クレーム対応について学べるオンライン英会話3選!

クレーム対応について学べるオンライン英会話スクール3選はこれだ!

クレーム対応について学べるオンライン英会話スクールはこれだ!

僕は接客業をしていますが、英語のクレーム対応について学べるオンライン英会話はありますか?

 

専用のカリキュラムが用意されているわけじゃないけど、クレーム対応の表現やフレーズについて学習できるオンライン英会話はあるよ。

何事もスムーズにいくことが一番ですが、仕事をして何かしらのトラブルが引き起こされるケースは少なくありません。

そんな時はお客様や顧客のクレーム対応をしないといけませんし、外資系企業に勤めている方であれば英語での説明が必要ですよね。

クレーム対応のやり方でお客様の怒りも冷めますので、オンライン英会話で学んでみてはいかがでしょうか。

スカイプを使って通話するオンライン英会話ではフリートークだけではなく、クレーム対応について学べるスクールがあります。

クレーム対応について学べるオンライン英会話は、下記に該当するビジネスマンにおすすめです。

  • ビジネスで使える英語を習得したい
  • 仕事でビジネス英語が必要になった
  • 英語でお客様とやり取りすることが多い

ここでは接客業をしている方に向いているオンライン英会話を3つ紹介していますので、スクール選びの参考にしてみてください。

 

ベストティーチャー(Best Teacher)

ベストティーチャー(Best Teacher)

ベストティーチャー(Best Teacher)はビジネス英語専門のオンライン英会話ってイメージがありますが・・・。

 

そうだね。色々なシチュエーション別の英会話を学べるからクレーム対応についても勉強できるよ!

ベストティーチャー(Best Teacher)は、ビジネス英語を徹底的に学べる代表的なオンライン英会話です。

自分で話したい英語の内容を考えるライティングレッスンと、実際に講師とマンツーマンで話すスピーキングレッスンの2種類で英語を学習するシステムが取り入れられています。

ベストティーチャー(Best Teacher)で学べるシチュエーションを見てみると、次のようにクレーム対応に関するものが幾つかありました。

  • クレームの電話に対応して返金を求めている顧客と電話で話す
  • 自分から取引先に電話でクレームを入れる
  • メールを使って欠陥品のクレームを相手に伝える

実際に引き起こされるであろうシチュエーション別のビジネス英語を学べるのは、ベストティーチャー(Best Teacher)の大きな魅力なのではないでしょうか。

それぞれのシーンに合わせて、「それは保証でカバーされますか?(Is it covered by a warranty?)」「どの書類の提出が必要ですか?(What documentation do I need to provide?)」「補償有効期限はいつですか?(What is the expiration date of the warranty?)」など頻出するボキャブラリーやフレーズを学べますよ。

クレーム対応やクレームの仕方に焦点を当てたビジネス英語を学習したい方は、ベストティーチャー(Best Teacher)に入会してみてください。

 

参考 ベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトはこちら

 

ベストティーチャー(Best Teacher)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
ベストティーチャー(Best Teacher)は、英語の4技能をバランス良く鍛えられるオンライン英会話です。ライティング対策にも力を入れているのがメリットですね。実際にレッスンを受けた受講生がどのような口コミの評判を残しているのか見ていきましょう。

 

EnglishLive(イングリッシュライブ)

EnglishLive(イングリッシュライブ)

EnglishLive(イングリッシュライブ)では、世界の様々な国籍の講師とプライベートレッスンが受けられます。

複数の生徒と一緒に受講するグループレッスンも可能なオンライン英会話で、日本以外にも全世界の受講生が英語を勉強する目的で使うようになりました。

※グループレッスンのオンライン英会話の魅力は下記のページでも説明しています。

 

オンライン英会話でグループレッスンを受けるメリットとデメリット!おすすめのスクールはこれだ!
オンライン英会話の中には、複数名の受講生と1人の講師で英語を勉強するグループレッスンのスクールがあります。マンツーマンレッスンとは何もかもが違いますので、グループレッスンのオンライン英会話のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

EnglishLive(イングリッシュライブ)ではクレーム対応ではなく、相手にクレームを伝える方法について学習できます。

自分の意見を英語で落ち着いて伝えるにはどうすれば良いのか、公式サイトでは次のように記載されていました。

  • 苦情を伝える際は感情的にならないように「I’m sorry to bother you.」と切り出す
  • 助けを求めるように、「Can you help me with this?」と疑問形でクレームを出す
  • あるべき状況を伝えるために「There has been a misunderstanding.」と切り出す
  • 良く分かっていることを伝えたい時は「I understood that」というフレーズを使う

海外旅行に出掛けた際に、レストランや空港など様々な場面でトラブルが起こることがあります。

※海外旅行前の対策に向いているオンライン英会話スクールは下記のページでまとめました。

 

トラベル英会話教材を使うメリットは?海外旅行前の対策に適したオンライン英会話3選!
「海外旅行を控えているけど英語力に自信がない」という方はいませんか?そのような人には、トラベル英会話教材や専用カリキュラムが用意されたオンライン英会話がおすすめです。ここではトラベル英会話教材を使うメリットと、海外旅行前の対策に向いているオンライン英会話スクールを紹介していきます。

 

そんな時にクレームを伝える方法を知っていれば役立ちますので、オンライン英会話のEnglishLive(イングリッシュライブ)で少しずつ学んでみましょう。

 

参考 EnglishLive(イングリッシュライブ)の公式サイトはこちら

 

EnglishLive(イングリッシュライブ)の強みやメリット!口コミの評判をまとめてみた
EnglishLive(イングリッシュライブ)は、ネイティブ講師と受講できるオンライン英会話です。世界中の講師と一緒に、プライベートレッスンやグループレッスンを受けられます。入会しようか迷っている方はEnglishLive(イングリッシュライブ)の口コミや評判の情報をチェックしておきましょう。

 

Mainichi Eikaiwa

Mainichi Eikaiwa

Mainichi Eikaiwaは、「ビジネス英会話をマスターしたい」「今まで以上に海外旅行を楽しみたい」と考える人におすすめのオンライン英会話です。

Mainichi Eikaiwaでは、ネイティブ講師と一緒にクレーム対応に関する英語を学ぶことができますよ。

※ネイティブ講師が在籍しているオンライン英会話スクールはこちらのページでチェック!

 

ネイティブ講師が在籍しているおすすめのオンライン英会話4選!
「正しい英語の発音を身に付けたい!」という方には、ネイティブ講師が在籍しているオンライン英会話がおすすめです。アメリカ人やイギリス人などのネイティブスピーカーとレッスンを受けることができますので、スクール選びの参考にしてみてください。

 

このオンライン英会話では、同じクレームでも違った表現の英語を学べるのが特徴です。

例えば、「料理に髪の毛が入っている」とお客様からクレームを頂いた際には、次のように違った表現やフレーズで対応できます。

 

日本語 英語
大変申し訳ございません。作り直させていただきます。 I sincerely apologize for this. Could you give us a few minutes to make a new one for you?
大変申し訳ございませんでした。こんなことが二度と発生しないように注意いたします。 I am really sorry. We will do all that is necessary to prevent this from ever happening again.
よろしければ他のお料理に変更致しましょうか? Would you like to order something else instead?

 

飲食店を中心に接客業で英語を使う頻度の多い方は、Mainichi Eikaiwaでレッスンを受けてみてください。

 

参考 Mainichi Eikaiwaの公式サイトはこちら

 

英語のクレーム対応で使うことの多いフレーズ集

クレーム対応

英語のクレーム対応って日常的には使わないので、学習のやり方が難しいですよね?

 

だから外国人講師と受講できるオンライン英会話がおすすめだよ!ここではクレーム対応のフレームを幾つか紹介していくね。

クレーム対応は日常会話で使うことがありませんので、「どのような英語なの?」と疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

そこで、以下ではオンライン英会話のレッスンに役立てられるように、英語のクレーム対応で使うことの多いフレーズ集をまとめてみました。

 

日本語 英語
お知らせ頂きましてありがとうございます。 Thank you for taking the time to write to us.
お客様のご期待に添えず、申し訳ございませんでした。 We apologize if we did not meet your expectations.
ご迷惑おかけしたことを個人的にお詫びいたします。 I would like to personally apologize for your inconvenience.
現在この間違いの原因を調査中です。 We are currently investigating the cause of this error.
お客様のご不満を十分承知しております。 We totally understand how frustrating it is.
返事に時間がかかってしまい申し訳ございません。 We are sorry that it took for a while to reply back to you.
少々お待ちいただいてよろしいでしょうか? Could you please wait for a moment?
貴重なご意見を頂きありがとうございました。 Thank you very much for your precious feedback.
ご理解いただいてありがとうございました。 Thank you very much for your understanding.

 

フレーズを頭に入れているだけでは、実際の場面で使いこなすことはできません。

英語はインプットだけではなく声に出すアウトプットがとても大事ですので、クレーム対応のやり方を完璧にマスターしたい方はオンライン英会話でマンツーマンレッスンを受けるべきですね。

 

まとめ

日常会話で登場する英語と、ビジネスシーンで使う英語には大きな違いがあります。

英語のクレーム対応に関する内容を学びたいのであれば、ビジネス英会話に力を入れているオンライン英会話がおすすめです。

※ビジネス英語の学習に向いているオンライン英会話はこちらのページでも紹介しています。

 

ビジネス英語を学べるオンライン英会話を徹底比較!おすすめのスクールは?
このページでは、ビジネス英語の学習ができるオンライン英会話を徹底比較しています。どのオンライン英会話でも、ビジネスシーンに特化した英語を学べるのが特徴ですね。「どのスクールがおすすめなの?」と迷っている方は、是非一度参考にしてみてください。

 

このページで紹介したベストティーチャー(Best Teacher)とEnglishLive(イングリッシュライブ)ではクレーム対応の英語を効率良く学ぶことができますので、接客業の仕事をしている方は一度無料体験レッスンを受けてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました