オンライン英会話.COM

【2017年版】オンライン英会話の比較・ランキング

オンライン英会話スクール情報

レアジョブで実施されているスピーキングテストの内容やレベル

レアジョブで実施されているスピーキングテストとは?どんな特徴がある?

レアジョブで実施されているスピーキングテストとは?どんな特徴がある?

オンライン英会話のレアジョブでは、無料お試し会員の時に受けられるレベルチェックテストとは違い、有料会員に向けたスピーキングテストが実施されています。

  • レベルチェックテスト⇒初めて受講する生徒におすすめの教材やカリキュラムを勧めてくれる
  • スピーキングテスト⇒客観的なスコアで個人のスピーキング力を測る

上記のように異なり、スピーキングテストは言わばレアジョブが作ったオリジナルテストです。

日頃のレッスンを毎日のように受けていても、「本当に英語力が上がっているのか?」と不安を抱えている方は少なくありません。

そんな人のために用意されたカリキュラムで、レアジョブの代表的なレッスンとも言えます。

以下ではレアジョブのスピーキングテストの特徴についてまとめていますので、受講を考えている生徒は一度チェックしておいてください。

 

英語力を測りたい人におすすめ!

英語力を測りたい人におすすめ!

レアジョブのスピーキングテストは、英語力を測りたい人におすすめのカリキュラムです。

  • TOEICやTOEFLでは分からない英語力を測定したい
  • どのくらいレベルアップしたのか知りたい
  • 定期的に英語学習の目安として受け続けたい

このような生徒にピッタリで、レアジョブの有料会員へと登録した人だけが受講できます。

オンライン英会話での受講レッスン数が90回を超えると、飛躍的にスコアの伸びが期待できることが分かりました。

しかし、英語力の伸びには個人差があり、正確に確かめるには0~300点の点数で客観的にスコア化できるスピーキングテストが役立ちます。

 

6つのセクションの内容や問題で構成されている

「試験内容は難しいのではないか?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

とは言え、あらかじめ内容を把握していればスピーキングテストの対策に繋がり、以下の6つのセクションの問題で構成されています。

 

セクション 内容 問題数 回答時間 課題
Section.1 自己紹介 全1問 30秒 与えられたテーマについて説明する
Section.2 文章音読 全5問 10秒 指定された短い英文をリーディングする
Section.3 質問応答 全5問 10秒 身近な質問内容に対して回答する
Section.4 状況説明 全1問 60秒 地図を見て目的地まで案内する
Section.5 写真描写 全1問 60秒 写真を見て詳しく描写する
Section.6 ストーリー要約 全1問 60秒 短いストーリーの英語の内容を要約する

 

問題が出されて直ぐに回答しなければならないわけではなく、しっかりと準備時間を用意してくれますので安心です。

 

2種類の受験形態からお好きな方法を選択できる

色々な生徒が受けられるように、レアジョブのスピーキングテストは以下の2種類の受験形態からお好きな方法を選択できます。

  • ブラウザを使った自動音声の「自動音声&Webブラウザ」(24時間受験可能)
  • 試験官による通話形式の「試験官&Skype」(オンラインでの事前予約制)

予約不要でいつでも好きな時に受験してスコアをチェックしたいのであれば、自動音声スピーキングテストが良いでしょう。

ただし、この環境に対応していない人は受講できないため、マイページから予約して試験官とのスカイプレッスンを受けてください。

 

英語力を6つの角度から総合的に判定してくれる

レアジョブのスピーキングテストが英語学習の目標設定に役立つのは、英語力を6つの角度から総合的に判定してくれるからです。

具体的にどんな項目で英語のスキルをチェックできるのか見ていきましょう。

  • 伝える力:自分の言いたいことを明確に伝えられるか
  • 発音:正しい発音やイントネーションで話せているか
  • 文章構成:正しい文法を使ってフレーズを構成できているか
  • 文法:英語の初歩的な文法を使えているか
  • 理解する力:速い文章を頭で理解したり処理したりできるか
  • 流暢さ:英語を流暢に話すことができているか

これらの点を判断し、TOIECのように0~300点と明確なスコアを出してくれます。

同じスピーキング力でもそれぞれ判定結果が異なり、「得意分野を伸ばす」「苦手分野を克服する」と今後のレッスンの受け方や課題の設定に役立つのは間違いありません。

 

テスト結果によってTOEICの参考スコアやレベルが分かる

テスト結果によってTOEICの参考スコアやレベルが分かる

レアジョブのスピーキングテストの採点は、3名の試験官と1名の品質管理責任者の最大4名で行われています。

判定のバラつきの最小化に取り組んでいて、他のオンライン英会話で実施されているスピーキングテストとの大きな違いです。

受験し終った後に自分で英語力を把握するだけではなく、下記の図のようにテスト結果によってTOEICの参考スコアやレベルが分かります。

TOEICの参考スコアやレベル

「自分は150点だったからTOEICの目安スコアは550点~780点なんだ!」と、大まかな目安にできるでしょう。

  • 伝える力は38%
  • 発音は42%
  • 文章構成は38%
  • 文法は40%
  • 理解する力は42%
  • 流暢さは45%

こんな感じで無料のレベルチェックテストの結果よりも遥かに細かく、今後の英語学習の参考にできます。

また、得意不得意の分野が明確に示された後にカウンセリングを受講してカリキュラムの見直しもできますので、具体的なアドバイスをもらってください。

 

レアジョブのスピーキングテストの申し込みからスコアが返却されるまでの流れは?

レアジョブの有料会員であれば、1回当たり2,980円の料金でスピーキングテストが受けられます。

あんしんパッケージ利用者は限定価格の980円と非常に安く、「定期的に受講したい!」と考えている生徒にピッタリです。

以下ではオンライン上で申し込みをしてからスピーキングテストを受験し、スコアが返却されるまでの大まかな流れをまとめてみました。

  1. メールアドレスとパスワードを入力してレアジョブのマイページへとアクセスする
  2. 申し込みをするとスピーキングテスト専用ページにアクセスできる
  3. 自動音声によるスピーキングテストに対応しているのかどうか受講環境をチェックする
  4. 対応環境でない生徒は試験官とのスカイプを予約する(申し込みから37日間まで)
  5. 約30分間で終了するテストをオンライン上で受講する
  6. 試験が終わってから15営業日以内にスコアが返却される
  7. スピーキングテスト専用サイトで結果をチェックできる

受講料金は普段のレッスンと同じように、クレジットカードで決済できます。

「無料体験を受講する」⇒「レベルチェックテストを受ける」⇒「スピーキングテストで最初の実力をチェックする」という使い方もでき、まずはレアジョブの公式サイトで詳細を確認してみてください。

 

レアジョブの評判

 

レアジョブのスピーキングテストは難しい?効果的な対策は?

レアジョブのスピーキングテストが難しいのかどうか、疑問を抱えている方は少なくありません。

実際に受講した人の口コミの評判を見てみると、「セクション2の文章音読が難しい」という意見がありました。

  • 指定された短い英文を音読する
  • 発音やイントネーションをチェックされる
  • 計5問で構成されている

セクション2には上記の特徴があり、馴染みのない英単語やフレーズが出てくるようです。

「自分にはハードルが高いのではないか?」と考えている生徒はいますが、特別な対策は行わなくても良いでしょう。

そもそも、スピーキングテストは高得点を取るために受けなければならないわけではなく、あくまでも自分の英語力をチェックするのが目的となります。

  • あまりにもスコアが低いと恥ずかしいから嫌だ
  • 事前にテスト内容を知って高得点を取りたい

このように考える気持ちは分かるものの、どちらかと言えば何も対策せずにリラックスして受けた方が良いのです。

しかし、通常のレアジョブのレッスンとは大きく異なり、スピーキングテストを担当している試験官は公平性を保つために機械的に対応しています。

「動揺してしまった」「緊張してしまった」という意見がありますので、どうしても不安な方は他の生徒のブログをチェックして試験内容を大まかに把握しておいてください。

-オンライン英会話スクール情報