オンライン英会話.COM

【2018年版】オンライン英会話の比較・ランキング

オンライン英会話スクール情報

レアジョブの成果報酬型のプログラム!スマートメソッドコースの特徴は?

レアジョブで用意された成果報酬型のプログラム!スマートメソッドコースの特徴をまとめてみた

法人の英語研修

オンライン英会話のレアジョブでは、在籍している生徒が効率良く英語力を上昇できるように様々な取り組みを行っています。

その取り組みの一つがスマートメソッドコース(SMART Method)で、2018年の6月28日に発表しました。

レアジョブのスマートメソッドコースは、法人研修向けの成果報酬型プログラムです。

※レアジョブは個人だけではなく法人も利用して英語を学習できる点については、以下のページでも詳しく解説しています。

 

法人向けのオンライン英会話

 

成果報酬型のプログラムを実践したのはオンライン英会話中でもレアジョブが初ですので、「これはかなり期待できる!」と高い評判を獲得している理由なのではないでしょうか。

以下ではレアジョブのスマートメソッドコースの特徴を詳しく説明していますので、社員の英語力をアップする目的でオンライン英会話を導入しようと考えている企業や会社は一度チェックしておいてください。

 

スピーキング力を向上させる要素が全て含まれている

スマートメソッドコース

レアジョブの成果報酬型プログラムのスマートメソッドコースはオンライン完結型で、スピーキング力を向上させる要素が全て含まれています。

個人に最適化された次の3つを組み合わせることで、効率良くスピーキング力の向上が可能ですよ。

  • 講師と1対1で受講するマンツーマンレッスン
  • 専属コンサルタントによるコンサルティング
  • 客観的に見ることができる成果測定

スマートメソッドコースは読み書きなどのスコアではなく、英語を話すスピーキング力を指標にしています。

どれだけ英語の知識をインプットしても、実際の場面で使いこなせなければ意味がありません。

レアジョブのスマートメソッドコースは一定期間のプログラムで、スピーキング力の向上を保証してくれるのです。

 

参考 レアジョブの公式サイトはこちら

 

レアジョブの評判

 

4ヵ月間(16週)でレアジョブレベル1アップを保証してくれる

スピーキング力の向上に焦点を当ててレッスンを提供してくれるのは、レアジョブだけではなく他のオンライン英会話の法人契約プログラムにも入っています。

しかし、レアジョブのスマートメソッドコースは受講前と受講後のレベルチェックテストで、4ヵ月間(16週)でレアジョブレベル1アップを保証してくれるのが大きなメリットですね。

※レアジョブで設定されている英会話のレベルに関しては、レベル分けされているオンライン英会話のページでも詳しく説明しています。

 

レベル分けされているオンライン英会話

 

スマートメソッドコースの受講者対象レベルは、「レアジョブレベル4~7」「CEFR-J レベル A2.1~B1.2」で、次のように1ランクアップが目的です。

  • レベル4(A2.1)⇒レベル5(A2.2)
  • レベル5(A2.2)⇒レベル6(B1.1)
  • レベル6(B1.1)⇒レベル7(B1.2)
  • レベル7(B1.2)⇒レベル8(B2.1)

もし受講者が達成できなかった場合は、返金ではなく再度無償という形で提供してくれますので、安心して利用できるサービスなのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

「オンライン英会話を受講して本当に社員の英語力のアップに繋がるの?」と疑問を抱えている企業の担当者には、レアジョブのスマートメソッドコースが安心です。

 

できるようになるまで繰り返しトレーニングしてくれる

繰り返しトレーニング

英語力をアップさせるに当たり、できるようになるまで繰り返し行う反復練習が欠かせません。

そこで、レアジョブの成果報酬型プログラムのスマートメソッドコースも、次のようにトレーニングできます。

  • 教材やテキストの難易度を受講者に合わせて調整する
  • 毎レッスンで講師がスピーキングにおける「できる・できない」を客観的に指導する
  • 「できないこと」にフォーカスして繰り返しトレーニングを行う

効率良く英語の学習ができますので、短期間でスピーキング力のアップも十分に可能ですよ。

長い時間をかけてダラダラと勉強しても大きな効果は望めないため、4ヵ月間という期間を設定したレアジョブのスマートメソッドコースは大いに役立ちます。

 

プログラムの内容が充実している

一般的な法人契約のレッスンとは違い、レアジョブのスマートメソッドコースはプログラムの内容が充実しています。

以下では、スマートメソッドコースのプログラム内容を幾つか挙げてみました。

  • オンライン英会話レッスン全80回(Level Upレッスン・Brush Upレッスン・Homeworkレッスン)
  • スコアを測るスピーキングテスト(Weeklyテスト・Level Checkテスト)

マンツーマンレッスンとスピーキングテストに加えて、日本人専属コンサルタントによるサポートもついています。

学習スケジュールの管理や学習の改善点のアドバイスを日本人のコンサルタントが分かりやすく説明してくれますので、受講者は期待する成果を着実に得ることができる仕組みですね。

 

SkypeではなくWebRTC技術を使っている

オンライン英会話のレッスンは、基本的に無料通話ソフトのSkype(スカイプ)を使います。

これはレアジョブだけではなく、DMM英会話やNativeCamp(ネイティブキャンプ)などのスクールでも一緒です。

しかし、レアジョブのスマートメソッドコースでは、SkypeではなくWebRTC技術を使っています。

WebRTC技術を使ったオンライン英会話のレッスンにどのような特徴があるのか見ていきましょう。

  • パソコンやスマホのブラウザ、ネイティブアプリを活用してレッスンを提供する
  • サーバーを介さないP2Pのリアルタイム通信を実現している
  • 音声の質が高くて安心してオンライン英会話のレッスンが可能

独自のシステムを使い、英会話指導をしてくれるのもレアジョブのスマートメソッドコースの魅力です。

 

まとめ

以上のように、レアジョブで実施されているスマートメソッドコースの特徴やメリットについてまとめました。

スピーキング力向上に必要なポイントをダイレクトに強化し、受講者の英語スキルのアップを徹底的にサポートしてくれます。

現在では法人用の成果報酬型プログラムですが、これから個人の生徒にも提供される可能性は十分にありますので、今後のレアジョブの動向に期待といったところです。

-オンライン英会話スクール情報