モーンパル(mornpal)の口コミや評判まとめ!どんな特徴のオンライン英会話?

モーンパル(mornpal)の基本情報

モーンパル(mornpal)

モーンパル(mornpal)の基本情報
スクール名 モーンパル(mornpal)
運営会社 株式会社モーンパル(mornpal)
スクール開校日 不明
本社の住所 東京都港区浜松町2丁目2-15 浜松町ダイヤビル2F
入会金(初期費用) 5,000円(キャンペーン中は無料)
料金プラン ビジネス英会話コース:12,000円(12回のレッスン)
ビジネス英会話初級コース:96,000円(96回のレッスン)
現場の英会話コース:24,000円(20回のレッスン)
ビジネス英会話上級コース:24,000円(20回のレッスン)
レッスン単価(最安値) 1レッスン当たり450円
支払い方法 クレジットカード決済
レッスン方法 マンツーマンレッスン(プライベートレッスン)
レッスン時間 25分間
必要機器 パソコン・スマホ・ヘッドセット・WEBカメラ
教材費 市販テキスト使用時は実費
レッスン予約 レッスン前日の19時まで
レッスンキャンセル レッスン前日の19時まで
無料体験 1回の無料体験レッスン

オンライン英会話のモーンパル(mornpal)の特徴やメリットをまとめてみた

モーンパル(mornpal)はどのようなオンライン英会話なんですか?

ビジネス英会話と日常英会話の両方を学べるオーソドックスなオンライン英会話だね。まずはモーンパル(mornpal)の大まかな特徴を見ていこう!

他のオンライン英会話と比較してみると、モーンパル(mornpal)はビジネス英語や資格試験対策のカリキュラムに力を入れています。

「○○○の英語を学びたい!」と明確な目標を持っている方に、モーンパル(mornpal)はおすすめのスクール!

質の高いフィリピン人講師とマンツーマンレッスンを受けることで、英語力のアップを図ることができますよ。

ここではモーンパル(mornpal)の6つの特徴や強みを更に詳しく解説していますので、オンライン英会話選びで迷っている方は参考にしてみましょう。

ビジネス英語に特化した特訓コースでスキルアップを図れる

ビジネス英語

モーンパル(mornpal)のビジネス英会話特訓コース 難易度
ビジネス全般(社交術)コース ★☆☆
ミーティングコース ★★☆
プレゼンテーションコース ★★☆
交渉術コース ★★★
電話応対コース ★☆☆
Eメールコース ★☆☆

モーンパル(mornpal)では、上記のカリキュラムでビジネス英語を学べます。

最初の料金プランを選ぶ段階でカリキュラムを選択し、コースに沿った英語をフィリピン人講師と一緒に学習していく仕組みですね。

僕はビジネス英語を学ぼうと考えていますが、モーンパル(mornpal)の★★☆のビジネス特訓コースは難易度が高いですか?

中級レベル~中上級レベルを対象にしているから初心者にはハードルが高いかも…。自信がないなら中級レベルが対象の基本的な内容の★☆☆がおすすめ!

一通りビジネス英語を学習したいならモーンパル(mornpal)のビジネス全般(社交術)コース、踏み込んだ内容について学びたい方はプレゼンテーションコースやミーティングコースを選びましょう。

※モーンパル(mornpal)のプレゼンテーションコースに関しては、こちらのページでも解説しています。

プレゼンテーションの対策ができるオンライン英会話4選!
「英語でプレゼンテーションができるようになりたい」と考えている方はいませんか?ビジネス英語を習得する上でかなり重要なスキルですよね。ここでは英語のプレゼンテーションの対策ができるオンライン英会話を紹介していますので、スクール選びの参考にしてみてください。

しかし、ビジネス全般(社交術)コースでも初心者には少し難しい内容になっていますので、正しい文法を習得してビジネス英語の基礎を積み上げたい方は、96レッスン(4ヵ月)で96,000円のビジネス英会話初級コースを選択してください。

自分の職種や業種別に特化したカリキュラムで学べる

職業

モーンパル(mornpal)の職種や業種別のカリキュラム
  • 自動車産業の英会話
  • IT産業の英会話
  • エネルギー産業の英会話
  • 製薬企業の英会話
  • ロジスティクスの英会話
  • 接客・サービス業の英会話
  • ファッション・アパレル(縫製)業の英会話
  • 製造業の英会話
  • 建築産業の英会話
  • 石油産業の英会話
  • エンジニアのための英会話
  • 医療従事者のための英会話

モーンパル(mornpal)で学べるのは、ビジネス英語のカリキュラムだけではありません。

上記のように、自分の職業別の英会話をモーンパル(mornpal)では学ぶことができますよ。

サービス業に従事している方は接客英語、技術者の方はエンジニアに特化した英会話など、自分の業種や職種に合わせて英語を学習できるのは魅力的です。

※接客英語を学べるオンライン英会話、エンジニアにおすすめのオンライン英会話は、こちらのページでも紹介しています。

接客英語を学ぶメリットとおすすめのオンライン英会話4選!
ここでは、接客英語を学べるオンライン英会話を3つ紹介しています。実際に講師とコミュニケーションをとるオンライン英会話は、接客英語の学習に効果的ですよ。どのスクールに入会すれば良いのか、選び方の参考にしてみてください。
ITエンジニアにオンライン英会話が向いている3つの理由とおすすめのスクール3選!
IT業界に勤めるエンジニアには、オンライン英会話が向いています。オンライン英会話で英語力がアップすれば、日々の仕事や業務で役立てられるのです。ここではエンジニアにおすすめのスクールを3つ紹介していますので、どこが自分に合っているのか比較してみてください。

職業別のプログラムやカリキュラムが用意されたオンライン英会話は少ないため、モーンパル(mornpal)が貴重なスクールなのは何となくおわかり頂けるのではないでしょうか。

どのコースでも、よく使われるフレーズやビジネスシーンを想定した英会話のレッスンが行われます。

モーンパル(mornpal)のカリキュラム別の学習内容については、公式サイトをご覧になってください。

参考:モーンパル(mornpal)の現場の英会話コースについて

様々な英語の資格試験の対策レッスンを受けられる

僕はTOEICやTOEFLのスコアを上げたいな~と考えています。

そんな君にはモーンパル(mornpal)がおすすめ!このスクールでは様々な資格試験の対策レッスンを受けられるよ。

フリートークがメインのオンライン英会話が多い中、モーンパル(mornpal)は様々な英語の資格試験の対策レッスンが用意されています。

以下では、モーンパル(mornpal)の資格試験に特化したスピーキング対策コースとライティング対策コースについてまとめました。

モーンパルのカリキュラム コースの大まかな特徴
TOEIC スピーキングパートとライティングパートをバランス良く学習する
BULATS ビジネスパーソンの4種類の英語能力を測るツール
Linguaskill Business BULATS試験に合わせて充実したフィードバックを用意
CASEC 汎用的な英語コミュニケーション能力の判定を目的とした試験
TOEFL ETSが運営している英語のコミュニケーション能力を測るテスト
VERSANT イギリスの教育出版社PEARSON社がパソコンや電話で行う英語能力試験
BEC ビジネスに関する奥深い論題を中心とした3つの習熟度テスト
IELTS 海外での仕事や留学に役立つTOEFLに代わる英語能力試験
GTEC 海外進出を計画している企業が採用している英語能力検定テスト
アルクSST 社員の海外派遣の目安や語学研修後の効果測定として使われている試験
GCAS ビジネスにおけるプレゼンや分析力、交渉力を測る対面型スピーキングテスト
英検 公益財団法人日本英語検定協会が実施する実用英語技能検定

「え?英語の資格試験でこんなにも多くの種類があるの?」と驚いた方は多いと思います。

モーンパル(mornpal)はLinguaskill BusinessやCASEC(Computerized Assessment System for English Communication)など、ニッチな英語能力試験の対策ができるのがおすすめポイント!

忙しいビジネスマンのために早朝から深夜まで幅広く受講できる

時間

僕が前に無料体験を受けたオンライン英会話は、朝の10時からレッスンがスタートしていました。

モーンパル(mornpal)はAM6時~PM25時まで開講しているから、早朝でも深夜でも好きなタイミングで英語の学習ができるよ。

モーンパル(mornpal)を利用している受講生の多くはビジネスマンですね。

そこで、忙しいビジネスマンのために、モーンパル(mornpal)は早朝から深夜まで幅広く受講できます。

自分のスケジュールを加味して空いている時間を見つけて、フィリピン人講師とマンツーマンレッスンを受けられる仕組み!

残念ながら24時間に渡ってレッスンを受けられるわけではありませんが、それでもモーンパル(mornpal)の開講時間は十分に長いですよ。

※24時間いつでも受講できるオンライン英会話をお探しの方はこちら!

【早朝から深夜まで!】24時間レッスンOKのオンライン英会話5選!
「早朝に受けたい」「深夜しか時間がない」という方には、24時間いつでもどこでも受講できるオンライン英会話がおすすめです。オンライン英会話の中には24時間開講しているスクールがありますので、選び方の参考にしてみてください。

毎レッスンで同じ講師が担当する担任制を採用している

講師担任制・専任制のオンライン英会話のメリット!
  • 毎回の自己紹介が不要ですぐに本題のレッスンに入ることができる
  • 学習の進捗状況を担当の講師がしっかりと把握してくれる
  • 自分の長所を伸ばして短所を改善する授業を提供してくれる
  • 二人三脚で学習する形になるので、講師と生徒に絆が生まれる

モーンパル(mornpal)は、毎レッスンで同じ講師が担当する担任制のシステムが採用されています。

講師担任制・専任制のオンライン英会話のメリットは上記の4つ!

自分のレベルを把握している先生に成長を見てもらいたい初心者や、自分と相性の合う講師と継続的にレッスンを受けたい方に担任制は適しています。

希望講師の予約が取れないこともありませんので、担任制のスクールをお探しの方はモーンパル(mornpal)を選んでみてはいかがでしょうか。

モーンパルの講師

講師の品質に関しても、コミュニケーション能力の高い人材のみに絞って採用していますので安心です。

5,000円の入会金が無料になるキャンペーンが行われている

入会金

オンライン英会話は月額料金を支払うだけでレッスンを受けられますよね。

 

基本的にはそうだけど、モーンパル(mornpal)は5,000円の入会金が発生するよ。今はキャンペーン中だから完全に無料!

モーンパル(mornpal)だけのメリットではありませんが、2019年の12月現在では5,000円の入会金が無料になるキャンペーンが期間限定で実施されています。

通常であれば、モーンパル(mornpal)でレッスンを受けるに当たり、入会金と月額料金の両方を負担しないといけません。

金銭的な負担が少々大きくなるものの、キャンペーンの期間中にモーンパル(mornpal)に入会すれば大丈夫ですね。

モーンパル(mornpal)の口コミや評判はどう?

モーンパルの口コミ

このページでは、オンライン英会話のモーンパル(mornpal)を受講した生徒の口コミや評判の情報を紹介していきます。

モーンパル(mornpal)の良い口コミや評判

モーンパル(mornpal)は初心者ではなく、中級レベル以上の人に向いているオンライン英会話ですね。私は基礎的な文法や英語の知識を持っていたので、ビジネス英語の特訓コースは本当に役立ちました。
私は普段から外国人のお客様と接することの多いサービス業に従事しています。外国人の方と満足のいくコミュニケーションを取ることができなかったので、モーンパル(mornpal)に入会しました。モーンパル(mornpal)の先生はオリジナルテキストの内容だけではなく、発音や言い回しなど細かい部分も指導してくれますのでありがたいです。

社内のキャリアパスで英語が必要なので、モーンパル(mornpal)を利用してみた。BULATSの講師のレビュー付きのコースはかなり良いね。手厚いフィードバックを受けながら英語の学習を継続できるよ。
「講師が真面目過ぎるのでは?」と感じる方は多いと思いますが、私は逆に良いな~と感じています。レッスン中は無駄なトークや会話を行わず、TOEICのスコアアップに繋がる内容だけです。今のTOEICコースが終わった後は、他のモーンパル(mornpal)のカリキュラムで勉強していきます。
粘り強く半年間ほどモーンパル(mornpal)を受講し、目標のTOEFLのスコアに到達できました。これもモーンパル(mornpal)の質の高いオリジナル教材や先生のお陰です。サポートの対応も素晴らしいので安心して受講できますよ。

モーンパル(mornpal)の悪い口コミや評判

職業別の英会話のプログラムが細かく設定されているのは良かった!だけどモーンパル(mornpal)は料金が…。通常コースでも1ヵ月間で15回のレッスンで7,500円だから、他のスクールと比較してみると割高だね。

コースが多かったので迷いましたが、モーンパル(mornpal)のアルクSST対策コースを受講しました。受験英語のみのスキルでしたので、中々会話を続けることができません。講師の方は日本語を話せないので、初心者にはあまり向いていないですね。
とにかく英語を話したい人には、モーンパル(mornpal)のスピーキング対策コースが適していると思います。しかし、レッスン中にかなりの量を話さないといけないので、私は疲れてしまいました。

モーンパル(mornpal)のデメリットで押さえておきたいポイント

モーンパル(mornpal)のビジネス英語コースや職業別プログラムに興味を持ちました。

英語を学びたいビジネスパーソンにはピッタリだね。だけどモーンパル(mornpal)にもデメリットがあるから注意!

仕事上で英語が必要なビジネスマンにとって、モーンパル(mornpal)はおすすめのスクール!

それはビジネス英語や資格試験対策を中心に実践的な英会話のレッスンを受講できるからです。

しかし、他のオンライン英会話とは違ってモーンパル(mornpal)には次のデメリットがあります。

  • 1レッスン当たりの料金が高い(最安のコースでも450円)
  • 在籍しているフィリピン人講師の人数が少ない
  • 日本語を話せる講師が在籍していないので初心者にはハードルが高い

モーンパル(mornpal)は特定のカリキュラムに沿って英語学習を特訓する形になりますので、気軽に話したい方には向いていません。

フリートークをしたい方や英語の勉強を始めたばかりの初心者には、大手のオンライン英会話のDMM英会話がおすすめです。

DMM英会話は特定のカリキュラムやコースに加えて、自分と相性の合う先生と気軽に英語を話すフリートークができます。

在籍している講師の人数も6,500名以上と非常に多いので、まずはDMM英会話に申し込んで2回の無料体験を受けてみてください。

 

参考 DMM英会話の公式サイトはこちら

 

【口コミや評判はどう?】DMM英会話のメリット・デメリットを全解説!
DMM英会話は大手のオンライン英会話スクールです。在籍している講師の数やカリキュラムの豊富さなど、たくさんの強みやメリットがあります。DMM英会話に入会しようか迷っている方は、口コミや評判についてチェックしておきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました