オンライン英会話の選び方

上級者におすすめのオンライン英会話スクール

2017/06/12

上級者にオンライン英会話は必要ない?

上級者にオンライン英会話は必要ない?
「英語の学習=初心者が行うもの」というイメージを抱いている方は多いかもしれません。

確かに、アメリカ人やイギリス人といったネイティブが参考書を使い、英語を勉強しているようなイメージはないでしょう。

しかし、英語がペラペラの上級者でもネイティブスピードでは話せないこともあり、更なるレベルアップのためにオンライン英会話でレッスンを受けるのは選択肢の一つです。

  • 今よりも更に英語力を伸ばしたい
  • ネイティブが話すスピードについていきたい
  • 英語を使ってディベートやディスカッションができるようになりたい
  • TOEICやTOEFLなどの資格試験で最高得点を目指したい
  • 日常会話だけではなくビジネス英語も同時に習得したい

こういった目標を持つ上級者は、オンライン英会話で英語を話す時間を確保することで実力を伸ばせます。

特に、TOEICのスコアは800点を超えてからが伸びにくく、900点台を目指すのであればもう一つ壁を越えなければなりません。

  • TOEICのスコアをグラフにしてみると「初級」「中級」「上級」と3つの山ができる
  • 一つの山を越えるにはそれなりに長い期間に渡る学習が必要
  • 全般的に学んだ英語の知識を更に研ぎ澄ませる対策を行わなければならない

上記のように考えられ、800点を超えた上級者でも更に伸びる余地は十分にあるので、いつでも好きな時間に自宅で受講できるオンライン英会話は便利です。

 

上級者におすすめのオンライン英会話スクール3選!

このページでは、上級者におすすめのオンライン英会話スクールを3つご紹介しています。

現在では軽く100を超えるスクールが登場し、メジャーなところからマイナーなところまで特徴はそれぞれ異なり、自分の英語レベルに合ったオンライン英会話を選ばなければなりません。

初心者には初心者の上級者には上級者のスクールがあるので、選び方で迷っている方は参考にしてみてください。

 

ビジネスで成果を出す英語を学べるBizmates(ビズメイツ)

ビジネスで成果を出す英語を学べるBizmates(ビズメイツ)
上級者は日常会話を学んでもつまらないと感じるかもしれません。

日常的に頻出するボキャブラリーやフレーズに関しては網羅しているはずなので、ビジネスで成果を出す英語を学べるBizmates(ビズメイツ)がおすすめです。

Bizmates(ビズメイツ)はビジネスカリキュラムに特化しており、5段階のレベル×5段階のランクが設定されています。

①5つのステップに則ってゆっくりと着実に修得する
②各ランクの中間レビューで弱点を把握する
③最終地点でランクアップテストを受けて確実にマスターする

このようなシステムが取り入れられているオンライン英会話で、やりっ放しで終わらずに継続的なモニター&フィードバックで英語を習得していくのです。

もちろん、オリジナル教材のBizmates Programは1から始めなければならないわけではなく、中級者や上級者は途中から始めても問題はありません。

日常会話では登場しないビジネス英語を本格的に学び、外資系企業やグローバルな会社でも通用する英語力を身に付けていきます。

また、上級者には以下のようなレッスンのAssist Lessonもおすすめです。

  • 受講生のビジネスをサポートするために作られた
  • 講師がパートナーとなってビジネスの課題を解決する
  • トピックは英語面接対策や英文メールの添削など様々
  • プレゼンテーションの予行練習やディスカッションとしても役立てられる

自分の目的や要望に合わせてレッスンを組み立てられるので、どんな授業を受けられるのか気になる人はBizmates(ビズメイツ)で無料体験を受けてみましょう。

 

>>> Bizmates(ビズメイツ)の詳細はこちら

 

世界中の生徒や講師と話せるEnglishLive(イングリッシュライブ)

世界中の生徒や講師と話せるEnglishLive(イングリッシュライブ)
EnglishLive(イングリッシュライブ)は世界中の生徒や講師と英語で会話ができる珍しいオンライン英会話です。

珍しい資格試験対策やビジネス英語カリキュラムが取り入れられているわけではないものの、複数人と一緒に受講するグループレッスンは英語の引き出しを増やせるので上級者に適しています。

①日本人や韓国人だけではなく世界中の生徒と一緒に受講する
②高レベルな英語を話さなくてもヨーロッパや南アフリカの生徒は発言力が強い
③消極的な日本人が持っていない部分がたくさんある

同じ英語でもアメリカ人が話すのと南アフリカ人が話すのとでは大きく異なり、伸び悩んでいる上級者が世界の英語に触れ合えば一歩前に進めるはずです。

累計2,000万人が学ぶ最大級のオンライン英会話で、EnglishLive(イングリッシュライブ)は自己学習教材も取り入れられているので積極的に活用してみましょう。

 

>>> EnglishLive(イングリッシュライブ)の詳細はこちら

 

資格試験対策が豊富なmytutor(マイチューター)

資格試験対策が豊富なmytutor(マイチューター)
オンライン英会話のmytutor(マイチューター)は一般的なスクールとは異なり、資格試験対策のカリキュラムが豊富です。

  • アカデミックな場面での英語運用力のスキルを確かめるTEAP
  • 英語のコミュニケーション力を図る世界共通のTOEIC
  • 英語の4つの技能をスコアで評価するTOEFL
  • 国際機関や政府機関が採用した英語運用能力試験のIELTS
  • 英語に関連する検定として日本で最も歴史が長い英検

上記の5種類の資格試験からお好きなものを選択でき、「スピーキング」「ライティング」「リーディング」など項目は細かく分かれています。

どのカリキュラムでも1対1のマンツーマンで受ける形となり、リスニング力が上昇する点では一緒なのではないでしょうか。

上級者でも聞き取り能力が完璧だとは言い切れず、クセのある話し方の人の英語をリスニングできないこともあるので実際に聞いたり話したりするオンライン英会話はおすすめです。

他にも、mytutor(マイチューター)ではビジネス英語に力を入れていて、以下の職業別のプログラムが用意されています。

  • キャビンアテンダント
  • 医療
  • 製薬、医薬品
  • 会計、財務
  • 法律
  • 金融
  • 科学技術
  • 商業
  • マーケティング

ご自分の職種と合うプログラムを見つけ、仕事で役立つ英語をmytutor(マイチューター)で学んでいきましょう。

 

>>> mytutor(マイチューター)の詳細はこちら

 

上級者向けのスクールかどうかの定義は?

上級者向けのスクールかどうかの定義は?

この3つのオンライン英会話以外にも、英語のレベルによって入会できるか決められているわけではないのでご自分の好きなスクールに入会してレッスンを受けられます。

上級者向けのスクールかどうか定義は明確に決められていませんが、大まかな目安を挙げてみました。

  • ハイレベルなビジネス英語を学べる
  • アメリカ人やイギリス人などのネイティブ講師が在籍している
  • 自分の意見を論理的に主張するディスカッションが用意されている
  • IELTSやTOEFLなど資格試験のスコアアップのレッスンが受けられる

これらに該当するオンライン英会話であれば上級者でも楽しむことができます。

中でも資格試験の対策を取り入れているスクールはピッタリで、「オンライン英会話で勉強する」⇒「スコアがどんどん上がっていく」⇒「モチベーションが上がる」⇒「最高得点を目指せる」と更なるレベルアップが可能です。

多くのスクールで資格試験対策のレッスンが用意されているので、カリキュラムや料金などで比較してピッタリのオンライン英会話を選んでみてください。

-オンライン英会話の選び方