プレゼンテーションの対策ができるオンライン英会話4選!

英語でプレゼンテーションができるようになろう

英語でプレゼンテーションができるようになろう

ビジネス英語のスキルを身に付けるには具体的にどうすれば良いですかね?

 

個人の今の英語力で変わるけど、プレゼンテーションのスキルは大事だよ!

外資系企業で働く方はもちろんのこと、一般企業でも近年ではグローバル化による影響で英語でプレゼンテーションをする機会が増えました。

プレゼンテーションの方法は下記のように様々で、「○○○のように行う」とは決められていません。

  • ビジネスの場面で新商品企画を提案する
  • 社内の人間や顧客に対して商品を紹介する
  • 建設設計のコンペを行う
  • 学会で自分の研究発表を行う

しかし、日本語で上手く説明するのですら難しいため、英語でのプレゼンテーションはもっと高いスキルが必要ですね。

スピーキング力やリーディング力など相応の英語力は欠かせませんし、英語のプレゼンテーションで満足のいく結果を残すまで努力が必須だと心得ておいてください。

 

プレゼンテーションの対策ができるオンライン英会話スクール4選!

英語のプレゼンテーションの対策をオンライン英会話でできるって本当ですか?

 

ビジネス英語を学べるオンライン英会話の中には、プレゼン対策が可能なスクールがあるよ。

近年ではオンライン英会話を使い、ビジネス英語を学んで就職や転職に役立てる方が増えました。

※ビジネス英語の対策にピッタリのオンライン英会話はこちらをチェック!

 

ビジネス英語を学べるオンライン英会話を徹底比較!おすすめのスクールは?
このページでは、ビジネス英語の学習ができるオンライン英会話を徹底比較しています。どのオンライン英会話でも、ビジネスシーンに特化した英語を学べるのが特徴ですね。「どのスクールがおすすめなの?」と迷っている方は、是非一度参考にしてみてください。

 

ビジネス英語のカリキュラムやコースが用意されたオンライン英会話の中には、英語のプレゼンテーションの対策ができるスクールがあります。

プレゼン対策でオンライン英会話を利用している受講生は多く、その理由について詳しく見ていきましょう。

  • どのスクールでも基本的に1対1のマンツーマンスタイルが取り入れられている
  • 文法の説明や発音のチェックなどプレゼンに必要なレッスンが受けられる
  • スクールによってはビジネス経験が豊富な講師が数多く在籍している
  • ビジネス英語を学べる専門のカリキュラムを取り入れているスクールが多い

プレゼンテーションは応用的な学習ですので、独学でスキルアップを目指すのは少々無理があります。

その点、オンライン英会話であれば英語の確かな実力を持った講師と1対1で受講できますので、プレゼンテーションのやり方からコツまで幅広く学べるのです。

ここではプレゼンテーションの対策に向いているオンライン英会話を4つ紹介していきます。

 

ベストティーチャー(Best Teacher)

ベストティーチャー(Best Teacher)

ベストティーチャー(Best Teacher)は、日常英会話だけではなくビジネス英語も同時に学べる代表的なオンライン英会話です。

※ベストティーチャー(Best Teacher)で学べるビジネス英語については、こちらのページでも説明しています。

 

ビジネス英語対策にベストティーチャー(Best Teacher)が向いている理由
「ビジネス英語のスキルを身に付けたい」と考えている方はいませんか?そんな人には、オンライン英会話のベストティーチャー(Best Teacher)がおすすめです。このスクールがなぜビジネス英語対策に向いているのか、幾つかの理由を見ていきましょう。

 

他のフィリピン系のスクールとは違い、ベストティーチャー(Best Teacher)は次の流れでレッスンが進められます。

  1. 数多くの決められたテーマやトピックからお好きなものを選ぶ
  2. テーマに沿って自分が話したい内容をWritingレッスンで作成する
  3. Skypeレッスンで実際に講師と英語でやり取りを行う

WritingレッスンとSkypeレッスンを組み合わせるのが特徴で、今現在では下記のように「プレゼンテーションをしてみよう」というシチュエーションのテーマが追加されました。

  • 能力(capabilities)
  • 提案書(solicitation)
  • 仕様書(specifications)
  • 人脈作り(networking)
  • 証拠(testimonials)
  • 幹部(executive)

ビジネスシーンで登場する難しい単語を学びながら、どうすればプレゼンテーションで相手に分かりやすく伝えられるのか身に付けていきます。

単純にフリートークを行うだけではなく、実践的な英語力を身につけられるオンライン英会話ですので、どのようなレッスンなのかベストティーチャー(Best Teacher)の無料体験で確認してみましょう。

 

参考 ベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトはこちら

 

ベストティーチャー(Best Teacher)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
ベストティーチャー(Best Teacher)は、英語の4技能をバランス良く鍛えられるオンライン英会話です。ライティング対策にも力を入れているのがメリットですね。実際にレッスンを受けた受講生がどのような口コミの評判を残しているのか見ていきましょう。

 

mytutor(マイチューター)

mytutor(マイチューター)

オンライン英会話のmytutor(マイチューター)は、TOEICやTOEFLなどの資格試験の対策ができるスクールです。

mytutor(マイチューター)では最新のレッスンカリキュラムとして、TEDで英会話講座も用意されていました。

※TEDを使ったレッスンを受けられるオンライン英会話はこちらのページをチェック!

 

TEDを使ったレッスンを受けられるオンライン英会話3選!
オンライン英会話のレッスンは、市販教材やオリジナルテキストを使った授業だけではありません。世界の著名人が講演しているTEDを使うこともできます。このページでは、TEDを使ったレッスンが可能なオンライン英会話を3つ紹介していますので、スクール選びの参考にしてみてください。

 

ここでは、mytutor(マイチューター)のTEDで英会話講座の流れについて見ていきます。

  1. ライブラリーの中からお好きなTEDトークの動画を選ぶ
  2. おすすめ学習法を参考にして繰り返し覚えていく
  3. ナビゲーション動画で予習を行う
  4. TEDインストラクターの中から講師を選択する
  5. マンツーマンレッスンで自分の意見についてディスカッションする

TEDの映像はクオリティが非常に高く、プレゼンテーションの学習にかなり適しています。

自己学習の教材としても適していますが、実際に講師とやり取りをするオンライン英会話の方が遥かに効果的です。

相手に英語で物事を伝えるプレゼンのスキルを習得したい方は、mytutor(マイチューター)のTEDで英会話講座を受けてみてください。

 

参考 mytutor(マイチューター)の公式サイトはこちら

 

mytutor(マイチューター)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
mytutor(マイチューター)は、資格試験の対策レッスンに力を入れているのが大きなメリットです。TOEICやTOEFLのスコアを上げたい人に向いているオンライン英会話だと言って良いでしょう。ここでは、mytutor(マイチューター)の口コミや評判の情報を紹介していますので、どんなスクールなのか参考にしてみてください。

 

ワールドウィングスター(WORLD WINGSTAR)

ワールドウィングスター

あまり聞いたことがないですが、ワールドウィングスター(WORLD WINGSTAR)はどのようなオンライン英会話ですか?

 

エキスパートな講師と専門のカリキュラムで幅広く英語を学べるスクールだよ。

ワールドウィングスターはインターネットを用いて、プロの講師たちがあなただけのCustom-made One on Oneレッスンを提供してくれるスクールです。

このオンライン英会話の目玉はプレゼンテーションスキルアップコースで、中級レベルの受講生を対象としたカリキュラムになっています。

ビデオとテキストブックの両方を使ってプレゼン能力の向上を図ることが可能で、具体的なカリキュラムの概要について見ていきましょう。

  • プレゼンテーションの準備(Planning your presentation)
  • プレゼンテーションの構成(Using the core structure)
  • プレゼンテーションの紹介(Understanding your audience)
  • メッセージを伝える(Communicating your main messages)
  • 視覚化する(Designing visual aids)
  • 結論を導く(Making a final impression)
  • 質問へと誘導して答える(Handling questions effectively)
  • 日常生活で習ったスキルを取り込む(Bringing a presentation to life)

プレゼンテーションの準備や構成に加えて、メッセージの伝え方など幅広く学べるのが特徴です。

60時間~75時間と非常にボリュームがありますので、プレゼンテーションのやり方を習うためにワールドウィングスター(WORLD WINGSTAR)に入会してみてください。

 

参考 ワールドウィングスターの公式サイトはこちら

 

mornpal(モーンパル)

mornpal(モーンパル)

mornpal(モーンパル)は、日常英会話やビジネス英会話を学べるオンライン英会話です。

mornpal(モーンパル)ではプレゼンテーションコースの選択が可能で、詳しい学習内容について見ていきましょう。

  • 聴衆を引き付ける自己紹介のやり方
  • 効果的なビジュアルの使い方
  • 考えをまとめて伝えたいことを理論的に構築する方法
  • 聴衆の関心を維持して予想外の質問に対処するための戦略
  • プレゼンテーションの正しい終わらせ方

プレゼンテーションの基礎から応用まで幅広く学べますので、まずはmornpal(モーンパル)で体験レッスンを受けてみてください。

 

参考 mornpal(モーンパル)の公式サイトはこちら

 

英語のプレゼンで必要となるフレーズをチェック!

フレーズ

英語のプレゼンを上手く進める上で何かコツはありますか?

 

ただオンライン英会話のレッスンを受けるだけじゃなくて、ボキャブラリーやフレーズを覚えるのが大事だよ。

英語のプレゼンテーションを上手く進めたいのであれば、ボキャブラリーやフレーズの引き出しを増やさないといけません。

ここでは英語を使ったプレゼンで、どのようなフレーズが役立つのか幾つか挙げてみました。

 

日本語 英語
こんにちはみなさん、はじめまして。 Good morning ladies and gentlemen.
~するのが私の任務です。 It is my responsibility to~
次の内容に進む時 Let’s move on now to~
本日の要点をお伝えすると・・・ I’m now going to give a brief summary of what we have covered…
どうぞ気楽に質問してくださいね。 Please feel free to ask any questions you may have.
本日のプレゼンテーションの最後になります。 We are coming to the end of today’s presentation.
本日はご清聴ありがとうございました。 Thank you for your attention.

 

始まりの挨拶と終わりの挨拶は、プレゼンテーションにおいて欠かせませんよね。

簡単な言い回しやテクニックを身につけた後に、本題をゆっくりと学んでいけばOKです。

 

まとめ

英語のプレゼンテーションの対策をすれば、自然とビジネス英語のスキルを身に付けられます。

「自分にはハードルが高いのでは・・・」と不安を抱えている方はいますが、オンライン英会話ではプレゼン対策のレッスンが可能です。

ここで紹介した4つのオンライン英会話では一からプレゼンテーションの基礎を学べますので、一度レッスンを受けてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました