講師数が少なくてマイナーなスクール

  • メジャーなオンライン英会話は安全
  • マイナーなオンライン英会話は危険

このように決め付けることはできませんが、講師数があまりにも少ないスクールは避けるべきです。

在籍している講師の数はオンライン英会話の良し悪しを判断するポイントとなり、その点について大まかにまとめてみました。

  • 運営期間がそれなりに長いのにも関わらず10人程度の講師しかいない
  • 生徒数があまりにも少なくて人件費の関係上、新たな講師を雇えない
  • スクールの儲けがなければ突然閉鎖するリスクが高くなる
  • 支払っていたレッスン料金が返金されないことがある

マイナーなオンライン英会話ほど閉鎖や倒産のリスクが高いのは紛れもない事実で、以下のページでも記載しています。

 

>>> オンライン英会話に倒産や破産のリスクはある?

 

山のようにスクールの数が増えている一方で、生徒の獲得競争に負けて残念ながら潰れてしまうところは意外にも多いのです。

現に2014年にはオンライン英会話のエルムンドが突然閉鎖する事件が起き、「日本人経営者が夜逃げしてお金を持ち出した」「講師へと給料の支払いが行われなかった」「生徒へのレッスン料金の返金が行われなかった」という悲惨なものでした。

メジャーなオンライン英会話よりもマイナーなスクールの方が潰れる危険性が高く、選ばない方が良い理由はお分かり頂けるでしょう。

 

サポート体制が悪いスクール

サポート体制が悪いスクール

大袈裟だと感じる方は多いものの、サポート体制が悪いスクールは危険です。

何か問題やトラブルが起きた時の対応が期待できず、それが生徒にとって大きな損に繋がる可能性も少なからずあります。

どういった点でサポート体制が整っていると判断できるのか幾つか挙げてみました。

  • 日本語によるリアルタイムでのサポートが受けられる
  • カスタマーサポートやコールセンターの営業時間が長い
  • レベル診断やレベルチェックテストで生徒の学習を補助している
  • メールやスカイプで問い合わせて1日以内に返信がある(迅速な対応をしてくれる)

「迅速な対応をしてくれる」⇒「社員やスタッフの数が多い」⇒「きめ細かなサポートが期待できる」と考えられ、安全性の高いオンライン英会話の特徴だと言っても過言ではありません。

学習のサポートも意外と大事で、下記のページではレベルチェックテストが用意されたスクールを紹介しています。

 

>>> 入会前にレベルチェックが受けられるオンライン英会話

 

大手のオンライン英会話であれば生徒のことを一番に考えていますし、初心者でも上級者でも個人のレベルに関係なく安心して受講可能です。

 

在籍している講師に何かしらの問題がある

在籍している講師に何かしらの問題があるのは、危険なオンライン英会話の特徴となります。

レアジョブやDMM英会話など大手のオンライン英会話でも、講師の品質にバラつきがあるのは仕方ありません。

しかし、あまりにも不満が残る講師の数が多いスクールでは楽しく英語の学習ができないため、なるべく避けた方が良いのです。

  • レッスンが始まる時間になってもスカイプで連絡が来ない
  • まだレッスンの時間なのに早く切り上げようとする
  • 受講中に誰かとチャットしたり食べ物を食べたりする
  • 英語ができない自分に対して馬鹿にしたりけなしたりする

上記に該当する先生が多ければ多いほど、トラブルに繋がりやすいのは間違いないでしょう。

歩合制の給料システムが取り入れられているからこそ、講師によってはやる気やモチベーションが感じられないことがあります。

英語の学習効果を高めるに当たり、講師の質でオンライン英会話を比較すべきです。

 

安全性の高いオンライン英会話スクールの特徴は?

安全性の高いオンライン英会話スクールの特徴は?

オンライン英会話で長くレッスンを続けるに当たり、安全性の高いスクールへと入会しなければなりません。

  • 少し危険かもしれない・・・
  • 何か怪しい感じがする・・・

こういったスクールを選んでいると、「英語力を上げたい」「継続して学習したい」という個人の要望を叶えられないのです。

そこで、以下では安全性の高いオンライン英会話にどんな特徴があるのか幾つか挙げてみました。

  • 在籍している講師の数に加えて入会している生徒の数も多い
  • 今までに提供してきたレッスンの数が多くて確かなノウハウがある
  • 万全なサポート体制が取り入れられていて英語を学習したい生徒をフォローしてくれる
  • 講師の質に気を配っていて、採用や研修に力を入れている
  • オンライン英会話の中でも知名度が高くて誰でも知っている

これらに該当するスクールをお探しの生徒にはレアジョブがおすすめです。

受講者数が50万人を超える業界ナンバーワンのオンライン英会話と言っても過言ではなく、10年間の実績とノウハウを格安の料金で提供してくれます。

上場した企業が運営している安心感がありますし、レッスンのカリキュラムや学習相談など細かい部分のサポートも行われていますので、まずはレアジョブで無料体験を受けてみてください。

 

>>> レアジョブの詳細はこちら

 

ネイティブに誤解されやすい危険な英語は?

ネイティブに誤解されやすい危険な英語は?

自分では正しい表現だと思っていても、アメリカ人やイギリス人などネイティブからすると危険な英語が幾つかあります。

知らずに使っていると恥をかく可能性が高く、どんな表現が該当するのか幾つか挙げてみました。

  • 「I went to the hospital」:アメリカでは深刻な病気の場合に使われる英単語
  • 「I like dog」:「dogs」と言わないと犬の肉が好きだと伝わってしまう
  • 「You look fine」:良い意味ではなく「問題ない」と相手に伝わる
  • 「I have black eyes」:黒い瞳ではなく殴られてアザができた意味合いになる
  • 「see」:初対面ではなく以前にも会った人に対して使われる動詞
  • 「wishとhope」:wishは恐らく叶わない時、hopeは願いの意味で使われる

英語独特の表現を少しずつ学ぶのは意外と面白いので、オンライン英会話のレッスンを受けて積極的に引き出しの数を増やす試みをしてみてください。

-オンライン英会話のQ&A