個人だけじゃない!法人契約も可能なレアジョブ

法人向けのオンライン英会話の特徴とは?

法人向けのオンライン英会話の特徴とは?

オンライン英会話は個人だけじゃなくて法人や会社も利用しているって本当ですか?

 

本当だよ。会社全体でオンライン英会話を導入し、社員の英語力アップを図っている法人は増えているね。

現在では個人だけではなく、法人もオンライン英会話を積極的に利用するようになりました。

下記に該当する企業や会社に、Skypeで受講可能なオンライン英会話が向いています。

  • 全ての社員に対して英語の研修を行いたい
  • ビジネスで活用する英語力を身につけさせたい
  • 社内の公用語を英語にしたい

社員の英語力を高めてグローバル企業を目指す手段として、オンライン英会話はピッタリですね。

以下では、法人向けのオンライン英会話スクールに共通する特徴を幾つか挙げてみました。

  • 多くの社員に対して学習機会を提供してくれる
  • 法人契約することでレッスンの料金が安くなる
  • 法人専用の学習プランが用意されている
  • 社員の英語学習の進捗を管理できる

それぞれの社員が別途でオンライン英会話を利用したり、通学型の英会話教室に通わせたりするよりも遥かに効率的です。

社員全体の英語力の向上を目指すに当たって通学型の英会話教室の利用は不便ですので、一括で管理が可能なオンライン英会話が適しているのは間違いありません。

法人向けのオンライン英会話スクールは以下のページでも説明していますので、参考にしてみてください。

 

法人向けのオンライン英会話3選!
オンライン英会話は個人だけが利用するサービスではありません。現在では法人向けのオンライン英会話も多く、会社や企業が積極的に導入していますよ。どのスクールを利用すれば良いのか迷っている法人は、このページを参考にしてみてください。

 

個人だけじゃない!法人契約も可能なレアジョブに入会しよう

レアジョブ法人

僕にはあまり関係ないのですが、法人契約ができる代表的なオンライン英会話はどこですか?

 

一番有名なのはレアジョブだね。法人の導入実績は何と2,000社を超えているよ。

レアジョブは法人契約も可能な代表的なオンライン英会話で、何も個人の利用だけに適したスクールというわけではありません。

「レアジョブ英会話が日本の英語学習を変えています」という企画がスタートし、2009年に法人向けのサービスが取り入れられてから9年間以上も経過しています。

2019年の1月現在では、何とレアジョブの法人導入実績は2,000社を超えました。

なぜレアジョブがここまで法人から注目されているオンライン英会話なのか、幾つかの理由を見ていきましょう。

  • 2014年6月にマザーズに上場して現在では50万人のユーザー数を抱えている
  • 従来の英語研修と比べてコストパフォーマンスが良い
  • 研修設計や運用ノウハウなどのセミナーが実施されている

多彩なコースと圧倒的な低価格で、同じ予算でもより多くの社員に英語研修を提供できるわけです。

※レアジョブの社員英語研修制度については、下記のページでも詳しく説明しています。

 

社員研修制度が用意されたオンライン英会話4選!
オンライン英会話の中には、社員研修制度が用意されたスクールがあります。社員の英語力を底上げしたい会社にピッタリのサービスですね。どのオンライン英会話で社員に研修を受けさせれば良いのか迷っている方は、こちらのページを参考にしてみてください。

 

どのオンライン英会話と比較してもレアジョブの法人への導入実績はナンバーワンで、「成功する英語研修」というサービスコンセプトに惹かれた会社は多いのではないでしょうか。

レアジョブでは大人数の企業でも状況に応じて成果を実感できるメソッドが取り入れられているため、受講生の99.4%が始めて良かったと回答していますよ。

 

レアジョブを導入している法人を幾つか挙げてみた

レアジョブを導入している法人

オンライン英会話のレアジョブは、下記のように誰でも一度は名前を聞いたことのある法人も導入しています。

  • SMBC三井住友銀行
  • NTTドコモ
  • 関西電力
  • 大阪ガス
  • サイバーエージェント
  • レオパレス21
  • Yahoo!ジャパン
  • 富士通グループ

「レアジョブの英語研修はコスト・時間・効果の全てにおいて優れています」と口コミを残している担当者も多く、確かな信頼を獲得しているのは間違いありません。

 

レアジョブで取り入れられている法人プランの特徴

法人プランの特徴

レアジョブの法人プランは個人で契約してレッスンを受講するのと違いますか?

 

独自のメソッドで研修の設計を強力サポートしてくれるところが大きな違いだね。日常英会話コースとビジネス英会話コースから選べる点では一緒だよ。

レアジョブの法人向け研修では、グローバルな人材を育てる徹底サポートをしてくれます。

「ウチにも導入してみようかな」と考えている企業や担当者は、レアジョブの法人プランの特徴について見ていきましょう。

  • 社員の学習目的に合わせて日常英会話コースとビジネス英会話コースの2種類から選べる
  • 「毎日25分プラン」「毎日50分プラン」「月8回プラン」と複数から選択できる
  • 1回2,980円で社員の英語力の伸びを可視化できるスピーキングテストを導入している
  • カウンセラーによるカウンセリングで社員のモチベーションを維持できる
  • 外国人講師を企業に派遣してオフラインのセッション(グループレッスン)が可能
  • 社員のレッスン内容を把握できる受講モニタリングサービスが用意されている
  • 独自のメソッドで研修の設計を強力にサポートしてくれる

レアジョブは法人研修として魅力的な要素が多く、個人と法人トータルでレッスン数は3,000万回を超えています。

企業がオンライン英会話を導入するに当たり、社員全員のレッスン料金を負担する必要がありますので、「失敗した」と済ませられる金額ではありません。

何が何でも社員の英語力をアップして日々の仕事で活かす必要があるため、確かな実績を持つレアジョブがおすすめですね。

「実際に話を聞いたりセミナーを受けたりしたい!」という法人のために、レアジョブは東京・関西・中部・九州の四拠点で全国をカバーしています。

電話では「03-5778-4310」、メールではレアジョブの公式サイトから資料請求ができますので、オンライン英会話に興味を持っている企業は一度問い合わせてみてください。

 

参考 レアジョブの公式サイトはこちら

 

レアジョブの強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
レアジョブは日本を代表とするオンライン英会話です。レッスン料金が安かったり受講生へのサポートに気を配っていたりと、様々な強みやメリットがありますよ。ここではレアジョブの口コミや評判の情報をまとめていますので、入会する前の参考にしてみてください。

 

レアジョブでの英語研修の例

日本の企業や会社はどのような目的でレアジョブの英語研修制度を取り入れているのですか?

 

法人によって導入目的は違うけど、レアジョブは会社に合わせて徹底サポートしてくれるよ。

レアジョブを導入するに当たり、英語研修のやり方は会社や企業によって違います。

そこで、「どのような方法で社員に英語の学習を提供すれば良いのか?」と疑問を抱えている担当者様は、英語研修の例を確認しておきましょう。

<
  1. 研修前に担当者は社員と打ち合わせを行って目標を擦り合わせる
  2. 受講者から目標をヒアリングして英語レベルなど現状の確認を行う
  3. レアジョブでスピーキングテストを事前受験してレベルを正確に測定する
  4. 研修中は英会話レッスンやオフラインセッションを有効活用する
  5. 受講者のモチベーションを維持するために定期的にカウンセリングを受ける
  6. 研修が終わった後に社員にアンケートを実施する
  7. 目標到達確認やスピーキングテストで英語力の伸びを測定する
  8. 担当者はどれだけの効果があったのか把握し、次のステップに進む

単純にオンライン英会話のレッスンを受ければ良いわけではなく、「目標を設定する」⇒「達成できたのか確認する」という流れが大事ですね。

レアジョブの公式サイトではセミナーの詳細情報が定期的に更新されていますので、資料請求と合わせて参加してみてください。

 

まとめ

以上のように、オンライン英会話の中でも法人向けのスクールであるレアジョブの情報についてまとめました。

「朝6時から深夜1時までいつでも受講できる」「スマホやタブレットで場所を選ばずにレッスンが可能」「毎日マンツーマンでできる」と、レアジョブの法人研修には様々な魅力があります。

企業や会社のためにオンライン英会話レッスンと組み合わせた多彩なソリューションも提供していますので、是非一度レアジョブ英会話を取り入れてみてください。

コメント