ベストティーチャー(Best Teacher)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた

ベストティーチャー(Best Teacher)

 

 

ベストティーチャー(Best Teacher)の詳細情報

開校日 2012年05月
無料体験 1回
入会金 0円
教材料金 0円
レッスン料金 通常コース:月額9,800円
資格試験対策コース:月額16,200円
1レッスン最安費用 レッスンの受講回数に制限なし
支払い方法 クレジットカード
Paypal
銀行振込
通信方法 Skype
使用設備 Skype
ヘッドセット
Webカメラ
使用教材 自分で教材を作って講師に添削してもらう
レッスンコース 通常コース
TOEFL iBT対策コース
IELTS対策コース
TOEIC SW対策コース
TEAP対策コース
GTEC CBT対策コース
TOEFL Junior対策コース
英検1級対策コース
英検準1級対策コース
英検2級対策コース
レッスン形態 マンツーマンレッスン
レッスン時間帯 24時間
1レッスン時間 25分
講師人数 300人以上
講師国籍 50ヶ国を超える国籍の講師(ネイティブ、フィリピン)
予約 レッスンの20分前まで
キャンセル レッスンの30分前まで
カランメソッド ×
ビジネス英語
TOEIC
TOEFL
IELTS
英検
子供向け ×
家族共有 ×
おすすめ度 ★★★★☆
ホームページ http://www.best-teacher-inc.com/

 

ベストティーチャー(Best Teacher)のメリット

ベストティーチャー(Best Teacher)はどのような特徴を持つオンライン英会話ですか?

 

書いて話して4つの英語力を総合的に高められるスクールだよ。

 

ただ英語を話すだけではないってことですか?

 

ライティングレッスンを取り入れているのが魅力的だよ。ビジネス英語にも力を入れているからビジネスマンにもおすすめ!

ベストティーチャー(Best Teacher)は、使う英語を書いて話して身に付けることができるオンライン英会話です。

スピーキング&ライティングを質の高い講師から学ぶことができますので、「英語力をアップできるスクール!」と高い評判を獲得していますね。

以下では、ベストティーチャー(Best Teacher)にどのようなメリットがあるのかまとめてみました。

  • Skype(スカイプ)レッスンとWriting(ライティング)レッスンの2つを組み合わせて学べる
  • 自分が話したい内容の英作文を作ってから担当の先生と英語を話せる
  • ネイティブの先生に添削されたPDFが自分だけのオリジナル教材になる
  • TOEIC対策やTOEFL対策、IELTS対策など資格試験のスコアアップを狙えるカリキュラムが多い
  • アメリカ人やイギリス人など30ヵ国を超える講師とグローバルな会話が楽しめる
  • 24時間365日パソコンでもスマートフォンでも好きな時にレッスンが受けられる
  • どの料金プランでも無制限でレッスンを受けられる

 

ベストティーチャー(Best Teacher)のデメリット

ベストティーチャー(Best Teacher)にはデメリットもありますので、入会する前にきちんと押さえておきましょう。

  • 教材を自分で作っていくスタイルなので初心者だと何をして良いのか分からない
  • 気軽にフリートークがしたい受講生にはあまり適していないスクール
  • 講師紹介ページの経歴や自己紹介が英語なので読みにくい
  • 英語に関する知識がゼロの子供は受講しにくい(年齢制限があるわけではない)

 

ベストティーチャー(Best Teacher)の評判はどうなの?

ベストティーチャーの評判

ベストティーチャー(Best Teacher)は評判の高いオンライン英会話ですか?

 

「料金は高い」って意見はあるけど、レッスンや講師の品質では高い評判を獲得しているよ!

「英語の4技能をバランス良く学べる」「豊富な国籍の講師と英語を話せる」「24時間受講できるところが良い」という評判をベストティーチャー(Best Teacher)は獲得しています。

他のオンライン英会話とは違い、次のように自分で英作文を作ってからスカイプレッスンを受けるという新しいスタイルが確立されていました。

  • Writingレッスンで自分が書いた英文を先生に添削してもらう
  • Skypeレッスンで先生と直接英語でコミュニケーションを取る

リスニング力とスピーキング力に加えて、ライティングスキルも身に付けられるのがベストティーチャー(Best Teacher)の評判が高い理由ですよ。

※ライティング対策ができるオンライン英会話については、こちらのページをご覧になってください。

 

ライティング対策に効果的なオンライン英会話4選!
「英語の書き取りは難しいな~」と悩んでいる方はいませんか?そのような人にはライティング対策ができるオンライン英会話がおすすめです。どのスクールでライティングスキルを高めるレッスンを受けられるのか見ていきましょう。

 

レッスンの品質には細心の気を配っていますので、月額12,000円~16,200円は格安オンライン英会話とは言えなくても十分にコスパの良いスクールだと言えます。

以下では、オンライン英会話のベストティーチャー(Best Teacher)が向いている人の特徴を幾つか挙げてみました。

  • 今まで英語を話す機会が少なかった
  • 英語を話す準備をしていなかった
  • フリートークで全く話せなかった

『村上式シンプル英語勉強法』でも提唱されているように、良く聞かれる質問への回答を自分で準備して学ぶような方式がベストティーチャー(Best Teacher)では取り入れられています。

「Writingレッスンで自分の回答を作る」⇒「Skypeレッスンで実際に話す」という流れですので、英語に関する知識をしっかりと身に付けながら英語力のアップを目指せる仕組みです。

ベストティーチャー(Best Teacher)は自主的に英語を学習するクセを身に付けられるオンライン英会話ですので、本気で英語を学びたいと考えている受講生は是非一度利用してみてください。

 

 

管理人が無料体験を受けてみた感想

管理人が無料体験を受けてみた感想

ベストティーチャー(Best Teacher)の無料体験を受けてみて、他のスクールとの大きな違いが直ぐに分かりました。

ベストティーチャー(Best Teacher)は講師と決められた話題について会話したり、特定の教材に沿って学んだりという単純なレッスンではありません。

最初に題材を決めて講師とやり取りを行い、文章を講師に添削してもらってスカイプによる通常のオンライン英会話のレッスンを受ける流れですね。

スクリプトを作成してから話すのが新感覚で、「他のスクールと差別化を図っているな」と管理人の私は最初に感じました。

英文の添削はベストティーチャー(Best Teacher)の公式ホームページで6時間以内と記載されていましたが、30分で届くこともあるのでビックリです。

※ベストティーチャー(Best Teacher)以外にも英文の添削レッスンが受けられるオンライン英会話はありますので、こちらのページを参考にしてみてください。

 

英文の添削に適したオンライン英会話3選!
英文の添削のレッスンは、Skypeを使ったオンライン英会話スクールで受けられます。自分で書いた日記を担当の講師に見せて、文法のチェックをしてもらうだけでOKです。どのスクールで英文の添削指導を受けられるのか、選び方の参考にしてみてください。

 

他の受講生も、ベストティーチャー(Best Teacher)のレッスンを受けて次の口コミや評判を残しています。

  • 驚くほどWritingレッスンのスピードが速い
  • SNS並みのレスポンスの速さだと思った
  • ネイティブが添削してくれるのは嬉しい

私が書く文章の内容が浅くて簡単なものだからかもしれませんが、迅速な対応をしてくれるところが良いと無料体験で思いました。

ベストティーチャー(Best Teacher)は24時間体制なので講師の都合に合わせる必要はなく、自分が学びたい時に学べるので長く続けられるような気がします。

ただ、個人的な感想を述べるとどの講師が良いのか分かりにくいのが難点です。

DMM英会話のように口コミの投稿数はそこまで多くありませんし、受講生からのコメントを共有できる部分もありません。

300人以上も在籍しているのに良い先生が埋もれている可能性も高く、ベストティーチャー(Best Teacher)の正規会員になろうか迷っている大きな理由ですね。

 

ユーザーによる口コミ投稿

ベストティーチャーの口コミ

ここでは、実際にベストティーチャー(Best Teacher)のレッスンを受けたユーザーの口コミ投稿を紹介していきます。

  • レッスン目的:TOEIC対策
  • レッスン期間:3ヵ月
  • レッスン回数:50回以上
  • レッスン受講前:500点
  • レッスン受講後:620点
  • レッスン満足度:★★★★☆

私はTOEICのライティングモジュールとスピーキングモジュールを克服するためにベストティーチャー(Best Teacher)に入会しました。このスクールではTOEICのスコアを上げることを目的としたレッスンが受講でき、月額16,200円でWritingレッスンとSkypeレッスンが無制限なのです。にも関わらず3ヵ月間で50回しか受講できていないのは少々勿体無い気がしますが・・・。とは言え、完全模試を使った対策がベストティーチャー(Best Teacher)では可能で、講師からのフィードバックも丁寧です。自分のスキルが上がらなければ得点が伸びないTOEICでスコアアップできたので、このまま続けても良いと感じました。

 

  • レッスン目的:英文添削
  • レッスン期間:1ヵ月
  • レッスン回数:15回
  • レッスン受講前:初心者
  • レッスン受講後:初心者
  • レッスン満足度:★★★☆☆

ベストティーチャー(Best Teacher)で文章を作り、講師に添削してもらってSkype通話をするというレッスンを繰り返しています。驚くことに自分で書いている最中にケアレスミスが分かるようになり、ライティングスキルが向上している兆候かもしれません。ただ、入会したての頃は文法がメチャクチャみたいなことをオブラートに包んで先生から言われてショックでした。優しい感じで言ってくれたので良かったのですが、初心者の私にとっては少し早すぎるスクールだとも実感しています。他のオンライン英会話にも注目しているので、どのスクールで長期間に渡って受講しようかゆっくりと考えるつもりです。

 

  • レッスン目的:日常英会話
  • レッスン期間:3ヵ月
  • レッスン回数:60回以上
  • レッスン受講前:中級者
  • レッスン受講後:中級者
  • レッスン満足度:★★★★★

中級者以上の人であればベストティーチャー(Best Teacher)はおすすめです。基礎的な文法事項は把握していると思いますので、自分で英文スクリプトを作成するのはそこまで大変ではありませんね。ベストティーチャー(Best Teacher)のお陰で、私は読み書きのスキルを高めることに成功しました。しかも、ネイティブ講師とのWritingレッスンは何回でも受講できるのも良いですね。新しくWritingレッスン~Reading&Listeningを受講できる専用のアプリも登場しましたので、ベストティーチャー(Best Teacher)はどんどん英語を学習しやすいオンライン英会話に進化しているのではないでしょうか。

 

ベストティーチャー(Best Teacher)の強みやおすすめポイントを徹底解説!

ベストティーチャー(Best Teacher)が高く評価されているオンライン英会話だと分かりました。

 

なぜ評判が高いのか、ベストティーチャー(Best Teacher)の強みやおすすめポイントを一緒に見ていこう!

ベストティーチャー(Best Teacher)は、「英語が話せない」「英語が書けない」という日本人を克服する目的で作られたオンライン英会話です。

ただ外国人講師とフリートークを行う一般的なオンライン英会話とは違いますよ。

ここではベストティーチャー(Best Teacher)の強みやおすすめポイントを徹底解説していますので、一度目を通しておいてください。

 

4つの技能をバランス良く鍛えられる

英語力

ベストティーチャー(Best Teacher)の一番の強みは何ですか?

 

それはレッスンの中で4つの技能をバランス良く鍛えられるところだね。

オンライン英会話のレッスンを受けるに当たり、「スキルが上がるのはリスニングとスピーキングだけでしょ?」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、ベストティーチャー(Best Teacher)は一般的なスクールとは違い、WritingレッスンとSkypeレッスンを組み合わせる形になります。

そのため、英語の4技能である「聞く」「話す」「読む」「書く」をバランス良く鍛えられるのです。

具体的なレッスンの手順としては、まず最初に下記の図のように複数のトピックから自分の好きなテーマを選びます。

レッスン

最初は難しいボキャブラリーやフレーズを使わずに、簡単な会話で英文を組み立てていくのが良いでしょう。

設定した題材に合わせて、講師と双方で5回ずつやり取りを行っていきます。

レッスン

今までのやり取りの文章を添削し、今度は担当の先生とSkypeレッスンを受けていく仕組みです。

ベストティーチャー(Best Teacher)のSkypeレッスンは他のオンライン英会話と同じで、リスニング力とスピーキング力を鍛えられますよ。

英語の文法がむちゃくちゃな初心者は、ベストティーチャー(Best Teacher)のWritingレッスンとSkypeレッスンを上手く組み合わせてみてください。

 

複数のカリキュラムから自由に選択できる

英語のカリキュラム

複数のカリキュラムから自由に選択できるのも、ベストティーチャー(Best Teacher)の大きな強みです。

以下では、ベストティーチャー(Best Teacher)で用意されているカリキュラムやコースをまとめてみました。

  • 1,000以上のシチュエーションから学びたい内容を選べる「通常英会話コース」
  • TOEFLのスコアアップに繋げられる「TOEFL iBTコース」
  • TOEICのスピーキングやライティングの対策ができる「TOEIC SW対策コース」
  • アイエルツで高得点を狙う方におすすめの「IELTS対策コース」
  • 英検の一次試験の英作文を対策できる「英検対策コース」
  • 大学で使うTEAPの対策ができる「TEAP対策コース」
  • 初めてGTEC CBTを受験する人におすすめの「GTEC CBT対策コース」

TOEFL対策やTEAP対策など、資格試験のスコアを高めるためのレッスンも可能ですね。

※TOEFL対策やTEAP対策ができるオンライン英会話については、下記のページでも詳しく説明しています。

 

TOEFL対策におすすめのオンライン英会話4選!
オンライン英会話の中には、TOEFL対策のレッスンが可能なスクールがあります。オリジナルテキストや市販教材を使い、スコアアップを目指すレッスンが可能です。どのオンライン英会話でTOEFL対策ができるのか参考にしてみてください。

 

TEAP(ティープ)対策に適したオンライン英会話
TEAP(ティープ)とは、高校3年生を対象にした大学受験のための英語学力テストです。TEAP(ティープ)のスコアアップを狙っている方には、オンライン英会話の利用がおすすめです。専門のカリキュラムやコースが用意されたスクールは増えていますので、オンライン英会話選びの参考にしてみてください。

 

まずはベストティーチャー(Best Teacher)に入会する前に、自分が何を学びたいのか見極めることから始めましょう。

 

60ヵ国以上の講師(ネイティブを含む)と受講できる

ベストティーチャーの講師

ベストティーチャー(Best Teacher)にはどのような講師が在籍していますか?

 

フィリピン人やネイティブを中心に60ヵ国の国籍の先生とレッスンを受けられるよ。

人件費を削減して受講生に安い料金でレッスンを提供するオンライン英会話が多い中、ベストティーチャー(Best Teacher)には次のように60ヶ国を超える国籍の講師が在籍しています。

  • アメリカ人
  • イギリス人
  • カナダ人
  • オーストラリア人
  • セルビア人
  • ボスニア人
  • クロアチア人
  • スウェーデン人

100ヵ国以上の講師を抱えているDMM英会話には敵いませんが、ベストティーチャー(Best Teacher)もグローバルなスクールという点では一緒ですよ。

※多国籍の講師が在籍しているオンライン英会話スクールは以下のページでも紹介しています。

 

多国籍の講師が在籍しているオンライン英会話4選!
「フィリピン人講師とのレッスンに飽きてしまった・・・」という方はいませんか?そのような人には、多国籍の講師が在籍しているオンライン英会話がおすすめです。世界中の講師と楽しく英語の学習を継続できますので、スクール選びの参考にしてみてください。

 

1レッスンの25分間の価値は講師の質で決まると言っても過言ではなく、300人以上と豊富で選択肢の幅が広いところもベストティーチャー(Best Teacher)の魅力です。

また、Skypeレッスンは全講師が担当するのに対して、添削に関してはネイティブの先生が行ってくれますので、正しい英語の文法や表現を身に付けることができます。

しかも、ベストティーチャー(Best Teacher)は適当に講師を採用するのではなく、「応募」⇒「書類審査」⇒「面接」⇒「模擬レッスン」⇒「正式採用」と採用プロセスに拘っていました。

その後のトレーニングにも気を配っていますので、優秀な人材と一緒に英語の学習を進めていきたい方にベストティーチャー(Best Teacher)はおすすめのオンライン英会話です。

 

世界に一つだけの教材やテキストで学べる

ベストティーチャーの教材

一般的なオンライン英会話ではオリジナルテキストや市販教材を使い、その内容を元にしてレッスンを受けていきます。

初級者用の文法教材から中級者以上のビジネス教材など、豊富な種類のテキストを使って自分の目的に合わせた学習に取り組めるのがオンライン英会話の魅力ですね。

一方でベストティーチャー(Best Teacher)は既成の教材を使ってもリアリティがないと考えて、自分が話したい内容のテキストを講師と一緒に作っていく仕組みが採用されています。

「自分で英文を書く」⇒「講師に添削してもらう」という繰り返しで教材のボリュームと質の両方が上がっていくため、ベストティーチャー(Best Teacher)のテキストには次のメリットがあります。

  • 自分で良く使う言い回しやフレーズを効率良く学べる
  • 個々のレベルに沿った教材を自分で作れる
  • オンライン英会話でありながらライティングスキルも習得できる

仮に間違った文章を作ってしまっても、担当の講師が添削してくれますので問題はありません。

添削結果を確認した後にSkypeでビデオチャットレッスンを受ける形で、実際にコミュニケーションを取ればリスニング力とスピーキング力の向上に繋がります。

学生やビジネスパーソンのニーズも満たせるスクールですので、Newスタイルのレッスンを受けたい受講生はベストティーチャー(Best Teacher)に入会してみましょう。

 

 

ベストティーチャー(Best Teacher)の登録方法や手順をまとめてみた

ベストティーチャーへの登録

ベストティーチャー(Best Teacher)への登録方法や流れを知りたいです!

 

全てオンライン上で手続きができるから君が考えている以上に簡単だよ。

以下ではベストティーチャー(Best Teacher)に入会しようと考えている方のために、登録方法や手順をまとめてみました。

  1. ベストティーチャー(Best Teacher)の公式ホームページにアクセスする
  2. 「無料体験レッスンはこちら」というボタンをクリックする
  3. 「名前」「メールアドレス」「パスワード」などの個人情報を入力する
  4. Facebookのアカウントを使ったユーザー登録もこのスクールでは可能
  5. 「Best Teacherの利用規約に同意します」にチェックを入れて会員登録する
  6. 登録のアドレスにメールが届くので、認証用のURLをクリックして完了

たったこれだけの手順で、WritingレッスンやSkypeレッスンを体験できますよ。

ベストティーチャー(Best Teacher)の無料体験で気に入ったら、「通常コース」「TOEFL iBT対策コース」「IELTS対策コース」「英検1級/準1級/2級対策コース」といったカリキュラムから好きなものを選んで有料会員登録をしましょう。

 

ベストティーチャー(Best Teacher)の2chでの評価

ベストティーチャー(Best Teacher)は2chでどのような評価を獲得していますか?

 

悪い意見はあるけど、全体的に受講して良かったって口コミが多いね。

ここではベストティーチャー(Best Teacher)の2chの評価をまとめてみました。

 

自分が話したいことを書き出すことから始める新しい手法のレッスンは気に入っています。間違った文章を書いてしまっても、担当の講師が添削してくれますので安心ですよ。
ライティングとスピーキングの両方をやらされたり、24時間のサポートがあったりと他のスクールとは違うね。オンライン英会話の中でも頭一つ抜けているんじゃないかな?
新しい試みをしているスクールだけど俺にはハードルが高いな。ライティングレッスンと添削は、ある程度の文法力がないと難しいよ。
自分で勉強したイディオムを使って英文を書けるのが良いと思った。まだ入会して3ヵ月くらいだけど、英語力が上がっている実感はあるね。
ネイティブを期待している奴は多いが普通にフィリピン人講師もいるから注意しろ。まあ、レアジョブと比べれば質は悪くないが・・・。
独自のテキストを作るユニークなサービスが良いね。他のオンライン英会話とは全く異なるアプローチで英語力アップが期待できるぞ!!
料金が高いって口コミが多いがコスパは良くないか?1ヵ月12,000円で何回でもSkypeレッスンを受けられるのは十分だろ。
実際の会話力を身に付けるって意味では微妙な感じがした。どうしてもベストティーチャーは他のオンライン英会話よりも話す時間が短くなるからかな?
スクリプト用のシチュエーションを用意してくれているから何も思いつかない人に最適だね。

 

まとめ

自分で教材を作って講師に添削してもらい、スカイプを使ったレッスンを受けるというシステムがベストティーチャー(Best Teacher)の魅力的なポイントです。

フリートークや教材を使ったレッスンに飽きてしまった受講生に適しているのではないでしょうか。

資格試験のスコアアップに標準を当てたカリキュラムもありますので、まずはベストティーチャー(Best Teacher)の無料体験を受けてみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました