オンライン英会話スクールでクーリングオフは適用される?

クーリングオフの制度とは?

クーリングオフの制度とは?

クーリングオフとは、消費者であるあなたに与えられた契約を解除する制度を指します。

一般的に一度結んだ契約に関して、「やっぱりやめておきます」と自分の都合で解除することはできません。

しかし、次のように該当するサービスであれば、消費者が頭を冷やす期間として一定のクーリングオフが設けられています。

  • 訪問販売や訪問購入、アポイントメントやキャッチセールスは8日間
  • 語学教室やエステサロン、パソコン教室や結婚紹介サービスは8日間
  • マルチ商法(連鎖販売取引)は20日間
  • 内職やモニター契約(業務提供誘引販売)は20日間

消費者が不意な訪問販売を営業マンから受けて契約してしまったり、マルチ商法などリスクの高い取引を結んでしまったりした際にクーリングオフが適用されて無条件で契約を解除できる仕組みですね。

 

オンライン英会話スクールでクーリングオフは適用されるの?

無料通話ソフトのSkype(スカイプ)を使って英語のレッスンを受けられるオンライン英会話スクールで、クーリングオフが適用されるのか疑問を抱えている方はいませんか?

確かに、「何となく良さそうだと感じたから契約したけど、やっぱり自分には合わなそう・・・」と感じて契約を解除したいと考えている方はいます。

しかし、原則的にオンライン英会話スクールではクーリングオフの制度が適用されません。

なぜオンライン英会話でクーリングオフが適用されないのか、考えられる理由を幾つか挙げてみました。

  • 法律上で定められている特定商取引法上の特定継続的役務提供に該当しない
  • 店頭販売や通信販売(インターネット上の買い物)は自分の意思でお店に出向いたり気に入った商品を買ったりするため、適用外と定められている
  • 一定期間に渡って契約を解除可能と決めているオンライン英会話がほとんどない

ネットショッピングでは「○○日以内であれば返品下」「○○日以内に連絡すれば返金できる」と定められていますが、これはクーリングオフではなくお店の独断(サービス)ですね。

オンライン英会話でスクールの独自の判断で契約解除ができると設定しているところは少ないため、有料会員に入会する際は慎重に決めましょう。

 

大人の英会話倶楽部は契約解除や返金対応が可能!

大人の英会話倶楽部は契約解除や返金対応が可能!

どのオンライン英会話に入会するとしても、基本的にクーリングオフの制度は適用されないと頭に入れておかないといけません。

しかし、大人の英会話倶楽部ではお客さんの利便性を考慮して、8日以内であれば契約の解除や返金の対応が可能です。

大人の英会話倶楽部では、英会話のレッスンを受けるに当たって次の2種類の料金プランが用意されています。

  • 購入したコースが自動的に継続する「自動継続プラン」
  • コース1回毎に料金の支払いを行う「スポットプラン」

どちらの料金プランも、「ライトコース」「スタンダードコース」「プレミアムコース」と複数のコースから選択できますので、自分のスケジュールに合わせた英語学習が可能ですよ。

どの料金プランに加入したとしても、大人の英会話倶楽部のお問い合わせフォームからカスタマーサポートに連絡することで8日以内は契約解除できます。

生徒のことを一番に考えているオンライン英会話ですので、スクール選びで迷っている方は大人の英会話倶楽部を選んでみてください。

 

クーリングオフがなくてもオンライン英会話には無料体験あり!

大人の英会話倶楽部以外のオンライン英会話では、クーリングオフのような制度はありません。

その代わりに、ほぼ全てのオンライン英会話スクールで無料体験が用意されています。

無料体験の回数に関してはスクールによって違いがあるものの、有料会員に入会する前にこのような感じで自分に合うのかどうか判断できるのです。

  1. 無料会員に登録して2回や3回の無料体験レッスンを実際に受けてみる
  2. 無料体験はフリートークを受けたりテキストを使ったりと自由度が高い
  3. 「このスクールは良さそう!」と感じたら有料会員に入会する

「無料体験を受けてから○○日以内に有料会員にならないといけない」といった決まりは特にありません。

無料体験がクーリングオフのような制度と一緒だと考えることができますので、オンライン英会話は皆さんが想像している以上に安心して受けられますね。

通学型のオンライン英会話と比較して遥かに安い料金で英語の学習ができるのも魅力的なポイントですので、当サイトのトップページのランキングで入会するスクールを決めてみてください。

 

オンライン英会話の比較・ランキング<2018年版>

 

コメント