経理の英語を学習できるオンライン英会話3選!

経理の英語を学習できるオンライン英会話スクール3選はこれだ!

経理の英語を学習できるオンライン英会話スクール3選!

経理や会社の経営に関する英語を学べるオンライン英会話ってありますか?

 

数は少ないけど経理の英語を学べるスクールは増えているよ。英語のマネジメントスキルを身に付けたい方におすすめだね。

会社の規模によって違いはありますが、経理の仕事は次のように企業のお金の流れを管理します。

  • 入出金の管理
  • 有価証券報告書の作成
  • 収支バランスの管理
  • 財務諸表の作成
  • 税理士や公認会計士との折衝
  • 経理ルールの作成や改善

会社の経営を左右するため、経理の仕事が大事なのは間違いありませんね。

グローバル化が進んでいる現在では、経理の仕事をしている方も高い英語力が必要です。

そこで、このページでは経理の英語を学習できるオンライン英会話を3つまとめてみました。

パソコンやスマホを使って手軽に仕事に役立つ英語を勉強できますので、オンライン英会話スクールの選び方で悩んでいる方は参考にしてみましょう。

 

mytutor(マイチューター)

mytutor(マイチューター)

オンライン英会話のmytutor(マイチューター)では、経理や会計の英語を学べます。

他のスクールと違ってmytutor(マイチューター)では単純にフリートークを受けるだけではなく、以下の職業別のレッスンプログラムが受講可能です。

  • 会計事務所や経理でのコミュニケーションを英語で学ぶ「Accounting」
  • 製薬業界や医薬品業界で頻出する英会話を学べる「Pharmaceutical」
  • 医師や医療専門家が将来的に英語圏で働くことを想定した「Medicine 1&2」
  • 法律について英語のコミュニケーションを円滑に進める「Legal Professionals」
  • 最新のテクノロジーについて英語でディスカッションできるスキルを養う「Technology 1」
  • 観光や旅行、ホテル分野での実用的な英語学習プログラムの「Tourism 1」

※mytutor(マイチューター)の職業別のレッスンプログラムについては、こちらのページでも説明しました。

 

職業別プログラムが用意されたオンライン英会話3選!
仕事で英語を使う日本人は現在では増えました。そこで、普段の業務で英語スキルを役立てたいのであれば、職業別プログラムが用意されたオンライン英会話がおすすめですよ。mytutor(マイチューター)や産経オンライン英会話では、個人が目指す業種や職種に合わせた英語を学べます。

 

フリートークや日常英会話とは異なり、既に専門職に就いて働いているビジネスマンや実践的な専門職に就くことを目的とする学生に向けたカリキュラムになっていますよ。

mytutor(マイチューター)の職業別プログラムのAccountingは、「会計士」「経理」「財務担当者」「金融関係者」にピッタリです。

会計や経理の分野で必要とされる英語の最新情報が盛り込まれていますので、実践的なビジネス英語を学習したい方はmytutor(マイチューター)に入会してみてください。

 

参考 mytutor(マイチューター)の公式サイトはこちら

 

mytutor(マイチューター)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
mytutor(マイチューター)は、資格試験の対策レッスンに力を入れているのが大きなメリットです。TOEICやTOEFLのスコアを上げたい人に向いているオンライン英会話だと言って良いでしょう。ここでは、mytutor(マイチューター)の口コミや評判の情報を紹介していますので、どんなスクールなのか参考にしてみてください。

 

AEON(イーオン)

AEON(イーオン)

通学型の英会話教室として、AEON(イーオン)は有名です。

確かなスキルを持ったネイティブと面と向かって英語学習ができますが、通学型の英会話教室は料金が高いというデメリットがあります。

※オンライン英会話と通学型の英会話教室の比較については以下のページで詳しくまとめました。

 

オンライン英会話と通学型の英会話教室を徹底比較!どんな違いがある?
このページでは、オンライン英会話と通学型の英会話教室を比較しています。どちらも講師から英語を教わることができますが、メリットとデメリットに大きな違いがあります。どちらを受講して英語を学習するのが良いのか迷っている方は、是非一度参考にしてみてください。

 

そのAEON(イーオン)は最近になってオンライン英会話業界にも参入し、「質の高い英会話をオンライン上で学べる!」と注目を集めています。

AEON(イーオン)オンライン英会話では経理のカリキュラムが選択可能で、次のように複数のユニットで構成されていました。

  • Talking about Work(仕事について話す)
  • Offering and Asking for Help(協力する・協力を求める)
  • Reporting to a Supervisor(上司に報告する)
  • Settling an Expense Account(経費を精算する)
  • Explaining Salary Terms(給与条件を説明する)
  • Explaining a Salary Statement(給与明細に関する説明をする)
  • Apologizing for a Salary Payment Delay(給与支払いの遅れを謝罪する)
  • Deadline Reminders(締め切りの催促をする)

経理の業務で頻出するビジネス英語を徹底的に学べますので、会計士や金融関係者はAEON(イーオン)オンライン英会話を選んでみましょう。

 

参考 AEON(イーオン)オンライン英会話の公式サイトはこちら

 

オンライン英会話のELTO(エルト)

オンライン英会話のELTO(エルト)

オンライン英会話のELTO(エルト)は、専門的なコースやカリキュラムが選択できる数少ないスクールです。

初心者や初級者向けではなく、中級者以上の受講生に適したオンライン英会話だと言えるでしょう。

このELTO(エルト)では会計や経理について学ぶコースのAccounting Englishが選択可能で、学習する内容を幾つか挙げてみました。

  • First Job(はじめての仕事)
  • Describing a Job(仕事の説明)
  • Initial Transactions(開始取引)
  • Client Visit(顧客の訪問)
  • Started a Flower Shop(お花屋を始める)

経理に関する内容を中心に、ビジネスに特化したコースやカリキュラムがELTO(エルト)の魅力ですね。

700本を超える動画コンテンツで楽しく英語を学習できる仕組みも採用されていますので、ELTO(エルト)も選択肢の一つに加えてみてください。

※2019年2月追記

2019年の2月現在で、オンライン英会話のELTO(エルト)は残念ながら閉鎖してしまいました。

近年では生徒を確保できずに、潰れていくスクールは増えています。

そのため、オンライン英会話で経理や会計の英語を学びたいと考えている方は、ELTO(エルト)ではなくmytutor(マイチューター)やAEON(イーオン)オンライン英会話に入会しましょう。

 

経理への転職で英語力は役立つの?

転職

経理の仕事への転職で本当に英語力は役立ちますか?

 

会社によって英語を使うのか使わないのか違いがあるけど、外資系企業では英語力が役立つよ。

経理への就職や転職で英語力が役立つのかどうか、疑問を抱えている方は少なくありません。

もちろん、一番重要視されるのは経理のスキルですが、外資系の企業に勤める予定の人は高い英語力が必要ですよ。

※外資系企業に勤めている方におすすめのオンライン英会話は、こちらのページで紹介しています。

 

外資系の企業に勤めている人におすすめのオンライン英会話3選!
外資系企業に勤めている方は、今よりも高い英語力を身に付けるべきです。英語のスキルが高ければ高いほど、日々の業務で役立ちますよ。ここでは外資系企業に勤めている人やこれから外資系企業に転職する予定の人に向いているオンライン英会話をまとめてみました。

 

具体的にオンライン英会話を使って英語の学習を始めた方が良い人の特徴を見ていきましょう。

  • 得意の英語を活かして外資系企業の経理や会計の仕事がしたい
  • 英語のスキルを存分に発揮して高待遇で働きたい
  • 外国人と一緒に英語を使って働きたい

「英語力」と「経理」の両方の強みを伸ばしていくのは、キャリアアップの選択肢の一つです。

しかし、日常英会話とは違って経理の英語を独学で進めるのは少々無理がありますので、パソコンやスマホで受講できるオンライン英会話を上手く活用してみてください。

 

まとめ

以上のように、Skypeを使ったオンライン英会話でも、経理や会計の英語を学ぶことができます。

日常英会話では登場しないような英単語やフレーズが出てきますので、専門的なカリキュラムが用意されたスクールがおすすめです。

mytutor(マイチューター)やAEON(イーオン)オンライン英会話では経理の英語を勉強できますので、日々の仕事に役立ててみてください。

コメント