TOEFL対策でオンライン英会話を使う3つのメリットとおすすめのスクール5選!

TOEFLとはどのような資格試験なの?

TOEFLとはどんな資格試験?

TOEFLって日本ではあまり有名ではないですよね?どのような英語の試験なんですか?

TOEICとは違って、TOEFLは「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能の英語力が求められる資格試験だよ。

TOEFLは英語の資格試験の中でも世界的に有名で、TOEICと並んで数多くの人が受験しています。

※TOEIC対策におすすめのオンライン英会話スクールはこちら!

オンライン英会話でTOEIC対策を始める4つのメリットとおすすめのスクール5選!
TOEIC(トーイック)で高得点を取りたいなら、オンライン英会話がおすすめです。専門のテキストやカリキュラムが用意されたスクールは増えていますよ。ここではTOEIC対策におすすめのオンライン英会話を4つ紹介していますので、「どこが良いの?」と悩んでいる方は参考にしてみてください。

TOEFLは「Test of English as a Foreign Language」の略称で、英語を母国語としない人々のスキルや能力を図る試験として1964年に登場しました。

アメリカ合衆国のNPOの米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)が提供していて、テストや試験は日本でも受験できますよ。

ただ英語の学習をしているだけではどのくらいスキルが伸びているのか判断するのが難しいため、スコアとして明確にわかる資格試験を受けてみるのは選択肢の一つ!

 

TOEFLで高得点を取得する5つのメリット!

TOEFLで高得点を取得する5つのメリット!
  • 世界的に知られている英語の試験でステータスのアップに繋がる
  • 英語を話す上で必要な4つの技能が総合的にアップした証拠となる
  • アメリカやイギリスの大学へと留学する際に必要となる
  • 得点が高ければ高いほど就職や昇進で有利に働きやすい
  • TOEICよりも英語力がしっかりと反映される

社会人だけではなく、大学入試のためにTOEFLの勉強している高校生も増えています。

幅広い年齢層の方がTOEFLの試験を受験しているのは、高得点を取ることで上記の5つのメリットがあるからですね。

リスニング力やリーディング力、スピーキング力やライティング力など全ての英語スキルが必要ですので、高得点を取れれば英語のエキスパートという何よりの証明になります。

もちろん、初心者が簡単にスコアアップを目指せるほど甘い試験ではありませんので、地道な学習でTOEFL対策を続けてみてください。

 

オンライン英会話でTOEFL対策を始める4つのメリット!

オンライン英会話でTOEFL対策を始めるメリットをまとめてみた

オンライン英会話でTOEFL対策のレッスンを受けることができますか?

スクールの中にはTOEFL対策専用のコースやカリキュラムを用意しているところがあるよ!

独学で専用のテキストや参考書を使い、TOEFLで高得点を取る対策をしている方は少なくありません。

独学でもスコアアップはできますが、オンライン英会話を利用してTOEFL対策を始めれば上記の4つのメリットあり!

TOEFL対策のコースやカリキュラムを用意しているオンライン英会話を選べば、講師と一緒に目標スコアの到達を目指せますよ。

「TOEFLのスコアを上げて将来に活かしたい!」「独学でチャレンジしてみたけど結果が出ない…」という方は、オンライン英会話の魅力についてチェックしておきましょう。

 

1時間200円~500円と格安の料金でTOEFL対策ができる!

料金

オンライン英会話でTOEFL対策を始める一番のメリットは、お金が全くかからないところ!

1レッスン当たり100円台のスクールも多く、1時間に換算すると200円~500円で英語の学習ができます。

もし通学型の英会話教室でTOEFL対策の授業を受けるとなると、1時間のレッスンで5,000円以上は支払わないといけません。

※オンライン英会話と通学型の英会話教室の比較についてはこちら!

オンライン英会話と通学型の英会話教室を6つの項目で徹底比較!
このページでは、オンライン英会話と通学型の英会話教室を比較しています。どちらも講師から英語を教わることができますが、メリットとデメリットに大きな違いがあります。どちらを受講して英語を学習するのが良いのか迷っている方は、是非一度参考にしてみてください。

金銭的な負担を抑えてTOEFLのスコアを上げたいのであれば、Skype(スカイプ)で受講するオンライン英会話がおすすめです。

 

実際に会話しながら授業を進めることでスピーキング対策に繋がる!

TOEFLのスコアアップで必要なスキルは何ですか?

英語の4つの技能全てが大事だよ。スピーキング対策に繋がるからオンライン英会話を利用した学習がおすすめだね。

TOEFLのiBT試験の出題形式は、次の4つのセクションにわけられています。

TOEFLの試験 試験時間 出題される問題
Reading(リーディング)セクション 60分~80分 3~4パッセージの長文問題が12問~14問
Listening(リスニング)セクション 60分~90分 講義の問題が各6問、会話の問題が各5問
Speaking(スピーキング)セクション 20分 Independent tasksが2問、Integrated tasksが4問
Writing (ライティング)セクション 50分 Integrated taskとIndependent taskが1題ずつ

英語のリスニングやリーディングに加えて、TOEFLのテストではスピーキング力も問われますね。

オンライン英会話は実際に会話をしながら授業が進められますので、TOEFLのスピーキング対策にピッタリ!

参考書を使った独学でスピーキング対策を行うのは難しいため、オンライン英会話のレッスンを受けるのが効率の良い方法なのはおわかり頂けるでしょう。

 

1対1のマンツーマンで自分の長所を伸ばして短所を克服するレッスンが可能!

長所と短所

一般的なオンライン英会話では、1対1で授業が進められるマンツーマンレッスンが採用されています。

グループレッスンを取り入れているオンライン英会話は少ないのが現状で、自分の目的や目標に合う英語学習が可能です。

つまり、オンライン英会話では自分の長所を伸ばして短所を克服するレッスンを受けられます。

TOEFLでスコアアップを目指すには、得意な分野を伸ばすのに加えて、苦手な分野を克服する対策を続けないといけません。

その授業を効率良く受けられますので、オンライン英会話を利用してTOEFL対策を始める方が増えました。

 

自分の好きなタイミングでTOEFL対策の学習ができる!

オンライン英会話ってレッスン時間は決められていますか?

スクールで違いがあるけど、早朝から深夜まで幅広く受講できるよ。

自分の好きなタイミングでレッスンを受けられるのは、オンライン英会話でTOEFL対策を始めるメリット!

現在では24時間に渡っていつでも自由に受講できるオンライン英会話が増えていますよ。

※24時間に渡って開講しているオンライン英会話をお探しの方はこちらのページをチェック!

【早朝から深夜まで!】24時間レッスンOKのオンライン英会話5選!
「早朝に受けたい」「深夜しか時間がない」という方には、24時間いつでもどこでも受講できるオンライン英会話がおすすめです。オンライン英会話の中には24時間開講しているスクールがありますので、選び方の参考にしてみてください。

お仕事で忙しい方は、中々TOEFLの学習の時間を確保することができません。

しかし、オンライン英会話はちょっとしたスキマ時間にもレッスンを受けられますので、自分のペースで資格試験のスコアを上げる勉強を継続できるわけです。

 

TOEFL対策におすすめのオンライン英会話スクール5選!

TOEFL対策のレッスンを受けたいのですが、どのオンライン英会話に入会すれば良いですか?

このページで紹介している5つのスクールは、TOEFL対策専用のコースやカリキュラムが用意されているよ。

スクール名 月額料金 講師の質 オリジナル教材の質 総合評価
DMM英会話
DMM英会話
6,480円~ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
mytutor(マイチューター)
mytutor(マイチューター)
5,980円~ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆
ベストティーチャー
ベストティーチャー
3,800円~ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆
レアジョブ
レアジョブ
4,200円~ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
English Live
English Live
6,100円~ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆

TOEFLは日本でも主流の英語の資格試験ですので、オンライン英会話のレッスンで対策できるようになりました。

上記の5つのスクールは、TOEFL対策におすすめのオンライン英会話!

オリジナルの問題集を使ったり専用のカリキュラムを取り入れたりと、TOEFLのスコアアップをサポートしてくれますよ。

オンライン英会話の選び方で迷っている方は、こちらのページを参考にしてみてください。

 

DMM英会話

DMM英会話

TOEFLの試験対策と聞き、「難しいのでは?」「レベルが高いのでは?」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、大手のオンライン英会話のDMM英会話で実施されているTOEFL iBTスピーキングは、基本的なスキルを学習する初級者向けの教材!

TOEFLのスコアアップを目指したい初心者にピッタリのテキストですので、初めて勉強に取り組む方にもおすすめですよ。

以下では、DMM英会話のTOEFL iBTスピーキングにどのような特徴があるのかまとめてみました。

  • 出版社提携教材の「TOEFLスピーキングの上級のためのスキルのマスター方法」を使ったカリキュラムで、DMM英会話の生徒であれば無料で使用できる
  • TOEFLのスピーキングテストの最新バージョンに登場する基礎的なスキルを学べる
  • リスニングや意見表現を中心とするアクティビティも含まれている
  • 自分の意見を英語で伝えるディスカッションスキルを向上できる

実践的な表現やディスカッションスキルを学ぶことで、TOEFLのテストを効率良く準備できます。

TOEFL iBTスピーキング(基礎)とTOEFL iBTスピーキング(上級)の2つのオリジナルテキストが用意されていますので、是非一度使ってみてください。

 

参考 DMM英会話の公式サイトはこちら

 

【口コミや評判はどう?】DMM英会話のメリット・デメリットを全解説!
DMM英会話は大手のオンライン英会話スクールです。在籍している講師の数やカリキュラムの豊富さなど、たくさんの強みやメリットがあります。DMM英会話に入会しようか迷っている方は、口コミや評判についてチェックしておきましょう。

 

mytutor(マイチューター)

mytutor(マイチューター)

資格試験の対策カリキュラムを中心的に取り扱うmytutor(マイチューター)では、TOEFL iBT対策コースが用意されています。

他のオンライン英会話で用意されているTOEFLのカリキュラムと、mytutor(マイチューター)の専門コースの違う点は次の4つ!

  • 専門インストラクターとの担任制のレッスンで目標スコアを一緒に目指す
  • TOEFLを熟知した講師が社内研修で更にブラッシュアップしている
  • 1日の受講回数に制限はないのでテストの日程が迫っていても安心
  • 「基礎練習」「類似問題形式トレーニング」「時間管理」「読解テクニック」など細かくセクションが分かれている

スピーキングとライティングではカリキュラムが異なりますので、両方を受けるには別途で費用を支払わないといけません。

その代わりにmytutor(マイチューター)は講師担任制のオンライン英会話ですので、自分のレベルや目標に合うレッスンを提供してくれます。

在籍講師のレベルも非常に高いので、オンライン英会話のmytutor(マイチューター)でTOEFL対策を始めてみてください。

 

参考 mytutor(マイチューター)の公式サイトはこちら

 

【口コミや評判はどう?】mytutor(マイチューター)のメリット・デメリットを全解説!
mytutor(マイチューター)は、資格試験の対策レッスンに力を入れているのが大きなメリットです。TOEICやTOEFLのスコアを上げたい人に向いているオンライン英会話だと言って良いでしょう。ここでは、mytutor(マイチューター)の口コミや評判の情報を紹介していますので、どんなスクールなのか参考にしてみてください。

 

ベストティーチャー(Best Teacher)

ベストティーチャー(Best Teacher)

ベストティーチャー(Best Teacher)でもTOEFL対策専門のカリキュラムが選択可能で、海外の大学や海外MBAを目指す方から評判です。

※MBA留学の準備コースが用意されたオンライン英会話はこちら!

MBA留学の準備コースが用意されたオンライン英会話3選!
「MBAの資格を取得したい!」と考えている方はいませんか?海外のビジネススクールに入学するにはそれなりに高い英語力が必要ですので、MBA留学の準備コースが用意されたオンライン英会話がおすすめです。ここでは3つのスクールの特徴や強みをまとめました。

ベストティーチャー(Best Teacher)のTOEFL iBT対策コースに申し込むことにより、次の参考書に記載されている問題を元に講師とスコアアップに繋げる授業が受けられます。

  • 旺文社の『TOEFL(R)テストスピーキング問題110 改訂版』
  • 旺文社の『TOEFL(R)テストライティング問題100 改訂版』

専用の参考書でWritingパートやSpeakingパートをこなし、英語を書き取るスキルと話すスキルの両方を習得するイメージですね。

更にベストティーチャー(Best Teacher)で用意された既存の1,000以上のシチュエーション別レッスンを受けられるのも、他のオンライン英会話にはないメリットなのではないでしょうか。

海外留学を特色にしている中学校や高校に通っている10代の若者も、今後のためにベストティーチャー(Best Teacher)のTOEFL iBT対策コースを受講してみてください。

 

参考 ベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトはこちら

 

ベストティーチャー(Best Teacher)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
ベストティーチャー(Best Teacher)は、英語の4技能をバランス良く鍛えられるオンライン英会話です。ライティング対策にも力を入れているのがメリットですね。実際にレッスンを受けた受講生がどのような口コミの評判を残しているのか見ていきましょう。

 

レアジョブ

レアジョブ

レアジョブはオンライン英会話の中で、在籍している講師数やレッスン提供数でナンバーワンのスクールです。

このスクールでは資格試験の対策を効率良く行いたい方のために、TOEFLスピーキングレッスンが取り入れられました。

レアジョブで実施されているTOEFLスピーキングレッスンの特徴は次の4つ!

  • 講師が質問を出して生徒が15秒で考え、45秒で答える形式のレッスン
  • 質問の内容は身近な内容に関する「Personal Preference」と、掲示された選択肢から選ぶ「Choice」の2種類
  • TOEFL iBTのスピーキングパートの対策にピッタリ
  • TOEFLスピーキングレッスンに対応した講師を一覧から選んで予約する

TOEFL iBTのスピーキングパート対策を行うことで、短い時間で自分の意見や主張を論理的に伝えられるようになります。

スピーキング力だけではなくリーディング力の向上にも繋がりますし、スコアアップのためには欠かせません。

レッスン終了後には講師からのフィードバックを得られるオンライン英会話ですので、レアジョブの授業と自宅での復習を組み合わせてTOEFLのスコアを伸ばす努力をしましょう。

 

参考 レアジョブの公式サイトはこちら

 

レアジョブの強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
レアジョブは日本を代表とするオンライン英会話です。レッスン料金が安かったり受講生へのサポートに気を配っていたりと、様々な強みやメリットがありますよ。ここではレアジョブの口コミや評判の情報をまとめていますので、入会する前の参考にしてみてください。

 

EnglishLive(イングリッシュライブ)

EnglishLive(イングリッシュライブ)

EnglishLive(イングリッシュライブ)も、TOEFL対策におすすめのオンライン英会話スクール!

「TOEFLで目標コースを取りたい!」と考えている受講生のために、EnglishLive(イングリッシュライブ)ではTOEFL対策コースを取り入れています。

他のオンライン英会話と違い、EnglishLive(イングリッシュライブ)のTOEFL対策コースにどのような特徴があるのか見ていきましょう。

  • 最初の英語力診断テストでリスニングとリーディングをチェックする
  • 60のスピーキング・エクササイズと20のライティング・エクササイズでスコアアップを目指す
  • 本番の試験に備えた模擬テストを受験できる

弱点克服と強化すべき点を見極めながら効率良く学習を進めることができますので、EnglishLive(イングリッシュライブ)も選択肢の一つに加えてみてください。

 

参考 EnglishLive(イングリッシュライブ)の公式サイトはこちら

 

EnglishLive(イングリッシュライブ)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
EnglishLive(イングリッシュライブ)は、ネイティブ講師と受講できるオンライン英会話です。世界中の講師と一緒に、プライベートレッスンやグループレッスンを受けられます。入会しようか迷っている方はEnglishLive(イングリッシュライブ)の口コミや評判の情報をチェックしておきましょう。

 

TOEFLの特徴は?TOEICとの違いをチェック!

TOEICとTOEFL

TOEICとTOEFLは名前が似ていますが、テストの違いはあるのですか?

試験やテストの本質や求められるスキルなど、TOEICとTOEFLはたくさんの違いがあるよ。

資格試験 TOEIC TOEFL
試験の目的 社員の英語スキルを重視する外資系企業や大手企業の海外事業部で求められる 海外留学のための試験で教育機関の入学の基準として用いられている
試験問題数 計200問 計36問~56問
試験時間 リスニングテスト45分・リーディングテスト75分 4つのセクションの合計で約4時間~4.5時間
試験形式 紙とペンを使うマークシート方式の一斉試験 チェックインの順番で受験できるパソコンを使ったiBT試験
スコアが必要な場面 大学の単位認定・就職活動・転職活動・海外赴任 海外(主に米国)の大学への留学や入学
難易度 ★★★☆☆ ★★★★★

TOEFLとTOEICは文字が似ていますので、「同じような英語の資格試験なのではないか?」と考えている方は多いのですが、上記のように試験の形式や目的で違いがあります。

闇雲に英語の資格試験を受験するのではなく、自分の目的や目標に合わせてTOEICが良いのかTOEFLにするのか決めないといけません。

名称が似ていても試験やテストの本質は大きく異なりますので、TOEICとは違うTOEFLの特徴を見ていきましょう。

  • 「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能を身に付けていないと高得点は難しい
  • TOEICよりも実践的なコミュニケーションスキルが求められる
  • 教育機関の入学や卒業の基準として用いられている
  • アカデミックな内容のテストで海外で不自由なく生活を送るために必要
  • TOEICの試験時間が2時間なのに対してTOEFLは4~4.5時間と長い

TOEICにはないライティングのセクションもTOEFLでは用意されていますので、同じ英語の資格試験でも対策の方法は変わりますよ。

同じような勉強をしていても高得点を取得するのは難しいため、TOEICにはTOEICのTOEFLにはTOEFLの専門的な対策をすべきですね。

TOEFLのテストは難しいからこそチャレンジのしがいがありますし、欧米やフィリピンの留学で必要になりますので受験してみる価値は十分にあります。

どちらにしても、英語の資格試験の対策はオンライン英会話で行えますので、お好きなスクールに入会してみましょう。

 

まとめ

英語の4つの技能が必要なTOEFLは、TOEICよりも難しい資格試験です。

「中々スコアが伸びないな~」「高得点を取りたいな~」と考えている方は、オンライン英会話を利用してみましょう。

TOEFL対策のコースやカリキュラムが用意されたオンライン英会話では効率良くスコアアップを目指せますので、ゆっくりと自分のペースで学習してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました