DMM英会話のレッスンの無断欠席はNG!事前にキャンセルをしよう!

DMM英会話のレッスンの無断欠席はNGです!

レッスンの無断欠席はNG

DMM英会話のレッスンをキャンセルせずに無断欠席したらどうなりますか?

 

特にペナルティはないよ。だけど確実にスクールや講師に迷惑がかかるからNGだね!

オンライン英会話は、基本的にWeb上で事前予約をしてからレッスンを受ける形になります。

大手のスクールのDMM英会話でも、「マイページでレッスンを予約する」⇒「時間になったら受講する」というシステムが採用されていました。

※事前予約がいらない予約不要のオンライン英会話スクールは以下のページで紹介しています。

 

直前予約OK!予約不要のオンライン英会話3選!
オンライン英会話の中には直前予約ができたり、予約不要だったりというシステムを取り入れたスクールがあります。「いちいちレッスンを予約するのが面倒」という方におすすめですね。ここでは予約不要のオンライン英会話を3つ紹介しています。

 

しかし、DMM英会話でレッスンを予約したは良いものの、次の理由で無断欠席してしまう人は少なくありません。

  • 予約したレッスンの日時を勘違いしていた
  • オンライン英会話のレッスンを完全に忘れていた
  • どうしても外せない急用が入ってしまった
  • 残業で帰宅が遅くなって時間が過ぎてしまった

予期しない予定が入ってスケジュールが変わるのは忙しい学生や社会人であれば普通ですので、これは仕方がないでしょう。

DMM英会話では無断欠席が続いたとしても、受講生に対してペナルティを課すことはありませんよ。

※無断欠席によるペナルティがない点では、DMM英会話だけではなく他のオンライン英会話も一緒です。

 

オンライン英会話のレッスンのキャンセルはスクールで違いあり!無断欠席でペナルティは発生する?
急用や体調不良で予約したオンライン英会話のレッスンを受けられない時に、「どうすれば良いのか?」と疑問を抱えている方はいませんか?どのスクールでも基本的にマイページからキャンセルの処理ができます。ここでは、無断欠席した際のペナルティの有無についてもまとめました。

 

それでも、DMM英会話のレッスンを無断欠席するのはNGです。

「仕方がないじゃないか」と考えている方はいますが、あなたがレッスンを無断欠席すると次のように他の人に迷惑がかかります。

  • レッスンを担当している講師は時間前に待機している
  • 他の受講生の予約コマ数が1つ減ってしまう

DMM英会話では大丈夫ですが、連絡もせずに何度も休むような状況が続くと、悪質ないたずらや妨害だとみなして利用停止といった処分を設けているオンライン英会話もありました。

ペナルティがないとしても、オンライン英会話のレッスンは無断欠席せずに事前キャンセルをすべきですね。

 

DMM英会話のレッスンを受けられない時は事前にキャンセルしよう

レッスンのキャンセル

DMM英会話のレッスンを受けられないな~という時はどうすれば良いですか?

 

パソコンやスマホでマイページにログインして早めにキャンセルしよう!

予定が変わって予約したレッスンが受けられなくなるのは仕方がありませんので、無断欠席せずに事前にキャンセルをしましょう。

DMM英会話ではパソコンだけではなく、スマホを使って簡単にレッスンのキャンセルが可能です。

以下では、DMM英会話のレッスンをキャンセルする方法や大まかな流れをまとめてみました。

  1. メールアドレスとパスワードを入力してマイページにログインする
  2. 画面上には既に予約しているレッスンが表示されている
  3. キャンセルしたいレッスンを選んで詳細を表示させる
  4. 一番下の「レッスンをキャンセル」をクリックする

たったこれだけでレッスンのキャンセルができますので、決して難しい手続きではありませんよ。

キャンセルであれば絶対にペナルティは発生しませんし、無断欠席のように担当の講師や他の受講生に迷惑がかかることもないのです。

ホームページのマイページからボタン1つで手続きできますので、「今日はちょっと受けられないかも・・・」という時は面倒臭がらずにDMM英会話のレッスンをキャンセルしてください。

 

参考 DMM英会話の公式サイトはこちら

 

DMM英会話の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
DMM英会話は大手のオンライン英会話スクールです。在籍している講師の数やカリキュラムの豊富さなど、たくさんの強みやメリットがあります。DMM英会話に入会しようか迷っている方は、口コミや評判についてチェックしておきましょう。

 

DMM英会話のキャンセルは何分前まで?

何分前

DMM英会話では2014年の5月に、レッスンキャンセル可能時間の大幅な変更がありました。

今までは授業が始まる1時間半前までにキャンセルの手続きが必要だったのですが、今は30分前までOKだと条件が緩められています。

「何分前までキャンセルをすれば良いの?」と疑問を抱えている方は、30分前までに手続きをして大事なレッスンが無駄にならないようにしましょう。

レッスンの無断欠席やキャンセル可能時間が過ぎると、授業を受けた扱いになりますので注意が必要です。(毎日1レッスンプランに入会している人の場合は、もうその日のレッスンを受けられない)

もし、締め切り時間を過ぎてからDMM英会話のレッスンを受けられないことが分かった場合は、Skype(スカイプ)を使って担当の講師に次のメッセージを送りましょう。

 

日本語 英語
すいません、レッスンを受けることができなくなりました。 Sorry,I was not able to take a lesson.
今日は残業が入りレッスンを受講できません。 I’m sorry I can’t attend your class today for my over work.
今日は突然トラブルが発生しレッスンを受講できません。 I’m sorry I can’t attend your class today because I suddenly encountered some trouble.

 

何も言わずに無断欠席をするよりも、一言添えた方が良い印象を講師に与えられます。

担当講師のSkype名は、「マイページにログイン」⇒「受けられなくなったレッスンを選択」⇒「レッスンの詳細ページ」という手順で確認可能です。

 

DMM英会話は30分前までにキャンセルすればペナルティは無し!再予約も可能!

DMM英会話のキャンセルにペナルティ無し

DMM英会話はレッスンをキャンセルした後に再予約できますか?

 

30分前までにマイページから手続きをすれば、その日のレッスンは消滅しないよ。

上記でも説明しましたが、DMM英会話は30分前までにキャンセルすればペナルティはありません。

ペナルティがないだけではなく、マイページで再予約も可能ですね。

再予約の方法は通常のレッスンの予約と一緒で、パソコンやスマホがあれば簡単に手続きできます。

※DMM英会話でレッスンを予約する時のコツやタイミングについては、以下のページで詳しくまとめました。

 

DMM英会話でレッスンを予約する時のコツやタイミング
DMM英会話は、レッスン15分前まで予約ができる融通の利くオンライン英会話です。しかし、受講生から高い評価を得ている人気講師の場合、予約できないケースも少なくありません。そこで、ここではDMM英会話のレッスン予約のコツやタイミングについて徹底解説しています。

 

他のオンライン英会話スクールと比較してみると、DMM英会話は予約やキャンセルの条件が緩いのが特徴です。

無断欠席をしても何度キャンセルしてもペナルティは発生しませんので、気軽にレッスンを受けて英語学習を継続できるのではないでしょうか。

もちろん、無断欠席が多すぎると担当の講師や他の受講生に大きな迷惑がかかりますので、30分前までに忘れずにキャンセルの処理をしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました