アットイングリッシュ(@English)の口コミや評判まとめ!どんな特徴のオンライン英会話?

オンライン英会話のアットイングリッシュ(@English)の特徴をまとめてみた

アットイングリッシュ(@English)

アットイングリッシュ(@English)はどんな特徴のオンライン英会話なんですか?

 

社会人やビジネスマンに向けたスクールだね!アットイングリッシュ(@English)の強みは次の5つ!

アットイングリッシュ(@English)は、他のオンライン英会話とは一味も二味も違うスクールです。

多くのオンライン英会話が初心者を対象にしているのに対して、アットイングリッシュ(@English)はビジネスパーソンや上級者向けのスクールになっています。

アットイングリッシュ(@English)がどのような受講生に向いているのか見ていきましょう。

  • ある程度は英語を話せるけど、今よりも更にレベルアップしたい
  • 日々の仕事で役立つビジネス英語を学んで就職や転職を考えている
  • 近い将来、海外に留学して英語力を高めたい
  • 中小企業のスタートアップで海外に赴任することになった

充実したカリキュラムでビジネス英語を学べるスクールは限られていますので、ビジネスパーソンや外資系への転職希望者にアットイングリッシュ(@English)はおすすめですよ。

アットイングリッシュ(@English)への入会や無料体験の前に、他のオンライン英会話とは違う特徴や強みを確認しておいてください。

 

オンライン英会話の中でも2003年から開校している老舗のスクール

あまり有名ではない気がしますが、アットイングリッシュ(@English)は老舗なんですか?

 

そうだね。2003年から開校しているから、どのオンライン英会話よりも歴史があるよ。

オンライン英会話の中でも、アットイングリッシュ(@English)は2003年から開校している老舗のスクールで、16年以上の歴史があります。

長い期間に渡って安定した運営を続けている何よりの証拠ですので、他のマイナーなオンライン英会話よりも安心感が高いわけですね。

アットイングリッシュ(@English)は2003年に創業してからというもの、下記のように様々なプロジェクトに携わってきました。

  • 大手自動車メーカー研究員のヨーロッパでのプレゼン準備
  • 米系IT企業が社内折衝で行った英会話スキルアップセミナー
  • 財務部でのグローバル人材育成の英語研修
  • 転職やMBA留学のために開いた英語面接準備
  • インターンシップのための面接準備

今までに積み重ねてきた確かなノウハウを持っていますので、アットイングリッシュ(@English)は英語力の更なる向上を目指す方にピッタリです。

 

社会人やビジネスパーソン、中級者や上級者を対象にしている

社会人

初心者を対象にしたオンライン英会話が多い中、アットイングリッシュ(@English)は「社会人」「ビジネスパーソン」「中級者」「上級者」を対象にしたスクールです。

既に一定レベルの英語ができる上級者が更に正確さと流暢さを目指すために、アットイングリッシュ(@English)はレッスンのカリキュラムを作っています。

※英語の上級者がオンライン英会話で学習すべき理由はこちら!

 

上級者におすすめのオンライン英会話スクール4選
上級者にオンライン英会話は必要ないの? オンライン英会話は初心者向けってイメージがありますが、上級者には必要ないですよね? そんなことはないね。上級者でも更なるレベルア...

 

具体的には、次の5つの要素を更に細かくわけたテキストでレベルアップを図ることができます。

  • Text Type(文章構造)
  • Accuracy(正確さ)
  • Pronunciation(発音)
  • Fluency(流暢さ)
  • Characteristics(内容性質)

上級者でも英語力がまだまだ伸びる余地はありますので、アットイングリッシュ(@English)で学習してみてはいかがでしょうか。

 

ビジネス英会話力を高める専門のカリキュラムが用意されている

ビジネス英語

アットイングリッシュ(@English)では、どのようなカリキュラムでビジネス英語を学べますか?

 

ビジネス英会話コースEBCとビジネス英会話コースEMLの2つがあるよ。それぞれの特徴を最初に見ていこう!

 

カリキュラム ビジネス英会話コースEBC ビジネス英会話コースEML
学ぶ内容 ・会議やプレゼンテーション
・英語圏特有の会話構成の仕方
・発言の種類や言い回し
・ビジネステーマに関する議論
・周辺キーワードと英語表現
・仮想企業が題材のケーススタディ
目標 人に行動を促す人間関係をコミュニケーションを通して作る 事業や業務の内容を英語で明確に伝えられる
おすすめの人 仕事で役立つ即戦力の英語スキルを身につけたい 経営について考えて話し合う訓練をしたい

 

アットイングリッシュ(@English)のビジネス英会話コースEBCとビジネス英会話コースEMLは、外資系企業に勤めている方に人気のカリキュラムです。

※外資系企業に勤めている人におすすめのオンライン英会話スクールは、こちらのページでも紹介しています。

 

外資系の企業に勤めている人におすすめのオンライン英会話3選!
外資系企業に勤めている方は、今よりも高い英語力を身に付けるべきです。英語のスキルが高ければ高いほど、日々の業務で役立ちますよ。ここでは外資系企業に勤めている人やこれから外資系企業に転職する予定の人に向いているオンライン英会話をまとめてみました。

 

ビジネス英会話コースEBCはビジネスの様々なシーンを学ぶレッスン、ビジネス英会話コースEMLはビジネスでの解決策を見出すレッスンです。

この2つのカリキュラムに加えて、コミュニケーション教材や英字新聞記事教材を使えるジェネラルコースもありますので、上手く併用して英語学習を進めてみてください。

 

在籍している講師全員がネイティブスピーカー

ネイティブ講師とオンライン英会話のレッスンを受ける3つのメリット
  • ネイティブスピーカーならではのハイレベルな英語を学べる
  • 豊富なイディオムやボキャブラリーを習得できる
  • 訛りのないキレイな英語を話せるようになる(発音矯正に最適)

オンライン英会話の講師の多くはフィリピン人ですが、ネイティブ講師には上記の3つのメリットがあります。

アットイングリッシュ(@English)は、ネイティブスピーカーと学べるのが大きな魅力です。

しかも、アットイングリッシュ(@English)に在籍しているのはただのネイティブスピーカーではありません。

「外国人向け英語教育プログラムの教師の経験あり」「マーケティング部門での勤務歴あり」「英国向けコールセンター業務でマネージャーの経験あり」と、ビジネスでの実績が豊富な方ばかりですよ。

質の高いネイティブ講師と発音矯正を交えながらビジネス英語を学びたい方には、アットイングリッシュ(@English)がピッタリと合っています。

 

英語面接の対策に焦点を当てたレッスンを受けられる

英語面接

外資系企業に転職する際に英語での面接ってありますか?

 

外資系企業や英語を使うポジションだと、採用プロセスの中に英語面接はあるね。

 

一人では英語の面接って中々できないですよね?

 

そうだね。だけどアットイングリッシュ(@English)なら英語面接の対策レッスンを受けられるよ。

英語を使った面接の対策をして転職や留学に備えたい方は、アットイングリッシュ(@English)に入会してみてはいかがでしょうか。

アットイングリッシュ(@English)では、次の2つの面接対策コースが用意されています。

  • 外資系企業や国際機関の就職・転職面接対策、及び社内選考の面接の練習
  • 経営学修士のMBA面接や留学面接の練習

外資系企業に転職したい方やMBAを目指している方は、英語での面接対策に取り組まないといけません。

※MBA留学の準備コースが用意されたオンライン英会話は、こちらのページで紹介しています。

 

MBA留学の準備コースが用意されたオンライン英会話
「MBAの資格を取得したい!」と考えている方はいませんか?海外のビジネススクールに入学するにはそれなりに高い英語力が必要ですので、MBA留学の準備コースが用意されたオンライン英会話がおすすめです。ここでは3つのスクールの特徴や強みをまとめました。

 

一人では中々対策が難しいのですが、アットイングリッシュ(@English)はSkype(スカイプ)を使った模擬面接形式で練習していきます。

実戦さながらの環境で学習できますので、「面接で求められているものは何なのか?」「どのような準備やプランニングをすれば良いのか?」といった点を把握できるわけです。

アットイングリッシュ(@English)は想定面接先を決めた練習もできるため、ネイティブを前にした緊張感の克服にも繋がりますね。

 

毎日無料のメールマガジンを受講生に配信している

メルマガ

他にもアットイングリッシュ(@English)の良い部分はありますか?

 

毎日無料のメールマガジンを届けてくれるから、スキマ時間の学習に役立つよ。

アットイングリッシュ(@English)はスキマ時間にも英語を学習できるように、受講生にメールマガジンを配信しています。

もちろん、アットイングリッシュ(@English)の有料会員であれば追加の料金は必要ありません。

無料のメルマガの「ビジネス英語のヒント」では、ネイティブ講師からアドバイスのあった使える英語表現を紹介しています。

ネイティブが日常生活やビジネスで使うスマートな表現やフレーズを学べるのです。

アットイングリッシュ(@English)のメールマガジンをご希望の方は、公式サイトの専用フォームにメールアドレスと名前を入力して送信しましょう。

 

アットイングリッシュ(@English)の口コミや評判はどう?

アットイングリッシュ(@English)の口コミ

このページでは、アットイングリッシュ(@English)の受講生の口コミや評判をいくつか紹介していきます。

「ビジネス英語を学べるみたいだけど自分に合っているのかな?」と迷っている方は参考にしてみてください。

 

アットイングリッシュ(@English)の良い口コミや評判

ビジネスマンをターゲットにしたオンライン英会話だけあって、アットイングリッシュ(@English)はカリキュラムが凄いです。「挨拶からの会話展開」「招致や誘い」「予定変更への対応」「プレゼンの組み立て」と様々なビジネスシーンの英語を学べます。このスクールでもっと学習を積み重ねて外資系企業への転職を目指すつもりです。
アットイングリッシュ(@English)はビジネスカリキュラムに加えて、サポート体制も整っているスクールだと思いました。レッスンが終わると、担当の講師からレッスンで直すべき言い回しが書かれたメールが届きます。このレポートは復習の材料としてピッタリですね。
イギリスに留学してから帰国した後も、アットイングリッシュ(@English)にはお世話になっています。将来的に仕事に役立つ英語を学べますので、帰国子女の英語力維持にアットイングリッシュ(@English)はおすすめです。まあ、初心者には厳しいオンライン英会話だと思いますが…。
仕事で英語を使うようになったからオンライン英会話のアットイングリッシュ(@English)に入会してみた。社会人用のプログラムで自分の目標に合わせた授業を受けられるのが良いね!面接対策も充実しているから、カリキュラムはしっかりとしていると思うよ。
アットイングリッシュ(@English)に在籍している先生は本物のプロという感じです。アルバイトやパートではなく、ビジネス経験を持つ講師から実体験を踏まえた英語表現を学べます。しかも、ネイティブスピーカーで発音矯正もできますので、今のところアットイングリッシュ(@English)に不満はありません。

 

アットイングリッシュ(@English)の悪い口コミや評判

授業の品質はかなり高いと思います。他のオンライン英会話では「You speak very well」とチヤホヤされましたが、アットイングリッシュ(@English)は何を話すべきかそのポイントをどう伝えるべきなのか細かく指導してくれるのです。ただ開講時間があまりにも短いのがアットイングリッシュ(@English)のダメな部分だと思いました。
アットイングリッシュ(@English)の公式サイトには明記されていなかったけど、講師は自由に選べないみたいだね。体験レッスンが終わって日本人スタッフに尋ねてみると、「講師はこちらでマッチングします」と言われた。これは不親切なシステムだよね~。1レッスン当たりの料金も高いから解約するかも…。
土日に午前中しかレッスンを開講していないのは意味がわかりません。アットイングリッシュ(@English)は自分の空いた時間や好きな時にビジネス英語の学習をしたい人には向かないです。
私はアットイングリッシュ(@English)でビジネスコースやディスカッションのレッスンを受けています。内容の濃いレッスンなのですが、使っているテキストが古くて現代のビジネスシーンにそぐわないものもありました。これからテキストや教材が一新されることに期待です。

 

アットイングリッシュ(@English)のデメリットで押さえておきたいポイント

僕はビジネス英語を学びたいのでアットイングリッシュ(@English)が合ってそうです。

 

ビジネスパーソンへのサポートは確かに魅力的だけど、アットイングリッシュ(@English)には次の3つのデメリットがあるよ。

  • 社会人や上級者がメインなので日常英会話コースは用意されていない
  • 開講時間は「平日の19:00~24:00」「土日の9:00~13:00」と限られている
  • 25分以上30分未満のレッスン1回当たり1,620円~1,836円と非常に高い

ネイティブスピーカーと実践的なビジネス英語や面接対策を受けられるだけあり、アットイングリッシュ(@English)は料金設定が高めです。

しかも、ビジネスマンを対象にしている割には、土日の開講時間がかなり短くなっています。

気軽に受けられるオンライン英会話とは言えませんので、アットイングリッシュ(@English)ではなく下記のページで紹介しているスクールがおすすめ!

ビジネス英語の特徴や実際に使われる表現についても解説していますので、一度ご覧になってみてください。

 

ビジネス英語を学べるオンライン英会話を徹底比較!おすすめのスクールは?
このページでは、ビジネス英語の学習ができるオンライン英会話を徹底比較しています。どのオンライン英会話でも、ビジネスシーンに特化した英語を学べるのが特徴ですね。「どのスクールがおすすめなの?」と迷っている方は、是非一度参考にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました