ビジネス英語対策にベストティーチャーが向いている3つの理由を徹底解説!

ビジネス英語対策にベストティーチャー(Best Teacher)が向いている3つの理由を徹底解説!

ビジネス英語

どうせ英語を勉強するなら将来のためにビジネス英語を習いたいです。

そんな君にはオンライン英会話のベストティーチャー(Best Teacher)が向いているよ!

ビジネス英語を学び始めたい方には、上記の3つの理由でベストティーチャー(Best Teacher)がおすすめ!

数多くのスクールの中でも、ベストティーチャー(Best Teacher)はビジネス英語の対策に向いているオンライン英会話です。

英語を学習するに当たり、次の目標を持っている方はいませんか?

  • 日常会話だけではなく一歩進んだ学習がしたい
  • グローバルな企業に勤めているからスキルアップを図りたい
  • 外資系企業に就職したいと考えている
  • 転職を成功に導くためにアピールポイントを増やしたい

独学にしてもオンライン英会話を利用するにしても、何か目標を持って取り組むのは大事ですね。

※オンライン英会話で目標を立てた方が良い理由はこちら!

オンライン英会話で目標を立てた方が良い理由!正しい立て方4つはこれだ!
オンライン英会話のレッスンで伸び悩んでいる方はいませんか?そのような人は英語学習の道筋が決まっていないからです。スキルアップを目指すには目標設定が大事ですので、正しい目標の立て方をこちらのページで確認してみてください。

ビジネス英語を学習して就職や転職など仕事に役立てたいのであれば、自宅でも外出先でも自由に学べるオンライン英会話が向いています。

このページでは、ベストティーチャー(Best Teacher)のビジネス英語のレッスンについて詳しくまとめてみました。

通常コースではビジネス英会話と深く関係するトピックが多い!

英語のトピック

ベストティーチャー(Best Teacher)はビジネス英語専門のカリキュラムが用意されているんですか?

ビジネス専門のコースはないけど、通常コースの中にビジネス英会話のトピックが含まれているよ。

ベストティーチャー(Best Teacher)のカリキュラム!
通常英会話コース 1,000以上のシチュエーションの日常英会話を学ぶ
TOEFL iBT対策コース TOEFLのスピーキング対策でスコアアップを狙う
英検対策コース 英検の問題集の中から選抜した問題を解いて合格を目指す
IELTS対策コース スピーキングを中心にIELTSのスコアアップを目指す
TOEIC SW対策コース TOEICのスピーキングとライティングを鍛えてスコアアップを狙う
TEAP対策コース TEAPのスピーキングセクションやライティングセクションを勉強する
GTEC CBT対策コース GTEC CBTの受験を考えている人におすすめのコース

オンライン英会話のベストティーチャー(Best Teacher)では、上記のコースやプランから自分に合うものを選んで英語の学習ができます。

「ビジネス英語専門のカリキュラムはないじゃん」と感じている方はいますが、通常英会話コースの中にビジネス英会話と深く関係するトピックが数多く用意されていますので安心!

具体的にどのようなトピックやテーマがベストティーチャー(Best Teacher)の通常英会話コースで取り入れられているのか、いくつかの例を挙げてみました。

  • 自社で取り扱うサービスや商品に関する説明をする
  • 自分の上司の人柄を友人へと分かりやすく説明する
  • クライアントから部長へと取り次ぐ電話を保留にする
  • 電話で取り引き先へとアポイントを取ってみる
  • 部下に仕事を手伝ってくれたことを感謝する
  • 同僚へと営業目標を達成できたことをチームリーダーとして感謝する
  • 会議やプレゼンテーションで発表者に質問をしてみる
  • 上司に今週の売上報告や先月の損益を伝える
  • 顧客に対して提案書に関する説明を分かりやすく行う
  • ビジネスメールやEメールの添削を依頼する

このページで全てのトピックを紹介することはできないものの、ビジネスの世界で役立つシチュエーションで英語を学習できます。

お好きなテーマを自分で選んでWritingレッスンで会話文を作成し、実際にSkypeレッスンで講師と話し合うのがベストティーチャー(Best Teacher)での学習の大まかな流れです。

ただ講師と好きな話題についてフリートークを行うオンライン英会話ではなく、「ライティング」⇒「添削」⇒「スピーキング」と体系立てていますよ。

ベストティーチャーのレッスン

ベストティーチャー(Best Teacher)でレッスンを受ければビジネスシーンで役立つ英語をしっかりと学べますので、一度無料体験を試してみてください。

 

参考 ベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトはこちら

 

ベストティーチャー(Best Teacher)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
ベストティーチャー(Best Teacher)は、英語の4技能をバランス良く鍛えられるオンライン英会話です。ライティング対策にも力を入れているのがメリットですね。実際にレッスンを受けた受講生がどのような口コミの評判を残しているのか見ていきましょう。

ライティングレッスンでビジネス英語を学べる

ベストティーチャー(Best Teacher)のライティングレッスンって一体何ですか?

自分が書いた英文を担当の講師に添削してもらうことで、より適切な文法やフレーズを学べるよ。

上記の項目でも軽く解説しましたが、ベストティーチャー(Best Teacher)がビジネス英語対策に向いているスクールなのは、ライティングレッスンを採用しているからです。

ライティング対策に力を入れているオンライン英会話は限られていますので、ベストティーチャー(Best Teacher)は貴重なオンライン英会話と言っても過言ではありません。

ベストティーチャー(Best Teacher)のライティングレッスンの流れは次の4ステップ!

 

①レッスンスタート時の講師の会話に自分の英文で返信する

ライティングレッスン

 

②最大5往復まで担当の講師と英文のやり取りを行う

ライティングレッスン

 

③最後の返信が終わった後に講師があなたの文章を添削してくれる

ライティングレッスン

 

④音声を聞いて正しい英語の言い回しや発音を確認する(MP3でダウンロードOK)

ライティングレッスン

 

ビジネスメールを書く時にはライティング力が物を言いますので、ベストティーチャー(Best Teacher)の専用のレッスンは実に効果的ですね。

ビジネス経験が豊富なネイティブ講師が中心

ビジネス経験が豊富なネイティブ講師が中心

ビジネス経験が豊富なネイティブ講師が中心で構成されているのも、ベストティーチャー(Best Teacher)でビジネス英語を効率良く学べる理由の一つ!

オンライン英会話はアメリカ人や日本人ではなく、フィリピン人を講師として採用することで人気を集めました。

人件費の安さや英語力の高さでフィリピン人が採用されているものの、「アルバイトの大学生だから教え方が下手」「ビジネス英語に関する知識は皆無」「訛りがちょっと酷いかも」という意見が出ています。

もちろん、ネイティブスピーカーでも人によっては訛りがありますので、英語を教わる上でそこまで重要ではありません。

しかし、ベストティーチャー(Best Teacher)の講師は企業で働いた経験を持ち、更に正しい知識や発音を持ったネイティブが中心です。

ただ講師の人数を増やすだけではなく、ベストティーチャー(Best Teacher)は下記のように採用プロセスやトレーニングも徹底しています。

  1. ベストティーチャー(Best Teacher)は世界50ヵ国から講師を集めている
  2. 応募が合った人の中からTESOLやTEFLなどの資格を持っているかどうかで書類審査を行う
  3. 実際に面接を行った後に生徒との模擬レッスンを受けてもらう
  4. 正式に採用された後は継続的に添削内容や返信内容のフィードバックを行う
  5. ベストプラクティスを共有して講師マニュアルの理解度を確認する

少しでも講師の質を高める努力をしていますので、ネイティブ講師在籍のオンライン英会話でビジネス英語を学びたい方はベストティーチャー(Best Teacher)を選びましょう。

まとめ

ベストティーチャー(Best Teacher)は、ビジネス経験を持つネイティブ講師が在籍しているオンライン英会話です。

優秀な講師とビジネスシーンで役立つトピックでレッスンを受けることができますので、ベストティーチャー(Best Teacher)はビジネス英語対策に向いています。

「講師の人数は900人以上」「24時間レッスンOK」といった点も魅力的ですので、オンライン英会話選びで迷っている方はベストティーチャー(Best Teacher)に入会してみてください。

 

参考 ベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました