【口コミや評判は?】English Source(イングリッシュソース)のメリット4つとデメリット4つを徹底解説!

English Source(イングリッシュソース)の基本情報

イングリッシュソース

English Source(イングリッシュソース)の基本情報
スクール名 English Source(イングリッシュソース)
運営会社 Asia Stars
スクール開校日 2008年6月
本社の住所 不明
入会金(初期費用) 無料
料金プラン 月額定額コース(平日毎日):月額5,000円
ポイントコース:4レッスン2,400円、8レッスン4,800円、16レッスン9,600円
レッスン単価(最安値) 250円
支払い方法 クレジットカード決済・銀行振込
レッスン方法 マンツーマンレッスン
レッスン時間 25分間
必要機器 パソコン・スマホ・ヘッドセット・WEBカメラ・Skype
教材費 市販テキストは有料
レッスン予約 レッスン開始3時間前まで
レッスンキャンセル レッスン開始6時間前まで
無料体験 1回の無料体験レッスンあり

English Source(イングリッシュソース)は、2008年の6月からサービスを提供している老舗のオンライン英会話です。

実績や経験豊富なフィリピン人講師が在籍していますので、初心者でも英語がわからない人でも安心!

この記事ではEnglish Source(イングリッシュソース)のメリットやデメリット、口コミや評判の情報をまとめました。

参考 English Source(イングリッシュソース)の公式サイトはこちら

オンライン英会話のEnglish Source(イングリッシュソース)のメリット4つを徹底解説!

僕はIELTSやTOEFLのスコアを伸ばしたいと考えています。でも中々スキルアップできなくて…。

そんな君にはオンライン英会話のEnglish Source(イングリッシュソース)がおすすめだよ。

English Source(イングリッシュソース)はどんなスクールなんですか?

実績が豊富なフィリピン人講師と資格試験対策ができるオンライン英会話だね。歴史あるスクールだから信頼できるよ。

English Source(イングリッシュソース)は、上記の4つのメリットを持つオンライン英会話スクール!

「サービス開始から10,000人以上の生徒に利用されている」「クラス数は200,000以上で、日本・韓国・中国に展開している」「IELTSだけで月800のレッスンが提供されている」と確かな実績を残していますね。

英語圏の学位を持っている専門家の講師と資格試験対策を受けたい方にEnglish Source(イングリッシュソース)はおすすめです。

English Source(イングリッシュソース)に入会する前に、他のオンライン英会話と違うメリットを詳しく見ていきましょう。

1:月額定額コースとポイントコースの2つの料金プランから選択OK!

料金

English Source(イングリッシュソース)の料金は他のスクールと比べてどうですか?

格安とは言えないけど、2種類の料金プランから自由に選択できるよ。

料金プラン レッスンの回数 料金 有効期限
月額定額コース 平日毎日(20回) 月額5,000円 1ヵ月
ポイントコース 4回~16回 2,400円~9,600円 3ヵ月

English Source(イングリッシュソース)は様々な受講生が自分のペースで英語を学習できるように、上記の2つの料金プランを採用しています。

平日毎日受講しても1ヵ月当たりの料金は5,000円ですので、English Source(イングリッシュソース)はかなり安いですね。

月額定額制だと忙しくて中々オンライン英会話のレッスンを受けられない人は、マイペースで英語を学習できるEnglish Source(イングリッシュソース)のポイントコースを選びましょう。

※英語の学習が毎日できない人に向いているオンライン英会話はこちら!

英語の学習が毎日できない人におすすめのオンライン英会話3選!
「仕事で忙しいから英語の学習は毎日できない・・・」と悩んでいる方はいませんか?そのような人には、週末プランや回数プランが用意されたオンライン英会話がおすすめです。ここでは3つのオンライン英会話を紹介していますので、スクール選びの参考にしてみてください。

2:TOEFLやIELTSなどの資格試験の対策に特化したコースを用意!

TOEFL

English Source(イングリッシュソース)はフリートークだけではなく、TOEFLやIELTSなどの資格試験の対策に特化したコースでレッスンを受けられるのが強みです。

※TOEFLやIELTSの特徴やおすすめのオンライン英会話についてはこちら!

TOEFL対策でオンライン英会話を使う3つのメリットとおすすめのスクール5選!
オンライン英会話の中には、TOEFL対策のレッスンが可能なスクールがあります。オリジナルテキストや市販教材を使い、スコアアップを目指すレッスンが可能です。どのオンライン英会話でTOEFL対策ができるのか参考にしてみてください。
IELTS(アイエルツ)対策でオンライン英会話が向いている3つの理由とおすすめのスクール4選!
オンライン英会話の中には、IELTS(アイエルツ)の対策ができるスクールがあります。英語の4つの技能が必要な難しい資格試験ですが、スコアアップは不可能ではありません。ここではIELTS(アイエルツ)対策でおすすめのオンライン英会話を4つ紹介していきます。

TOEFLとIELTSは英語の資格試験の中でも代表的で、高得点を取るには次のスキルを伸ばさないといけません。

  • 一貫性(Fluency and Coherence)
  • 語彙力(Lexical Resource)
  • 文法の知識と精度(Grammatical Range and Accuracy)
  • 発音(Pronunciation)

オンライン英会話のEnglish Source(イングリッシュソース)では、アカデミックなコンテンツが記載されたテキストを使ってスピーキングに特化して学べます。

独自のテキストを使い、TOEFLとIELTSのスコアを伸ばすレッスンを受講できる仕組みです。

独学では中々スコアアップが難しい資格試験ですので、English Source(イングリッシュソース)の専用カリキュラムを利用してみてはいかがでしょうか。

3:日本語テキストを使った初心者向けレッスンやフリー会話も可能!

日本語

English Source(イングリッシュソース)のコースやカリキュラムは資格試験対策だけですか?

いや、英語の学習を始めたばかりの初心者向けのレッスンも用意されているよ。

オンライン英会話のEnglish Source(イングリッシュソース)では、日本語のテキストを使った初心者向けのレッスンも用意されています。

担当の講師は日本語を話すことができませんが、次の2つのわかりやすいテキストを使って英語の学習OK!

  • 東京書籍の『ミライ系NEW HORIZONでもう一度英語をやってみる』
  • NHK出版の『千夏の青春ストーリーで学ぶ 伝わる英会話70表現』

どちらの教材もネット通販のAmazonを経由して購入する形になります。

※オンライン英会話とAmazonで販売されているテキストを併用して英語を学習した方が良い理由はこちら!

オンライン英会話との併用に向いている学習教材10選!Amazonで購入できる?
オンライン英会話のレッスンで満足するのではなく、英語の学習教材と併用するのは選択肢の一つですね。ここでは英会話教材の選び方やおすすめのテキスト、オンライン英会話と併用する際の注意点について解説しています。

日本語の解説を参考にしながら予習や復習を組み合わせれば、楽しく英語の学習を継続できるでしょう。

また、他のオンライン英会話と同じように、English Source(イングリッシュソース)も自由に英語を話すフリー会話のコースがありますので安心してください。

4:オフィス勤務のフィリピン人講師と学べる!

オフィス

前に無料体験を受けたオンライン英会話はネット回線が不安定でした。

確かにスクールによっては音声トラブルが起こるね。だけどEnglish Source(イングリッシュソース)のフィリピン人講師はオフィス勤務だから安心だよ。

快適な環境でオンライン英会話を使って英語を勉強したい方に、English Source(イングリッシュソース)はおすすめのスクールです。

それは在籍しているフィリピン人講師がオフィスからレッスンを提供しているのが理由で、次の3つのメリットがありますよ。

  • 通信環境やネット回線が安定していて快適に受講できる
  • 講師が仕事モードでちゃんとしている
  • 何かトラブルが起きても迅速に対応してくれる

オンライン英会話の受講でSkypeの音声によるトラブルが引き起こされるケースは少なくありません。

しかし、フィリピン人講師を1つのオフィスに集めてレッスンを配信しているEnglish Source(イングリッシュソース)は、在宅ベースのスクールよりも通信環境が安定しやすいのです。

また、English Source(イングリッシュソース)には今までに英語を教えてきた経験を持つ品質の高い講師が在籍しています。

English Source(イングリッシュソース)の講師

English Source(イングリッシュソース)の講師

在籍している講師の経歴や自己紹介に関しては、English Source(イングリッシュソース)の公式サイトの講師一覧ページをご覧になってください。

参考 English Source(イングリッシュソース)の講師一覧

English Source(イングリッシュソース)で英語を学習する4つのデメリット…

デメリット

資格試験の対策をしたい人にEnglish Source(イングリッシュソース)は良さそうですね。

そうなんだけど、大手のオンライン英会話と比べるとデメリットが大きいよ。

English Source(イングリッシュソース)の4つのデメリット…
  • 1レッスン600円と料金が高めに設定されている(ポイントのまとめ買いでも割引されない)
  • 在籍しているフィリピン人講師の数があまりにも少なすぎる
  • 開講している時間帯が短くて希望の日時にレッスンを受けられない
  • 用意されているオリジナルテキストの数が少ない

他のオンライン英会話と比較してみると、English Source(イングリッシュソース)には上記の4つのデメリットあり…。

レッスン料金や講師の人数、テキストの種類など総合的に判断すると、お世辞にも高品質なオンライン英会話とは言えません。

実際にメールや電話で問い合わせてみても、English Source(イングリッシュソース)から連絡が来ないこともありますよ。

サポート体制の悪いオンライン英会話でレッスンを受けるのはよろしくありませんので、大手のスクールのDMM英会話がおすすめ!

DMM英会話は問い合わせのレスポンスがとても早いサポート体制が充実したオンライン英会話です。

1回のレッスン料金も163円~と格安ですので、まずはDMM英会話で2回の無料体験を受けてみてください。

参考 DMM英会話の公式サイトはこちら

【口コミや評判はどう?】DMM英会話のメリット・デメリットを全解説!
DMM英会話は大手のオンライン英会話スクールです。在籍している講師の数やカリキュラムの豊富さなど、たくさんの強みやメリットがあります。DMM英会話に入会しようか迷っている方は、口コミや評判についてチェックしておきましょう。

English Source(イングリッシュソース)の口コミや評判はどう?

イングリッシュソースの口コミ

ここでは、実際にEnglish Source(イングリッシュソース)のレッスンを受けた人の口コミや評判の情報を紹介しています。

「他のオンライン英会話と比べてどうなの?」と疑問を抱えている方は参考にしてみてください。

English Source(イングリッシュソース)の良い口コミや評判

イングリッシュソースはレッスンまでの流れがスムーズで簡単でした。「通話ソフトのダウンロード」⇒「スクールへの入会」⇒「無料レッスンの予約」と3ステップです。無料レッスンで講師がとても熱心だとわかりましたので、イングリッシュソースを続けていこうと思います。

TOEFLの対策レッスンを受けられるスクールはないかな~と探していて、English Source(イングリッシュソース)を見つけました。半年間に渡る受講で70点以上を取得できましたので、とても満足しています。
English Source(イングリッシュソース)で良い先生と出会えたお陰で、かなり英会話がものになってきました。海外旅行で実践してコミュニケーションが取れると自信がつきました。フリー会話も楽しいので、このまま継続していくつもりです。

Skypeによるマンツーマンレッスンでは、自分が納得のいくまで文法の間違いを修正してくれます。チャットを使って丁寧に説明してくれる講師が多く、フィリピン系スクールの中でもEnglish Sourceの品質は高いですよ。

English Source(イングリッシュソース)の悪い口コミや評判

やっぱりマイナーなオンライン英会話はダメだな。いかんせん講師の数が少なすぎるし、俺がレッスンを受けた時は慌ただしくて忙しい雰囲気が無理だったよ。そろそろ潰れる可能性もあるからEnglish Source(イングリッシュソース)はやめておいた方が良いぞ。
通学型のグループレッスンとは違い、マンツーマンのEnglish Source(イングリッシュソース)に恥ずかしさは特にありません。平日に毎日受講していましたが、もっと安くて品質の良いオンライン英会話を見つけたので乗り換えることにします。
English Source(イングリッシュソース)は先生が少数のオンライン英会話なので、あまり予約を取ることができないですよ。自分が希望する時間帯に受講できないのは残念で仕方ありません。
イングリッシュソースは初心者の生徒にはあまり向いていません。親身になってレッスンを提供してくれる姿勢は認めますが、担当の講師が日本語で一切コミュニケーションを取れないのは辛いですね。

まとめ

オンライン英会話のEnglish Source(イングリッシュソース)のメリットやデメリットについておわかり頂けましたか?

マイナーなスクールですが、TOEFLやIELTSなど資格試験のスコアアップに特化したレッスンを受講できますよ。

English Source(イングリッシュソース)が自分に合っているのか迷っている方は、無料体験レッスンを受けて判断してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました