不動産業界に勤めている人や宅建士にオンライン英会話が向いている3つの理由とおすすめのスクール3選!

不動産業界に勤めている人や宅建士にオンライン英会話が向いている3つの理由!

不動産

オンライン英会話は不動産業界に勤めている人にも向いているサービスって聞きましたが本当ですか?

宅建士の資格を取得した後にオンライン英会話で英語を学ぶ人は増えているよ。不動産会社への転職を考えている人にもオンライン英会話はおすすめだね!

不動産業界に勤めていたり転職を考えたりするに当たり、英語力は欠かせないスキルの一つ!

上記の3つの理由で、不動産業界に勤めている人にオンライン英会話での英語の学習が向いていますよ。

不動産業界で必須の資格は宅建士(宅地建物取引士)ですが、英語が話せて損をすることはありません。

なぜ不動産業界に勤めている人はオンライン英会話を利用すべきなのか、詳しい理由について見ていきましょう。

英語が使える宅建士は活躍の場所が増える

不動産業界に勤める宅建士の代表的な仕事内容
重要事項の説明 売買契約や賃貸契約に関する説明を顧客に行う
重要事項説明書への記名・押印 消費者への説明が重要事項説明書の内容と一致しているのか証明する
37条書面(契約書)への記名・押印 契約書に目を通して記名や押印を行う

参考:宅建士の仕事内容(ブラッシュアップ学び)

不動産業界に勤めている宅建士には、上記の3つの独占業務が与えられています。

もし宅建士の資格を持つ方が高い英語力を持っていれば、外国人の居住者や投資家への受注活動や顧客フォローも同時にできるようになるのです。

そもそも不動産業界って外国人のお客さんは来るのですか?

グローバル化している現代ではかなり増えているね。

英語が使える宅建士は今まで以上に活躍の場所が増えますので、オンライン英会話で学んだ方が良い理由は何となくイメージできるのではないでしょうか。

独学で英語を学習する方法とは違い、オンライン英会話は外国人の講師とレッスンを受けて実践的なコミュニケーション力を身につけられるのが魅力的ですね。

英語力を重視する不動産業界の求人が増えている

不動産

英語力を重視している不動産業界の求人に共通する3つの特徴!
  • 学歴や資格の欄に「語学力」「英語」と記載されている
  • 資格手当の項目に「TOEIC○○○点以上」と表記されている
  • 「英語を使える方を募集しています」と記載されている

転職サイトや求人サイトを見てみると、上記のように英語力を重視する不動産業界の求人が増えています。

帰国子女で英語がペラペラだったりTOEICで高スコアを取得したりしている方は他者と差別化を図ることができますので、オンライン英会話で学ぶ価値は大有り!

宅建士の資格を持っていなくても、オンライン英会話で習得した英語力の高さをアピールすれば、採用される確率は大幅にアップします。

ビジネスで使えるレベルの英語力があれば、不動産業界に転職して年収のアップも期待できるでしょう。

Skype(スカイプ)で受講できるオンライン英会話は、転職希望者にもおすすめのサービスなのです。

※転職希望者に向いているオンライン英会話スクールはこちら!

転職希望者におすすめのオンライン英会話3選!
オンライン英会話の中には、転職希望者に向いているスクールがあります。英語力を上げて自分のアピールポイントが増えれば、転職活動を有利に進められるわけです。どのオンライン英会話が転職希望者に向いているのかいくつか見ていきましょう。

不動産業界にお勤めの人や宅建士は、ビジネス英語を学べるのかどうかでオンライン英会話を比較してみてください。

仕事の合間をぬって好きなタイミングで受講できる

オンライン英会話って何時から何時まで受講できますか?

スクールで違いはあるけど、基本的に自分の好きなタイミングで受講できるよ。

不動産業界に勤めている人の英語学習としてオンライン英会話が向いているのは、仕事の合間をぬって好きなタイミングでレッスンを受けられるからです。

不動産会社や宅建士の仕事は、次の理由で「キツい」「ブラックだ」とささやかれています。

  • 宅建士の場合は通常の業務と合わせて独占業務もこなす必要あり
  • お客様やクライアントからのクレーム対応に応じないといけない
  • 人の入れ替わりが激しくて人手不足の不動産会社が多い
  • 1日の労働時間が長く、休日出勤や残業も比較的多い
  • 営業職で働いている人は毎月のノルマ達成が過酷

仕事で忙しい日々を送りながら、英語を勉強する時間を確保するのは想像以上に難しいですよね。

しかし、現在では24時間に渡ってレッスンを受けられるオンライン英会話があります。

通学型の英会話教室とは違って実店舗に決められた時間に足を運ぶのではなく、スキマ時間にパソコンやスマホで受講するだけでOKです。

※オンライン英会話と通学型の英会話教室の比較についてはこちら!

オンライン英会話と通学型の英会話教室を徹底比較!どんな違いがある?
このページでは、オンライン英会話と通学型の英会話教室を比較しています。どちらも講師から英語を教わることができますが、メリットとデメリットに大きな違いがあります。どちらを受講して英語を学習するのが良いのか迷っている方は、是非一度参考にしてみてください。

英語は長期間に渡って継続して受講するのが大事ですので、仕事がハードな不動産業界に勤めている方は時間の融通が利くオンライン英会話を利用しましょう。

不動産業界に勤めている人や宅建士におすすめのオンライン英会話スクール3選!

スクール名 Bizmates
Bizmates
QQ English
QQ English
ベストティーチャー
ベストティーチャー
料金体系 月額制 ポイント制 月額制
月額料金 11,000円~ 3,685円~ 12,000円~
特徴 一流のトレーナーが在籍しているビジネス専門のオンライン英会話 カランメソッドのビジネスバージョンを学べる 50ヵ国以上から集まった講師とレッスンを受けられる
講師の質 ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★★☆
教材の質 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆
総合評価 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆

上記の3つのオンライン英会話は、不動産業界に勤めている人や宅建士におすすめのスクール!

高品質なカリキュラムでビジネス英語を学んだり、TOEICのスコアアップのレッスンを受けたりできます。

「どのオンライン英会話に入会すれば良いの?」と悩んでいる方は、是非一度参考にしてみてください。

Bizmates(ビズメイツ)

Bizmates(ビズメイツ)

Bizmates(ビズメイツ)は、ビジネス英語の学習に特化したオンライン英会話です。

2017年の5月時点で、Bizmates(ビズメイツ)を導入する企業数は何と200社を突破していますよ。

参考:ビジネスに特化したオンライン英会話「Bizmates」導入企業社数累計200社を突破

数多くのスクールの中でも、Bizmates(ビズメイツ)は法人に向いているオンライン英会話です。

Bizmates(ビズメイツ)は不動産業界に勤めている宅建士にもピッタリで、その理由をいくつか見ていきましょう。

  • 不動産投資に関係する法律や投資協定など専門的な分野の英語を学べる
  • 不動産投資事業内容に合わせてカスタマイズされたカリキュラムを採用している
  • 自分の今のレベルに合うレッスンを受けてスキルアップを目指せる

不動産関連の英語を学べるオンライン英会話は限られていますので、Bizmates(ビズメイツ)は貴重なスクールです。

Bizmates(ビズメイツ)では定期的にレッスン料金が半額になるキャンペーンが実施されていますので、まずは無料体験に申し込んでみましょう。

 

参考 Bizmates(ビズメイツ)の公式サイトはこちら

 

Bizmates(ビズメイツ)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
オンライン英会話でビジネス英語対策を始めたいならBizmates(ビズメイツ)がおすすめです。Bizmates(ビズメイツ)は格安の料金で、高品質な講師と英語の学習ができますよ。口コミでどのような評判を獲得しているのか、無料体験の前に目を通しておいてください。

 

QQ English(QQイングリッシュ)

QQ English(QQイングリッシュ)

QQ English(QQイングリッシュ)はカランメソッドを提供したり、フィリピンへの留学をサポートしたりしているオンライン英会話!

英語を4倍のスピードで学べるカランメソッドは、QQ English(QQイングリッシュ)の中でも人気のカリキュラムですね。

※オンライン英会話のカランメソッドで期待できる効果は、こちらのページで解説しています。

カランメソッドが受けられるおすすめのオンライン英会話4選!どんな効果が期待できる?
カランメソッドには、英語脳を鍛えたり反射スピードを向上させたりといった効果があります。このカランメソッドはオンライン英会話で受講可能ですよ。どのスクールに入会すれば良いのか迷っている方は、是非一度参考にしてみてください。

QQ English(QQイングリッシュ)が不動産業界に勤めている人に向いているのは、以前に不動産業界を目指す学生のための英会話デモ研修が実施されていたからです。

ここでは、QQ English(QQイングリッシュ)の不動産関係者向けの英会話研修についてまとめてみました。

QQ English(QQイングリッシュ)の不動産関係者向けの英会話研修
実施日時 12月6日(水)・12月14日(木)・12月18日(月)
実施時間 19時から21時まで
受講形式 4名程度のグループレッスン形式で1コマ50分
学べる内容 不動産事業で役に立つ英単語やボキャブラリー

2020年にも英会話研修が行われる可能性は十分にありますので、詳細はQQ English(QQイングリッシュ)の公式サイトで要チェックです。

QQ English(QQイングリッシュ)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
QQ English(QQイングリッシュ)は高品質なオンライン英会話です。資格を持った講師とカランメソッドのレッスンを受けられますよ。ここではQQ English(QQイングリッシュ)のメリット、口コミの評判をまとめてみました。

ベストティーチャー(Best Teacher)

ベストティーチャー

ベストティーチャー(Best Teacher)はビジネス英語対策に向いているオンライン英会話です。

ベストティーチャー(Best Teacher)で、不動産業界の英語に関する職業別プログラムが用意されているわけではありません。

しかし、ビジネス英会話と深く関係するカリキュラムやトピックが多く、仕事の現場で役立つ英語のスキルを伸ばせます。

「英語を書いて話す」という英文添削型のオンライン英会話なのも、ベストティーチャー(Best Teacher)の大きな特徴です。

スピーキング力やライティング力をしっかりと伸ばすことができますので、不動産会社に勤めている人や宅建士の資格をお持ちの方はベストティーチャー(Best Teacher)に入会してみてください。

 

参考 ベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトはこちら

 

ベストティーチャー(Best Teacher)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
ベストティーチャー(Best Teacher)は、英語の4技能をバランス良く鍛えられるオンライン英会話です。ライティング対策にも力を入れているのがメリットですね。実際にレッスンを受けた受講生がどのような口コミの評判を残しているのか見ていきましょう。

 

まとめ

今よりも高い英語力を習得して仕事に活かしたい不動産業界にお勤めの人や宅建士には、Skype(スカイプ)で学べるオンライン英会話がおすすめです。

オンライン英会話に入会すれば、スキマ時間を有効活用してビジネス英語の学習を進められますよ。

Bizmates(ビズメイツ)やQQ English(QQイングリッシュ)は、不動産業界の英語学習にピッタリのスクールですので、まずは無料体験で試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました