オンライン英会話.COM

【2018年版】オンライン英会話の比較・ランキング

オンライン英会話スクール情報

DMM英会話が法人向けの英語研修に向いている理由

DMM英会話が法人向けの英語研修に向いている理由はこれだ!

DMM英会話法人

オンライン英会話のDMM英会話は、個人も法人も利用できるスクールです。

近年では英語を学習したい個人だけではなく、法人向けの英語研修を提供するオンライン英会話が増えました。

※法人向けのオンライン英会話スクールについては下記のページでも紹介しています。

 

法人向けのオンライン英会話

 

そもそも、法人がオンライン英会話を利用するに当たって、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 社員の英語研修の費用を抑えることができる(経費の削減に繋がる)
  • 時間や場所に捉われることなくレッスンを受講できる
  • ビジネス英語のテキストやカリキュラムが用意されている
  • 担当者専用のページで一人ひとりの学習状況を把握できる

法人におすすめの代表的なオンライン英会話は、このページで紹介しているDMM英会話ですね。

DMM英会話は以前から英会話事業部の中に法人企画営業を作り、オンライン英会話のレッスンを提供して社員の英語力のアップをサポートできないか作戦を練っていました。

ここではDMM英会話が法人向けの英語研修に向いている理由を説明していますので、「オンライン英会話を導入したい!」という企業や会社は参考にしてみてください。

 

実際にDMM英会話を導入している企業が多い

DMM英会話が法人向けのオンライン英会話なのは、他のスクールと違って確かな実績を残しているからです。

実際にDMM英会話を導入している企業や会社は、次のように年々増えていますよ。

  • 地方自治体で英語教育の取り組みを始めた「岡山県和気町」
  • 最初から英語のオンライン研修に絞っていた「株式会社Nextremer」
  • 通訳では不十分と感じて導入した「株式会社日通総合研究所」
  • グローバルに活躍する企業になるために導入した「株式会社オークネット」
  • 学生のTOEICリスニングスコアを上昇する目的で導入した「学校法人法政大学」
  • 会社のグローバル化を考えている「レバレジーズ株式会社」

大手の企業だけではなく、地域ぐるみでDMM英会話を取り入れている町もありました。

「法人が利用している実績がある」⇒「社員への英語研修で確かな手応えを感じている」と判断できます。

つまり、マイナーなオンライン英会話を利用するよりも、業界トップのDMM英会話を英語研修で活用した方が良いでしょう。

 

徹底的にビジネス英語を学習できる

ビジネス英語

DMM英会話では、徹底的にビジネス英語を学習できます。

社員は単純に英語力を上げるだけではなく、ビジネスシーンで通用するスキルを身に付けないといけません。

DMM英会話ではそのための学習が効率良くできますので、法人向けのオンライン英会話として選ばれています。

以下では、DMM英会話でビジネス英語の学習ができる理由について詳しくまとめてみました。

  • ビジネス教材やデイリーニュースなどの専用テキストが用意されている
  • 1,400名を超えるビジネス講師経験ありの先生が在籍している
  • 社員一人ひとりに対してマンツーマンレッスンが提供されている

同じように見えて、日常英会話とビジネス英語には大きな違いがあります。

※ビジネス英語を学ぶメリットや特徴、おすすめのオンライン英会話スクールについては下記のページをチェック!

 

ビジネス英語を学べるオンライン英会話を比較

 

独学では難しいビジネスシーンに焦点を当てたレッスンがDMM英会話では可能ですので、「社員の英語力を上げたい」という法人を徹底的にサポートしてくれます。

 

法人向けの手厚いサポートが実施されている

DMM英会話ではビジネス英語を学べるだけではなく、他にも法人向けの手厚いサポートが実施されています。

そのお陰で社員の英語力を効率良くアップさせることが可能ですね。

具体的にDMM英会話でどのような充実サポートが実施されているのか幾つか挙げてみました。

  • 貴社専用の管理画面を無料で作成して社員の受講を一括管理できる
  • 定期的に無料のスピーキングテストを実施して研修成果を可視化できる
  • もしものトラブルが起こった際にお問い合わせフォームが利用できる
  • 有料で貴社専用教材を作成して徹底的に英語を学習できる
  • 「中々英語力が上昇しない」「自分に合う学習法が分からない」などの悩みの解消で、専任学習コンサルタントが個別でサポートしてくれる
  • スピーチコンテストなどの有料のオフラインセッションで、社員の英語学習へのやる気やモチベーションをアップさせる

専用の管理画面で社員の受講を管理できたり、スピーキングテストで成果を可視化できたりと、DMM英会話のサポートは素晴らしいの一言です。

※DMM英会話で実施されているスピーキングテストの内容やレベル測定に関しては、以下のページで詳しくまとめています。

 

DMM英会話のスピーキングテストの内容やレベル測定!予習はした方が良い?

 

法人の英語研修にここまで力を入れているのは、数多くのオンライン英会話の中でもDMM英会話くらいなのではないでしょうか。

 

参考 DMM英会話の公式サイトはこちら

 

DMM英会話の評判

 

英会話アプリのiKnow!が無料で使える

英会話アプリ

DMM英会話の有料会員になると、英会話アプリのiKnow!が無料で使えます。

この特典に関しては、DMM英会話を個人で利用している方も法人で一括契約している社員も一緒です。

iKnow!はビジネスマンにピッタリの英語学習アプリで、その理由を幾つか見ていきましょう。

  • 通勤時間や休憩時間などスキマ時間にサっとスマホで学習できる
  • 忘れかけた頃に復習するシステムで記憶への定着を目指せる
  • ビジネス英語に関する英単語の学習も行うことができる

iKnow!を毎日の生活に取り入れることで、DMM英会話のユーザーは平均200点、iKnow!のみのユーザーは平均116点のTOEICのスコアがアップしました。

それだけ効果的な英語の学習法ですので、オンライン英会話と組み合わせている方が増えていますよ。

DMM英会話で無料で提供されているiKnow!については、下記のページで詳細をチェックしておきましょう。

 

オンライン英会話とiKnow!を併用するメリット

 

定期的に法人セミナーが実施されている

DMM英会話が法人の英語研修に向いているのは、定期的に法人セミナーが実施されているからです。

過去には、何回もDMM.comセミナールームで人事担当者や研修担当者向けのセミナーが行われていました。

「次年度の英語研修で迷っている」「現在取り組んでいる方法を見直したい」という方におすすめで、DMM英会話の法人セミナーでは次の内容の説明が行われます。

  • DMM英会話のサービス案内
  • iKnow!のサービス案内
  • 今までの導入事例のご紹介
  • 質疑応答の時間

専任の担当者からフォローアップの提案を受けることもできますので、オンライン英会話の導入を考えている法人は利用すべきです。

 

英語研修を取り入れたい法人はDMM英会話に資料請求をしよう

DMM英会話への問い合わせ

以上のように、DMM英会話は他のどのオンライン英会話と比較しても法人英語研修に向いています。

徹底的にビジネス英語の学習ができたり、手厚いサポートが実施されていたりと魅力的なポイントばかりです。

そこで、英語研修を取り入れたい法人は、DMM英会話に資料請求をしてみましょう。

資料請求はオンライン上で申し込むことができますので、以下のようにとても簡単です。

  1. DMM英会話の法人向けサービスの公式サイトにアクセスする
  2. 「資料請求・問い合わせ」というボタンをクリックする
  3. 「会社名」「郵便番号」「住所」「業種」「部署名」「担当者名」「メールアドレス」「電話番号」などの基本情報を入力する
  4. 「見積請求」「資料請求」「打合せ希望」など問い合わせ内容を選択する
  5. 全ての項目に法人情報を入力したら利用規約をチェックする
  6. 送信してDMM英会話からの返信を待つ

もちろん、資料請求だけでお金がかかることは一切ありませんので、今後の社員の英語学習を効率良く進めるためにもDMM英会話の利用を考えてみてください。

-オンライン英会話スクール情報