レアジョブの鉄道会社向けレッスン!おもてなし英語応対コースとは?

レアジョブの鉄道会社向けレッスン!おもてなし英語応対コースについてまとめてみた

レアジョブの鉄道会社向けレッスン

接客業で働く人は英語を学習した方が良いのですか?

 

外国人の観光客が多いならおもてなし英語を学ぶべきだね。

 

どこかおすすめのオンライン英会話はありますか?

 

レアジョブではおもてなし英語応対コースが用意されているよ。鉄道会社向けレッスンだけど、接客業の人にも役立つね。

オンライン英会話のレアジョブでは、受講生が効率良く英語を学習できるように様々な取り組みを行っています。

2018年の5月30日には、鉄道会社向け英会話レッスンのおもてなし英語応対コースがスタートしました。

鉄道会社に勤めるに当たって英語力は大事で、その理由を幾つか見ていきましょう。

  • 現在では都心部を中心に外国人の観光客が増えている
  • 海外の人から行き先について尋ねられることが多い

外資系企業とは違って英語力が必須ではないものの、ある程度コミュニケーションが取れるような状態だと仕事に活かすことができますよ。

その鉄道会社で使う英語を学ぶ際に、レアジョブのおもてなし英語応対コースがおすすめです。

接客業とは少し意味合いが違いますが、たくさんの外国人観光客が日本を訪れている昨今では英語スキルが役立ちます。

※接客業の人におすすめのオンライン英会話スクールはこちらのページをチェック!

 

接客英語を学ぶメリットとおすすめのオンライン英会話3選!
ここでは、接客英語を学べるオンライン英会話を3つ紹介しています。実際に講師とコミュニケーションをとるオンライン英会話は、接客英語の学習に効果的ですよ。どのスクールに入会すれば良いのか、選び方の参考にしてみてください。

 

レアジョブのおもてなし英語応対コースは、「Edtechzine」「EdtechMedia」「鉄道チャンネル」で紹介されました。

他のコースとは違って、具体的にどのようなカリキュラムなのか解説していきます。

  • 業界に特化した英語の表現を短期間で学ぶことができる
  • 鉄道の駅係員様の接客に必要な英単語やフレーズを学習できる
  • シチュエーションに合わせて駅の構内で外国人を英語でおもてなすことができる
  • eラーニング教材とオンライン英会話を組み合わせて学習効果を高められる

ただ漫然とフィリピン人講師から学ぶだけではなく、eラーニング教材とオンライン英会話の組み合わせて効率良く学べるのがレアジョブのおもてなし英語応対コースの特徴ですね。

鉄道会社に勤めている人にとって実際の接客マニュアルに基づくリアリティな場面設定やシチュエーションは大いに役立ちますので、是非一度レアジョブに登録してみてください。

 

参考 レアジョブの公式サイトはこちら

 

レアジョブの強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
レアジョブは日本を代表とするオンライン英会話です。レッスン料金が安かったり受講生へのサポートに気を配っていたりと、様々な強みやメリットがありますよ。ここではレアジョブの口コミや評判の情報をまとめていますので、入会する前の参考にしてみてください。

 

レアジョブのおもてなし英語応対コースの受講方法

おもてなし英語

レアジョブのおもてなし英語応対コースを受講するにはどうすれば良いですか?

 

一般的なオンライン英会話のレッスンとは違って専用アプリに対応しているよ!

鉄道会社に勤めている方が気軽に英語を学習できるように、レアジョブのおもてなし英語応対コースは専用アプリに対応しています。

以下では、レアジョブのおもてなし英語応対コースの受講方法をまとめてみました。

  1. アプリを起動させてマイページにログインする
  2. 好きなフィリピン人講師を選んで予約する
  3. 時間になったら実際にレッスンを受ける
  4. 授業が終わったらレッスン履歴を確認して復習する

オンライン英会話のレアジョブでは、レッスンが終わった後に効率良く復習できるようにレッスンレポートが用意されています。

オンライン英会話と復習を組み合わせることで効率良く英語力のブラッシュアップができますので、おもてなし英語応対コースを受講している方も積極的に活用していきましょう。

※レッスンレポートがもらえるオンライン英会話スクールについては以下のページでも紹介しています。

 

レッスンレポートがもらえるオンライン英会話スクール3選!
オンライン英会話の中には、レッスンレポートが用意されたスクールがあります。レッスンレポートでは講師からのフィードバックが届きますので、「授業で何を習ったのか?」「今後の英語学習をどう進めれば良いのか?」といった点の把握が可能です。ここでは、レッスンレポートを貰えるオンライン英会話を3つ紹介しています。

 

プログラムの終了後に英語応対能力検定が可能!

英語能力

レアジョブの鉄道会社向けのレッスンでは、駅係員・乗務員の接客に必要な英会話表現を一から学ぶことができます。

オリジナルテキストに沿った学習ができますが、レアジョブのおもてなし英語応対コースはこれだけではありません。

鉄道会社向けレッスンのレアジョブのおもてなし英語応対コースは、プログラムの終了後に英語応対能力検定が可能です。

レッスンを受講して満足するのではなく、英語応対能力検定で今までの学習内容を振り返ることができますよ。

以下では、レアジョブのおもてなし英語応対コースを受けた後に行う英語応対能力検定の詳細をまとめてみました。

  • IBT(Internet-Based Testing)なのでインターネットに接続できる場所であれば、24時間好きなタイミングで受講できる
  • 選択式のリーディング・リスニングテストと、自分の音声を録音するスピーキングテストで構成されている
  • それぞれのテストの得点を「知識」「理解」「応答」の3つの観点で評価して、A~Dで自分のスキルを把握できる

中学終了から高校中級レベルの英語が登場しますが、そこまで難しい試験ではありません。

英語応対能力検定の結果は4段階の評価だけではなく丁寧なコメント付きのレポートで確認できますので、レアジョブのおもてなし英語応対コースが終わった後に受けてみてください。

 

まとめ

以上のように、レアジョブでは他のオンライン英会話にはない取り組みを行っています。

鉄道会社向けレッスンのおもてなし英語応対コースは代表的なカリキュラムですね。

2019年の2月には東海旅客鉄道(JR東海)がレアジョブのおもてなし英語応対コース【鉄道編】を導入していますので、これから鉄道会社で勤務しようと考えている方も積極的に受講してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました