オンライン英会話をレッスン料金の支払い方法で比較

オンライン英会話をレッスン料金の支払い方法で比較しよう

オンライン英会話をレッスン料金の支払い方法で比較しよう

オンライン英会話のレッスン料金の支払いは基本的にクレジットカード決済ですよね?

 

クレジットカード決済がメインのスクールは多いけど、他の支払い方法が選択できるオンライン英会話もあるよ。

 

例えばどのような支払い方法ですか?

 

PayPal払い(ペイパル)や銀行振込だね。ここではオンライン英会話をレッスン料金の支払い方法で比較しているよ!

オンライン英会話で英語のレッスンを受けるに当たり、当然のように料金を支払わないといけません。

一定の料金を支払ってレッスンを受講する点では、下記のように月額定額制も都度購入制も一緒です。

  • 毎月一定額を支払う月額定額制
  • その都度チケット料金を支払う都度購入制
  • 最初に決められたポイントを購入する方法

料金システムはスクールで違いがあるものの、一定額の費用を支払い続ける形になります。

そこで、以下ではオンライン英会話のレッスン料金の支払い方法別で、どのようなメリットとデメリットがあるのか比較してみました。

どのオンライン英会話に入会するにしても支払い方法は確認しておく必要がありますので、スクール選びの参考にしてみてください。

 

クレジットカード決済

クレジットカード決済

オンライン英会話のレッスン料金の代表的な支払い方法は何ですか?

 

それはクレジットカード決済だね。だけど使えるブランドはスクールで違いがあるよ!

オンライン英会話のレッスン料金を支払うに当たり、クレジットカード決済は最もオーソドックスです。

近年では実店舗の買い物でもインターネット通販を利用した買い物でも、クレジットカードを使っている方が多いのではないでしょうか。

オンライン英会話ではどのスクールでもクレジットカード決済は可能で、他の支払い方法とは違ったメリットをまとめてみました。

  • 1ヵ月単位で決められたレッスン料金の支払いができる
  • 1ヵ月ごとの引き落としなのでいちいち手続きする必要がない
  • 自動での引き落としであれば支払い忘れる心配が一切ない
  • 振り込み手数料を負担しなくて済む(お店側が支払ってくれる)

自動で引き落としされたり手数料を負担せずに済んだりと、クレジットカード決済はメリットの大きな支払い方法ですよ。

クレジットカードを作るために審査に通過しないといけないデメリットはあるものの、既に持っている方はオンライン英会話のレッスン料金の支払いで活用しない手はありません。

「スクールに入会してみたは良いものの自分に合わなかった」「1ヵ月限りで今のスクールを辞めたいと考えている」といった状況でも、最初の1ヵ月目で簡単に退会や解約ができますので、オンライン英会話を継続するのかどうか分からない人にもおすすめです。

大手のオンライン英会話のレアジョブでは、「Visa」「MasterCard」「JCB」「American Express」「Diner’s Club」といったブランドのクレジットカードが使用できます。

インターネット上で手続きを行うだけですので、どのスクールに入会しようか迷っている方は一度レアジョブで無料体験を受けてみてください。

 

参考 レアジョブの公式サイトはこちら

 

レアジョブの強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
レアジョブは日本を代表とするオンライン英会話です。レッスン料金が安かったり受講生へのサポートに気を配っていたりと、様々な強みやメリットがありますよ。ここではレアジョブの口コミや評判の情報をまとめていますので、入会する前の参考にしてみてください。

 

PayPal払い(ペイパル)

PayPal払い(ペイパル)

クレジットカードと似ていますが、オンライン英会話ではPayPal(ペイパル)を使ってレッスン料金を支払うことができます。

PayPalは米最大級のオークションサイトのeBay(イーベイ)が運営していて、「支払いを代行してくれるサービス」と説明すると分かりやすいのではないでしょうか。

オンライン英会話での支払いで説明すると、スクールと利用者の間にeBay(イーベイ)が入って料金の支払い代行を提供してくれる仕組みです。

レアジョブやラングリッチ、産経オンライン英会話など多くのスクールでPayPalは利用可能で、どのようなメリットがあるのかまとめてみました。

  • 大手のブランドだけではなく多種類のクレジットカードが使える
  • クレジットカード決済と意味合いは一緒でポイントは同じように付与される
  • 24時間365日体制で管理されたシステムで支払いが行われるシステムで、スクールへとカードの有効期限や番号など個人情報を教えずに済む

初めて入会するオンライン英会話に、カード番号や有効期限を知られたくないと考えている方は少なくありません。

そんな時にPayPal(ペイパル)は大いに役立つ決済サービスで、安心感や安全性が高いからこそ全世界の人が利用しているのです。

PayPal(ペイパル)の公式サイトにアクセスしてアカウントを登録するだけでOKですので、自分が入会するオンライン英会話がこの支払い方法に対応しているのかどうか確認しておいてください。

※オンライン英会話のレッスン料金をPayPal(ペイパル)で支払うメリットと、おすすめのスクールは下記のページでも説明しています。

 

オンライン英会話のレッスン料金をPayPal(ペイパル)で支払うメリットとおすすめのスクール
「オンライン英会話の支払いはクレジットカードや銀行振込のみ」とイメージしている方はいませんか?しかし、世界的に有名な決済サービスのPayPal(ペイパル)を利用してオンライン英会話の料金を支払うことはできますよ。ここではPayPal(ペイパル)のメリット、おすすめのスクールをまとめました。

 

銀行振込

銀行振込

クレジットカードを持っていない人でもオンライン英会話のレッスンを受けられますか?

 

銀行振込に対応しているスクールはあるから大丈夫だけど、クレジットカード決済と比較するとデメリットは大きいよ。

クレジットカードを持っていない人は、必然的に銀行振込でオンライン英会話のレッスン料金を支払う形になります。

日本は昔から安全ですので、多額の現金を持ち歩いていても危険性が少なく、今現在でもクレジットカードではなく現金で普段の生活の支払いを行う人が多いですよね。

生きていく上でクレジットカードは必須ではないため、所持していなくても不思議な話ではありません。

しかし、オンライン英会話のレッスン料金を支払う上で銀行振込はデメリットが大きく、その理由を詳しく見ていきましょう。

  • 多くのスクールでは3ヶ月分のレッスン料金を先払いしなければならない
  • 振り込みの際に発生する手数料は生徒側が負担するシステム
  • 自動で引き落としされるわけではないので手続きが増える

1ヵ月単位での決済ではなく、3ヶ月単位で決済されるのが非常に厄介なポイントです。

初月で辞めても残りの2ヵ月分の料金は自分の銀行口座に返金されますが、振込手数料や事務手数料は差し引かれてしまいます。

わざわざ銀行に足を運ぶのも面倒ですので、クレジットカードを持っている人にとって銀行振込を選択するメリットは特にないですよ。

 

コンビニ決済

コンビニ決済

オンライン英会話の中では非常に少ないのですが、コンビニ決済に対応しているスクールは幾つかあります。

セブンイレブンやファミリーマートなど主要のコンビニエンスストアで決済できますので、銀行が近くにない人にとってはとても楽です。

下記の3つのオンライン英会話は、コンビニ決済に対応しています。

  • DMMポイントをチャージして支払いが可能なDMM英会話
  • ECCのクオリティのレッスンを受けられるECCウェブレッスン
  • ネイティブ講師と学べるバーチャル英会話教室One to One

「クレジットカードを登録しなくても良い」「銀行振込でまとめて支払う必要がない」という2つが大きなメリットで、クレジットカード決済も銀行振込も選択したくない人におすすめです。

以下のページではコンビニ決済ができるオンライン英会話について更に詳しく説明していますので、一度参考にしてみてください。

 

コンビニ決済ができるオンライン英会話3選!
「クレジットカードを持っていないけどオンライン英会話のレッスンを受けられるの?」と疑問を抱えている方はいませんか?そのような人のために、ここではコンビニ決済に対応しているスクールを3つ紹介しています。オンライン英会話選びの参考になれば幸いです。

 

まとめ

以上のように、オンライン英会話はスクールによって支払い方法に違いがあることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

「クレジットカード決済」「銀行振込」「ペイパル払い」「コンビニ決済」など、様々な方法で料金を支払ってレッスンを受けられます。

オンライン英会話の選び方で料金やカリキュラムは重要ですが、支払い方法でも比較してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました