コンビニ決済ができるオンライン英会話3選!

オンライン英会話のレッスン料金の支払い方法は?

オンライン英会話のレッスン料金の支払い方法は?

オンライン英会話のレッスン料金の支払いはクレジットカード決済ですよね?

 

確かにクレジットカードを使う人が多いけど、銀行振込や後払いに対応しているスクールもあるよ。

オンライン英会話のレッスンを受けるに当たり、料金をどう支払えば良いのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

多くのオンライン英会話では、先払いや後払いで料金を支払ってからレッスンを受ける形になります。

採用されている支払い方法はスクールで異なりますので、以下では代表的な決済のやり方をまとめてみました。

  • Paypal(ペイパル):電子メールとネットを使った決済サービスのPaypalを使う
  • クレジットカード:クレジットカードを使った決済でオーソドックスな方法
  • 銀行振込:銀行口座や指定ゆうちょ口座へと指定された金額を振り込む
  • 口座振替:銀行口座など指定した口座から毎月自動的に引き落としされる
  • コンビニ決済:主要のコンビニエンスストアで決済できる
  • 電子マネー決済:「WebMoney」「BitCash」「NETCASH」など幾つかのサービスがある

Amazonや楽天市場など通販サイトで買い物をした経験のある方であれば、オンライン英会話の支払いもほとんど一緒ですので迷う心配はないですね。

18歳以上の成人であれば、多くの人が1枚のクレジットカードを持っています。

  • 国内外旅行傷害保険などのサービスを充実させる
  • 提携する企業のサービスに特化した特典を得られる
  • 1枚をなくしてしまった際にもう片方を使える
  • 海外旅行先での利用可能店舗数が大幅に増える

こんなメリットを得るために複数枚のクレジットカードを持っている方も多く、1枚のカードさえあれば誰でも気軽に英語の勉強に取り組めるのがオンライン英会話のメリットです。

※下記のページでは、オンライン英会話のレッスン料金の支払い方法でスクールを徹底比較しています。

 

オンライン英会話をレッスン料金の支払い方法で比較
オンライン英会話のレッスン料金は、「クレジットカード決済」「銀行振込」「PayPal(ペイパル)」「コンビニ決済」とスクールによって支払い方法が違います。それぞれの支払い方法にどのようなメリットとデメリットがあるのか、オンライン英会話の選び方で迷っている方は比較の参考にしてみてください。

 

コンビニ決済ができるオンライン英会話スクール3選!

料金

コンビニ決済ができるオンライン英会話があると聞いてビックリしました。

 

全体的に見ると数は少ないけど、クレジットカードを持っていない人におすすめのスクールだね!

オンライン英会話のレッスン料金の支払いでは、Paypal(ペイパル)やクレジットカードが代表的な方法です。

しかし、現在では少ないながらもコンビニ決済ができるスクールが登場し始めました。

コンビニ決済ができるオンライン英会話にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • クレジットカードを持っていなくても入会して受講できる
  • セブンイレブンやファミリーマートで決済できるため、わざわざ銀行に行かなくて良い
  • 食事の買い物のついでにオンライン英会話の支払いを済ませることができる

家や会社の近くなど支払い場所はコンビニであればどこでも自由で、「クレジットカードはあまり使いたくない」と考えている方にもピッタリですね。

以下ではコンビニ決済が可能なオンライン英会話スクールを3つ紹介していますので、選び方の参考にしてみてください。

 

DMM英会話

DMM英会話

大手のオンライン英会話のDMM英会話では、クレジットカードや銀行振込に加えてコンビニ決済が選択できます。

「ありとあらゆる生徒が受講できる便利なスクールを目指したい」という思いで、豊富な支払い方法を用意しているのではないでしょうか。

DMM英会話では他のスクールとは少しシステムが異なり、DMMポイントをチャージしてポイントでレッスン料金を支払う仕組みになっています。

DMMポイントのチャージ方法は下記のように様々で、コンビニの利用はその一つです。

  • コンビニ支払い
  • 銀行振込
  • ケータイ払い
  • ウェブマネー
  • SUICA
  • 楽天ポイント
  • DMMプリペイドカード

「クレジットカードを持っている人はPayPal」「電子マネーサービスを利用したい人はビットキャッシュ」「手軽に支払いたい人はコンビニ」と、個人のライフスタイルに合わせて変えられます。

※DMM英会話のレッスン料金の支払いで使えるDMMポイントについては下記のページで詳しくまとめました。

 

DMM英会話の支払い方法は?DMMポイントが便利!
DMM英会話の支払い方法は、基本的にクレジットカード決済かDMMポイントか選ぶ形になります。オンライン英会話の多くはクレジットカード決済ですが、DMM英会話はDMMポイントでの支払いがおすすめです。DMMポイントは色々な方法でチャージできますので、詳しい使い方を見ていきましょう。

 

決済方法が多彩であれば英語の学習は少しでも長く続けやすくなりますので、DMMポイントが採用されたDMM英会話を選択肢の一つに入れてみてください。

 

参考 DMM英会話の公式サイトはこちら

 

DMM英会話の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
DMM英会話は大手のオンライン英会話スクールです。在籍している講師の数やカリキュラムの豊富さなど、たくさんの強みやメリットがあります。DMM英会話に入会しようか迷っている方は、口コミや評判についてチェックしておきましょう。

 

ECCウェブレッスン

ECCウェブレッスン

自宅でECCクオリティのレッスンを受けられることで、数多くのスクールの中でもECCウェブレッスンは高い評判を獲得しています。

ECCウェブレッスンでどのような支払い方法が採用されているのか見ていきましょう。

  • クレジットカード:一括払いのみでVISAやJCBなど様々なブランドから選択できる
  • コンビニ振込み:申込日から14日以内が支払い期限で手数料は無料
  • 銀行振り込み:同じく支払い期限は14日以内で手数料は自己負担

コンビニ決済では手数料が発生しないため、銀行振込を選択するメリットはほとんどありませんね。

支払い方法が多彩なのに加えて、ECCウェブレッスンでは日常英会話やビジネス英会話、こども英会話や中学生英会話など様々なコースが用意されていますので、自分に合うカリキュラムを見つけて英語の学習を進めてみてください。

 

ECCオンラインレッスンの強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
ECCオンラインレッスンは、ECCが運営しているオンライン英会話です。独自のソフトを使い、自宅で英語や中国語、韓国語やフランス語のレッスンを受けられます。ECCオンラインレッスンがネットでどのような口コミの評判を獲得しているのかまとめてみました。

 

バーチャル英会話教室One to One

バーチャル英会話教室One to One

バーチャル英会話教室One to Oneは、ネイティブ講師やバイリンガル講師とマンツーマンでレッスンを受けられるオンライン英会話です。

以前まではバーチャル英会話教室で採用されていたのはグループレッスンでしたが、受講生の要望に応えて1対1でも受講できるようになりました。

※ネイティブ講師が在籍しているオンライン英会話をお探しの方は、こちらのページも要チェックです。

 

ネイティブ講師が在籍しているおすすめのオンライン英会話4選!
「正しい英語の発音を身に付けたい!」という方には、ネイティブ講師が在籍しているオンライン英会話がおすすめです。アメリカ人やイギリス人などのネイティブスピーカーとレッスンを受けることができますので、スクール選びの参考にしてみてください。

 

このスクールではクレジットカードやネットバンキングに加えて、コンビニ決済を選択できます。

クレジットカードをお持ちでない方でもコンビニ決済で料金を支払い、ネイティブ講師と品質の高いレッスンを受けられるという仕組みです。

ただし、コンビニ決済が利用できるのは必要に応じてポイントを購入できる都度購入プランのみで、毎月11,880円を支払って120ptが付与される月額定額プランには対応していません。

バーチャル英会話教室One to Oneでは上記の2種類の料金プランから選択できますが、月額定額プランに加入予定の方はコンビニ決済以外の方法で支払いましょう。

 

まとめ

以上のように、オンライン英会話のレッスン料金の支払いはクレジットカードだけではありません。

セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニで決済ができるスクールも増えています。

しかし、コンビニ決済が可能なオンライン英会話は少ないので、大手のDMM英会話に入会して英語の学習を継続してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました