ベストティーチャー(Best Teacher)の評判

best-teacher-inc

 

 

ベストティーチャー(Best Teacher)の詳細情報

開校日 2012年05月
無料体験 1回
入会金 0円
教材料金 0円
レッスン料金 通常コース:月額9,800円
資格試験対策コース:月額16,200円
1レッスン最安費用 レッスンの受講回数に制限なし
支払い方法 クレジットカード
Paypal
銀行振込
通信方法 Skype
使用設備 Skype
ヘッドセット
Webカメラ
使用教材 自分で教材を作って講師に添削してもらう
レッスンコース 通常コース
TOEFL iBT対策コース
IELTS対策コース
TOEIC SW対策コース
TEAP対策コース
GTEC CBT対策コース
TOEFL Junior対策コース
英検1級対策コース
英検準1級対策コース
英検2級対策コース
レッスン形態 マンツーマンレッスン
レッスン時間帯 24時間
1レッスン時間 25分
講師人数 300人以上
講師国籍 30ヶ国を超える国籍の講師(ネイティブ、フィリピン)
予約 レッスンの20分前まで
キャンセル レッスンの30分前まで
カランメソッド ×
ビジネス英語
TOEIC
TOEFL
IELTS
英検
子供向け ×
家族共有 ×
おすすめ度 ★★★☆☆
ホームページ http://www.best-teacher-inc.com/

ベストティーチャー(Best Teacher)のメリット

このページではベストティーチャー(Best Teacher)にどのようなメリットがあるのかまとめてみました。

  • Skype(スカイプ)レッスンとWriting(ライティング)レッスンの2つを組み合わせて学べる
  • 自分が話したい内容の英作文を作ってから担当の先生と英語を話せる
  • TOEIC対策やTOEFL対策、IELTS対策など資格試験のスコアアップを狙えるカリキュラムが多い
  • アメリカ人やイギリス人など30ヵ国を超える講師とグローバルな会話が楽しめる
  • 24時間365日パソコンでもスマートフォンでも好きな時にレッスンが受けられる
  • どの料金プランでも無制限でレッスンを受けられる

ベストティーチャー(Best Teacher)のデメリット

ベストティーチャー(Best Teacher)にはデメリットもあるので事前にチェックしておきましょう。

  • 教材を自分で作っていくスタイルなので初心者だと何をして良いのか分からない
  • 気軽にフリートークがしたい生徒にはあまり適していないスクール
  • 講師紹介ページの経歴や自己紹介が英語なので読みにくい
  • 英語に関する知識がゼロの子供は受講しにくい(年齢制限があるわけではない)

ベストティーチャー(Best Teacher)の評判はどうなの?

「英語の4技能をバランス良く学べる」「豊富な国籍の講師と英語を話せる」「24時間受講できるところが良い」という評判をベストティーチャー(Best Teacher)は得ています。

自分で英作文を作ってからスカイプレッスンを受けるという新しいスタイルが確立されており、自分の要望や目的に沿って学べるのも高い評判の理由かもしれません。

レッスンの質には細心の気を配っており、格安オンライン英会話とは言えなくても十分にコスパの良いスクールとなっています。

中でも、「今まで話す機会が少なかった」「英語を話す準備をしていなかった」という生徒にベストティーチャー(Best Teacher)はおすすめです。

『村上式シンプル英語勉強法』でも提唱されているように、良く聞かれる質問への回答を自分で準備して学ぶような方式が取り入れられています。

「Writingレッスンで自分の回答を作る」⇒「Skypeレッスンで実際に話す」という流れなので、何もかもを自分で用意しなければなりません。

つまり、自主的に英語を学習するクセを身に付けられるオンライン英会話となっており、本気で学びたいと考えている生徒に最適なスクールです。

管理人が無料体験を受けてみた感想

ベストティーチャー(Best Teacher)の無料体験を受けてみて、他のスクールとの大きな違いが直ぐに分かりました。

講師と決められた話題について会話したり、特定の教材に沿って学んだりという単純なレッスンではありません。

最初に題材を決めて講師とやり取りを行い、文章を講師に添削してもらってスカイプによる通常のオンライン英会話のレッスンを受けるという流れです。

スクリプトを作成してから話すのが新感覚で、「他のスクールと差別化を図っているな」と最初に感じました。

英文の添削はベストティーチャー(Best Teacher)の公式ホームページで6時間以内と記載されていましたが、30分で届くこともあるのでビックリです。

私が書く文章の内容が浅くて簡単なものだからかもしれませんが、迅速な対応をしてくれるところが良いと無料体験で思いました。

24時間体制なので講師の都合に合わせる必要はなく、自分が学びたい時に学べるので長く続けられるような気がします。

ただ、個人的な感想を述べるとどの講師が良いのか分かりにくいのが難点です。

DMM英会話のように口コミの投稿数はそこまで多くありませんし、生徒からのコメントを共有できる部分もありません。

300人以上も在籍しているのに良い先生が埋もれている可能性も高く、ベストティーチャー(Best Teacher)の正規会員になろうか迷っている大きな理由です。

ユーザーによる口コミ投稿

  • レッスン目的:TOEIC対策
  • レッスン期間:3ヵ月
  • レッスン回数:50回以上
  • レッスン受講前:500点
  • レッスン受講後:620点
  • レッスン満足度:★★★★☆

私はTOEICのライティングモジュールとスピーキングモジュールを克服するためにベストティーチャー(Best Teacher)へと入会しました。このスクールではTOEICのスコアを上げることを目的としたレッスンが受講でき、月額16,200円でWritingレッスンとSkypeレッスンが無制限なのです。にも関わらず3ヵ月間で50回しか受講できていないのは少々勿体無い気がしますが・・・。とは言え、完全模試を使った対策がベストティーチャー(Best Teacher)では可能で、講師からのフィードバックも丁寧です。自分のスキルが上がらなければ得点が伸びないTOEICでスコアアップできたので、このまま続けても良いと感じました。

  • レッスン目的:英文添削
  • レッスン期間:1ヵ月
  • レッスン回数:15回
  • レッスン受講前:初心者
  • レッスン受講後:初心者
  • レッスン満足度:★★★☆☆

ベストティーチャー(Best Teacher)で文章を作り、講師に添削してもらってSkype通話をするというレッスンを繰り返しています。驚くことに自分で書いている最中にケアレスミスが分かるようになり、ライティングスキルが向上している兆候かもしれません。ただ、入会したての頃は文法がメチャクチャみたいなことをオブラートに包んで先生から言われてショックでした。優しい感じで言ってくれたので良かったのですが、初心者の私にとっては少し早すぎるスクールだとも実感しています。他のオンライン英会話にも注目しているので、どのスクールで長期間に渡って受講しようかゆっくりと考えるつもりです。

講師・先生について

人件費を削減して生徒へと安い料金でレッスンを提供するオンライン英会話が多い中、ベストティーチャー(Best Teacher)には30ヶ国を超える国籍の講師が在籍しています。

  • アメリカ人
  • イギリス人
  • カナダ人
  • オーストラリア人
  • セルビア人
  • ボスニア人
  • クロアチア人
  • スウェーデン人

60ヶ国の講師を抱えているDMM英会話には敵いませんが、ベストティーチャー(Best Teacher)もグローバルなスクールという点では一緒です。

1レッスンの25分間の価値は講師の質で決まると言っても過言ではなく、300人以上と豊富で選択肢の幅が広いところも特徴となっています。

また、Skypeレッスンは全講師が担当するのに対して、添削に関してはネイティブの先生が行ってくれるので正しい文法の習得が可能です。

「応募」⇒「書類審査」⇒「面接」⇒「模擬レッスン」⇒「正式採用」と採用プロセスに拘っており、その後のトレーニングにも気を配っているので優秀な人材が集まっているのではないでしょうか。

教材・テキストについて

一般的なオンライン英会話ではオリジナルテキストや市販教材が取り入れられており、その内容を元にしてレッスンを受けていきます。

一方で、ベストティーチャー(Best Teacher)は既成の教材を使ってもリアリティがないと考え、自分が話したい内容のテキストを講師と一緒に作っていくのです。

  • 自分で良く使う言い回しやフレーズを効率良く学べる
  • 個々のレベルに沿った教材を自分で作れる
  • オンライン英会話でありながらライティングスキルも習得できる

このようなメリットがベストティーチャー(Best Teacher)にはあり、間違った文章を作ってしまっても講師が添削してくれるので問題はありません。

添削結果を確認した後にSkypeでビデオチャットレッスンを受ける形となるので、リスニング力とスピーキング力の向上に繋がります。

学生やビジネスパーソンのニーズも満たせるスクールですし、Newスタイルのレッスンを受けたい生徒におすすめです。

2chでの評価

ここではベストティーチャー(Best Teacher)の2chの評価をまとめてみました。

  • 新しい試みをしているスクールだけど俺にはハードルが高いな
  • 自分で勉強したイディオムを使って英文を書けるのが良いと思った
  • ネイティブを期待している奴は多いが普通にフィリピン人講師もいるから注意しろ
  • 独自のテキストを作るユニークなサービスが良いね
  • 料金が高いって口コミが多いがコスパは良くないか?
  • 実際の会話力を身に付けるって意味では微妙な感じがした
  • スクリプト用のシチュエーションを用意してくれているから何も思いつかない人に最適だね

まとめ

自分で教材を作って講師に添削してもらい、スカイプを使ったレッスンを受けるというシステムがベストティーチャー(Best Teacher)の魅力的なポイントです。

フリートークや教材を使ったレッスンに飽きてしまった生徒に適しているのではないでしょうか。

資格試験のスコアアップに標準を当てたカリキュラムもあるので、まずはベストティーチャー(Best Teacher)の無料体験を受けてみてください。

 

 

2016/11/09